ホットペッパーグルメ外食総研とは?

調査・研究データ

外食市場調査(2019年10月度)

2019.11.29

201910月の外食市場規模は3140億円(前年同月比 -190億円・東名阪3圏域計)。 台風・大雨と消費税増税の影響で外食市場規模は3カ月連続で前年割れ。外食単価は10月過去最高額を記録も伸び率は増税分を下回る

2019年10月の外食市場規模は、3圏域合計で3140億円。前年同月比(以下、前年比)は‐190億円で、3カ月連続で前年を下回った。外食実施率・頻度が2012年10月の調査開始以来、10月としては過去最低を記録し、逆に外食単価は10月としては過去最高額を記録した。ただし、外食単価(税込みで回答)の前年比の伸び率は10月から引き上げられた消費税増税分には届かず(前年比増減+1.3%)、実質的には前年比マイナスという捉え方ができる。10月は甚大な被害を招いた台風19号が列島縦断したりと、全国的にも雨量が多く、消費税増税と合わせて外食には厳しい環境であったと考えられる。業態別では主要16業態中11業態で前年を下回り、「居酒屋」や「スナック、ナイトクラブ、キャバレー」等で市場規模が前年割れしたが、荒天が室内レジャーには好影響だったのか、「カラオケボックス」は、8カ月ぶりに市場規模が前年比プラスに転じた。

●2019年10月の外食実施率は 74.4% (前月比増減 -1.6pt、前年比増減 -2.8pt)

●2019年10月の外食頻度は 4.06回/月 (前月比増減 -0.09回、前年比増減 -0.11回)

●2019年10月の外食単価は 2,529円 (前月比増減 +82円、前年比増減 +32円)

●2019年10月の外食市場規模は 3140億円 (前月比増減 -29億円、前年比増減 -190億円)

稲垣 昌宏

稲垣 昌宏ホットペッパーグルメ外食総研 上席研究員

“外食市場調査”の関連記事