ホットペッパーグルメ外食総研とは?

トレンド・コラム

公園が大人も楽しめるグルメエリアに変身

2017.05.30

慌ただしい日常から離れ、自然の中でゆっくりするのにおススメなのが、公園での食事です。最近では公園への民間企業の参入が進み、公園内に新たに飲食店を出店する動きが目立ち始めています。また公園周辺でもテイクアウトできる飲食店が増加。おしゃれなカフェも登場し、大人も楽しめるグルメエリアに変身した公園が増えています。

民間企業の参入で公園内におしゃれな飲食店が登場
都市公園では民間企業の力を活用し、飲食店や園内の観光施設の整備を進め、賑わいを生む動きが活性化しています。公園を再生したい自治体や地元住民、それに周辺施設への波及を期待する民間企業の連携により、各地の公園でリニューアルの動きが相次いでいます。芝生や遊具の整備だけでなく、公園内でおしゃれな飲食店の開店も進み、訪れた人が公園内の飲食店で木や花などの自然を眺めながら食事をしたり、テイクアウトして青空の下でピクニックを楽しんだりする姿が多く見られるようになりました。また、これらの飲食店は夜遅くまで開いているお店も多く、仕事帰りのビジネスパーソンなど様々な人が気軽に立ち寄ることができるようになっています。今年度、国は都市公園法を改正し、都市公園の整備や管理への民間参入を拡大していくことが予定されています。今後、公園内の飲食をめぐる動きや、それに伴う周辺の外食の動きは加速していくことが予想されます。               

Mr.FARMER 駒沢オリンピック公園店

テイクアウトできる飲食店が増加                                                                                                                             公園グルメの人気の背景にあるのが、テイクアウトできる飲食店の増加です。ピザやハンバーガーなど定番だけでなく、お店のこだわりメニューがテイクアウトできるなど、バラエティも広がっているのです。また、『ホットペッパーグルメ』において「テイクアウト」のキーワード検索数を見ても1.5倍の結果が見られ、消費者の需要も高くなっていることが分かります。

「テイクアウト」キーワード検索数の推移(ホットペッパーグルメ調べ)

 

食のプロが語る!なぜ「公園グルメ」が注目されるのか?背景を解説
SNSで話題「おしゃピク」が人気を後押し
おしゃれにこだわったピクニック、通称「おしゃピク」も「公園グルメ」人気の後押しになっています。芸能人やトレンドに敏感な女性がSNSで紹介したことでブームが広がった「おしゃピク」は、今や女子会の新定番。かわいいレジャーシートやカップなどの小物も増え、それらを使って雰囲気を出し、料理と一緒に撮影することが流行しています。フード自体も、写真映えするカラフルなドリンクやスイーツが人気で、見た目がきれいなサンドウィッチやお惣菜のデリBOXなどを買える飲食店も増えています。

公園内で食事が楽しめる主なお店


天王寺公園(天王寺/大阪)

天王寺公園“てんしば”に登場!!高い吹き抜けとガラス張りの開放感ある店内。暖かくなるこれからの季節に◎。公園を眺めながらママ会ランチやデートにおすすめのお店です。四季折々の食材を使用した“お肉×野菜の野菜巻き串で公園グルメを楽しもう!

 


駒沢オリンピック公園(駒沢公園)

表参道、新宿、六本木に次いで4店舗目となるこの店舗では地域の特性を生かし、近隣の農家さんのつくる「せたがやそだち」の野菜も提供。ファミリーにも嬉しいオムレツやブレッドメニューを豊富に取り揃え、駒沢エリアの「食堂」として、大人からお子さままで様々なシーンでお楽しみいただけるレストランです。

 


上野恩賜公園(上野公園)

竹の台広場にある、お食事もお飲み物も楽しめるカフェレストラン。開放的なテラス席を始め、木のぬくもりが感じられる店内も魅力。自然に囲まれたやわらかな空間で体と心に癒しの効果をもたらします。

 

テイクアウトができる主なお店


お台場海浜公園

本場アメリカを再現!!アメリカそのもののテイスト&ボリュームが魅力。テイクアウトして海浜公園へ。潮風を感じながらハンバーガーを味わいましょう!

 

有木真理

有木 真理ホットペッパーグルメ外食総研 上席研究員