読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本格派ベトナムサンドイッチ「バインミー」を気楽に食べられるキッチンカーを発見

早稲田 わだい バインミー Pickup

f:id:Meshi2_IB:20151130183852j:plain

「バインミー」ってご存じでしょうか?

 

筆者の大好物なんですが、まだいまいち日本では知名度が低いんですよね。一言でいうと、ベトナムのサンドイッチなのです。

 

ベトナム料理はヘルシーで美味しいってことで、日本でも人気は定着しつつあって、フォーはすでに定番化。

でも、バインミーはまだまだ食べられるお店が少ないんですよ。ベトナム料理屋さんでもメニューにある店は限られています。

 

そんなある日、私は早稲田大学の近くにいまして、お昼ごはん、なに食べようかな? と腹ペコモードになっておりました。

ベトナムのハノイの街角で食べたバインミー、美味しかったな……この辺はラーメン屋さんばかりだな、などと考えながら歩いていると……!

f:id:Meshi2_IB:20151130183853j:plain

おや、なにやら、ベトナムカラーの赤いキッチンカー。しかも、なにやらパンっぽい写真が……?

f:id:Meshi2_IB:20160225110020j:plain

おお! なんとこれは、バインミー屋さんじゃないっすか!

f:id:Meshi2_IB:20151130183855j:plain

しかも、『ベトナムサンドイッチ バインミー おいしいお店』と書いてある文字が、どことなくぎこちなく、現地の人っぽい感じを醸し出しています!

f:id:Meshi2_IB:20151130183856j:plain

さっそく、買ってみようとキッチンカーに近づいてみますと、

f:id:Meshi2_IB:20151130183857j:plain

ただいまコーヒー無料サービス中! ラッキー。

 

こちらのお店の名前は、『V-Street Bcanhmi(ヴイストリートバインミー)』。

もともとベトナム料理店を経営していたベトナム人のオーナーが新しく始めたお店なんだそうです。

 

メニューはいろいろあって悩みましたが、まずはレバーペースト&ベトナム風味のミートボールバインミーを頼んでみました。

いまはコーヒーが無料なので、500円ぽっきりです。

f:id:Meshi2_IB:20151130183858j:plain

はい、できました!

 

レバーペースト&ベトナム風味のミートボールバインミーです」

f:id:Meshi2_IB:20151130183859j:plain

ベトナムTシャツを着た、ベトナム人のお姉さんが作ってくれましたよ!

出来立てをすぐいただいちゃいましょう!

さて、イートインスペースは……

 

ひ、広い!

f:id:Meshi2_IB:20151130183900j:plain

広い駐車場スペースを丸ごと借りているので、イートイン(外だけど)スペースがやけに広いです。

テーブルと椅子を置いても場所が余りまくってるので、思わずレジャーシートを敷いてピクニックをしてみたくなりました。

ワンちゃんの散歩の途中でひと休みするのにも良いんじゃないですか?

f:id:Meshi2_IB:20151130183901j:plain

さて、レバーペースト&ベトナム風味のミートボールバインミーなんですが、肝心のミートボールが見えませんね……

 

でも、むりやり開いてみると、ギッシリです!

さて、食べてみましょう!

f:id:Meshi2_IB:20151130183902j:plain

う、う、うまっ!!!

これはまさにベトナムの味です!

f:id:Meshi2_IB:20151130183903j:plain

ミートボールにはベトナムの魚醤ニョクマムが練りこまれているそうで、

なるほど、お肉の中からもベトナムっぽい香りがします。

 

パンは軽くてサクサク! これぞ本場のバインミー!

具材はミートボール、なます(大根&人参)、レバーペースト、パクチー、きゅうりです。

なますは日本でおせち料理に入っている、あの紅白なますと同じです。

ベトナムで、おせち料理が日常的に食べられているって不思議ですよね。

 

さてここで、解説。

バインミーとはこういう食べ物です。

f:id:Meshi2_IB:20151130183904j:plain

つまりは、フランスパンにいろいろな具材をはさんだサンドイッチです。

 

まずフランスパンに特徴があって、普通のフランスパンよりも軽く柔らかく、でも表面がサクッとして軽いのです。

普通のフランスパンでバインミーを作ると、堅くてとても食べづらいのです。

ベトナムではこのパンがそこいら中で売られているのですが、日本だとなかなか手に入らないんですよ。

こちらのお店では、

「焼き方にちょっとした工夫をして、サクサクした食感を出してます」

 

具材は、基本がなます、きゅうり、パクチーあたりで、他はいろいろ変わります。一番スタンダードなのは、この図にあるような、レバーペースト、ベトナムハムですが、

「日本人はレバーペーストが苦手な方も多いので、入っていないチャーシューのバインミーが一番人気です」

 

え、それは意外!

だって、ここのレバーペースト、めちゃめちゃ美味しいんですよ!

しかもディスカウントされてて300円なんです。

私はもちろんすでに頼んでますよ!(バインミーの後ろに写ってましたね)

f:id:Meshi2_IB:20151130183905j:plain

なんと、フランスパン丸々1個分が4つ切りにされて、レバーペーストが分厚く塗られているんです!

f:id:Meshi2_IB:20151130183906j:plain

見てください、このたっぷり具合!

しかもクリーミーで臭みなんか全然ありません。

 

「レバーペーストはもちろん自家製です。チャーシューもハムも全部自家製なんですよ」

f:id:Meshi2_IB:20151130183907j:plain

っていうか、フランス料理だったら、これ4人分の前菜ですよね?

いいんですか? 300円で。

テイクアウトして、赤ワインのつまみにすると最高ですよ!

ベトナムって昔はフランスの植民地だったので、その置きみやげ的な感じでフランスパンとかレバーペーストが根付いたんだそう。これがまた、美味しいんですよね。

 

そして 、こちらが基本の、

ベトナムハム&レバーペーストバインミー(500円)。

f:id:Meshi2_IB:20151130183908j:plain

あれ? なんかふわふわな綿のようなものが入ってます。なんですか、これ?

f:id:Meshi2_IB:20151130183909j:plain

「豚肉で作ったさきイカのようなものなんです。ベトナムのものです。味もさきイカみたいってよく言われますよ」

 

たしかに! どことなく燻製っぽい香ばしさがあって、知らないと豚肉だとはわかりません。

f:id:Meshi2_IB:20151130183910j:plain

レバーペーストたっぷりです。

このレバーペーストとなますのハーモニーが素晴らしいんですよ。

f:id:Meshi2_IB:20151130183911j:plain

ソースはこのベトナム製のチリソースが入っていて、結構辛いです。

辛いのが苦手な人は言えば、マヨネーズに変えてもらえます。

 

そして、こちらが、このお店の一番人気、

ベトナム風味のチャーシューバインミー(550円)。

f:id:Meshi2_IB:20151130183912j:plain

切ってみるとこんな感じ。

f:id:Meshi2_IB:20151130183913j:plain

自家製チャーシューには独特な風味があります。

中華料理のチャーシューともちょっと違うような?

 

「よく言われるんですが、中華料理の八角とは違うスパイスなんです。美味しいでしょ?」

はい、とっても!

 

そして、サラリーマンの方々には、こちらのチャーシューご飯(550円)が人気だそうです。

f:id:Meshi2_IB:20151216110845j:plain

チャーシューたっぷり。これもつまみにいいですね!

f:id:Meshi2_IB:20151130183914j:plain

そして、こちらはメニューには載ってなかった新メニュー。

 

ベトナム風味の豚肉グリルのバインミー(500円)。

f:id:Meshi2_IB:20151130183915j:plain

これも美味しそう!

 

このお店、まだ試行錯誤中なので、これからもメニューが変わったり、新メニューが登場したりするそうです。

楽しみですね!

 

場所は早大南門通り沿い、早稲田駅から歩いて早稲田大学正門の数十m手前あたり。

営業日はこちらの場所にいるのは、火、水、金曜日の週3日(木曜日は水道橋駅近くで営業)。

営業時間は11時から19時。

お店がやっているのを見つけたら、ぜひ一度お試しを!

 

意外にエスニック系の店が少ない早稲田大学周辺。

バインミーを持って、大隈庭園や戸山公園や江戸川公園でピクニックなんてのも良いんじゃないですか?

私は普通に常連化の予感です!

 

お店情報

『V-Street Bcanhmi(ヴイストリートバインミー)』

住所:東京新宿区西早稲田1-1-3
営業時間:11:00~19:00
定休日:月・木・土・日曜日(営業日:毎週火・水・金曜日)

 

f:id:Meshi2_IB:20151028195230j:plain

書いた人:
工藤真衣子

カメラマン。美しい女性が好きなのでグラビア、音楽が好きなのでライブ写真、映画やドラマが好きなのでテレビドラマのスチール写真、美味しい食べ物が好きなのでグルメ雑誌など、素敵なものを愛を込めて撮るお仕事をしています。趣味は美味しい料理を作って食べること。

トップに戻る