ホットペッパーグルメ外食総研とは?

トレンド・コラム

『HOT PEPPER』が今年流行ったグルメを全国の20・30代男女約2,000人に聞きました!

2020.11.12

2020年グルメキーワードは「非日常感の再現」「プチぜいたく」  ダルゴナコーヒー、フルーツサンド、いちごあめ... 今年のグルメを振り返る

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が企画編集する、街のおトク情報満載のクーポンマガジン『HOT PEPPER』は、2020年12月号にて、全国の20・30代の男女2,075人を対象に「流行グルメ2020」のアンケートを実施しました。そのランキング結果についてご報告します。

2020年グルメキーワードは「非日常感の再現」「プチぜいたく」

2020年トレンドグルメの特徴は「非日常感の再現」「プチぜいたく」の二つです。今年は新型コロナウイルスによって生活が一変。食生活にも大きく影響がありましたが、今回ランクインした顔ぶれは意外にも、「バスクチーズケーキ」「食パン」「高アルコール飲料」など、過去にランクインしたことがあるメニューが再びランクインする結果となりました。これはコロナ影響で外食をする回数が減った代わりに、外食のワクワクするような非日常の体験を中食や内食で「再現」することに価値を見出したからだと考えています。また、コロナで食生活の意識が変わったことの調査では約35%の人が「娯楽が減ったので食べ物でちょこっとぜいたくをしたくなった」と回答しており、「プチぜいたく」も今年のグルメをひもとくキーワードの一つと考えます。

 

【アンケート概要】

■出典:『HOT PEPPER』調べ ■調査時期:2020年9月               ■調査方法:インターネットによるアンケート調査

■調査対象:全国の20・30代男女(株式会社マクロミルの登録モニター)         ■有効回答数:2,075人

「非日常感の再現」

1位バスクチーズケーキ

数年前にコンビ二の大ヒット商品になりましたが、今年は自宅でのスイーツ作りの一環としても人気が出ました。もともとは外食でしか食べられなかったものがテイクアウトで、さらには自宅でも再現されるようになりました。

2位キャンプ飯・3位ダルゴナコーヒー

YouTubeやInstagramといったSNSをきっかけに人気に火がつきました。もともとキャンプ飯は屋外、ダルゴナコーヒーはカフェのものでしたが、今年はどちらも「自宅で作った」というコメントも多く、まさしく「非日常感の再現」というキーワードがあてはまっています。

「プチぜいたく」

4位食パン・6位フルーツサンド・8位バナナジュース

高級食パンは数年前から人気ですが、コロナ禍で人気がさらに上昇。フルーツサンド、バナナジュースは今年のプチぜいたく需要を受け、SNSをきっかけに支持を集めました。

「コロナ禍での食生活の意識変化」についての調査結果

コロナ禍での食生活の意識変化の1位は「娯楽が減ったので食べ物でちょこっとぜいたくをしたくなった」で34.7%でした。一方で、「より節約したくなった」を選んだ人も34.2%と同程度いました。また、4位は「非日常感が味わいたくなった」で16.8%。前問の「2020年に流行ったと思うグルメ」にもあるように、自粛生活で同じことの繰り返しになってしまいがちな毎日の生活の中で、食事に非日常感を求めた人もいたようです。

有木真理

有木 真理ホットペッパーグルメ外食総研 上席研究員