インタビュー

「おにぎり1つは誤差」元大食いプレーヤーはセブンイレブンのお菓子で胃を拡張してた【別視点ガイド】

35歳を超えて、食が細くなってきた。 高校生の頃のように「量が多ければ多いほど良いお店」というジャッジをしなくなった。 子どもの頃、おかずをつまみに酒だけ飲んで、ご飯を食べない親戚のオジさんを「食の楽しさを失った哀れな生き物よwww」とあざ笑って…

【栄養士アイドル】井上唯さん(Maison book girl)に教わる「疲労回復に役立つお弁当」

年末年始は飲み会が重なり、暴飲暴食による胃腸の不具合や風邪が心配なシーズン。 そんな時期を元気に乗り切るためには、気合いや睡眠だけじゃ不十分。 やっぱり栄養が必要だ。 そこで、栄養士の資格を持つアイドル、Maison book girl の井上唯さんのお知恵…

【ブラックエプロン】スターバックスで作ってもらった「最高峰のコーヒー」の味とは【バリスタ】

スターバックスのバリスタに素朴な疑問をぶつけてみたシリーズ vol.2 「コーヒーなんて、どこも同じじゃね?」との思いから、「スターバックス コーヒー 東京ミッドタウン店」へスターバックスの魅力を聞きに行った筆者。 同店2階の「スターバックス リザー…

スタバのバリスタに「スタバのメニューについての素朴な疑問」をぶつけてみた

スターバックスのバリスタに素朴な疑問をぶつけてみたシリーズ vol.1 今や街中には、靴を放れば当たるくらいカフェチェーンがあふれている。 ちょっと時間を潰したいときなんかはすごく助かるのだけれど、筆者にはどーーーしても解せないことがある。 それは…

舎人団地のお肉屋さんの「甘いハンバーグ」がうますぎるッ……!

こんにちは。糖質ダイエットが僕の大好きなお肉しか食べないと耳にして、思いっきり食べていたら結局食べ過ぎで増量してしまった新人作家の大谷です。 運動しなきゃダメですね、とほほ。 そんな絶賛糖質ダイエット中の現在、お肉を買うならお肉屋さんだ! と…

ウマい肉ってどうやって見分ければいいの?お肉屋さんに「目利きの方法」を聞いてきた

どうも臆病者の新人作家、大谷です。 突然ですが、スーパーの肉、たまに外れることがありませんか? 高い肉を選んでも、臭みが強かったりちょっと固かったり、ああ今回も外れか……とがっかりしてしまうこともしばしば。 そこで、簡単にいい肉を目利きする方法…

読売ジャイアンツを支えた走塁職人・鈴木尚広に聞く「常に自分のベストを保つには?」【集中力ないひと必読】

16年シーズン限りで惜しまれつつも現役を退いた元読売ジャイアンツ・鈴木尚広(すずき たかひろ)さん。 ストイックかつ入念な準備で、球史に残る唯一無二のポジションを築きあげた“足”のスペシャリストに、ベストなコンディションを保つ「食」の秘訣(ひけ…

世界的サッカー選手、長友佑都の専属シェフが教える【アスリートメシ】

超人的な集中力と体力を必要とするアスリートたち。そんな彼らの食生活って気になりませんか。今や、世界的サッカー選手として活躍しているインテル所属の長友佑都選手の専属シェフ、加藤超也さんにアスリートのレシピやメニュー考案のうえで気を付けている…

フジパンのゆるキャラ「ネオバタくん」に、ネオバターロールの魅力を聞いてきた

皆さんは、フジパンのネオバターロールを知っていますか? 数多くのメーカーが発売しているバターロールの中で、ひときわ魅惑的な商品です。 何しろネオバターロールは、バターロールの中に適量のマーガリンを詰めるという画期的なアイデアを規した食卓パン…

カレー大好き、鈴木浩介が語るほとばしるスパイス愛【俳優メシ】

バイプレーヤー俳優として活躍中の鈴木浩介さん。実は彼、本場インドに行くほどのカレー&スパイス好き。カレーへの思いや最新出演映画『ビジランテ』の話、そして「絶対に食べてほしい」というあそこの名物炒飯のことまで教えてくれました。 西新宿の「コチ…

子どもがいると外食が大変!家事に協力しない夫に怒るママさん覆面座談会 〜後編〜

©123RF 子育て中のママの悩みといえば、夫がどれだけ家事育児を担ってくれるかということ。 そこで専業・フルタイム・在宅&ナイトワークという、それぞれ立場の違った三人の主婦をお招きして覆面座談会を開きました。前編はこちらから。 【座談会参加メンバ…

たまには晩メシつくって欲しい!「家事に協力しない夫」に怒るママさん覆面座談会 〜前編〜

©123RF 世の中の、多くの主婦たちが持っている悩みといえば「どうすれば、夫が家事や育児をもっとしてくれるか」ということではないでしょうか。 「もう少し家事や育児をして欲しい」と頼んでも 「やり方がわからない」 「俺の役割じゃない」 「十分にやって…

【角打ち店の店主に教わる】いまさら聞けない「日本酒」についての基礎講座

日本酒の味がわかるようになると、ちょっとオトナの階段を上ったような気分になりませんか? ただ、うっかり「日本酒好き」なんて言っちゃうと、 「○○のひやおろしはもう飲んだ?」とか、「やっぱり日本酒は××だよね」 なんて日本酒談議に花が咲き、男たるも…

世界のミシュラン三ツ星店に6,000万円をつぎ込んだ“美食家すぎるサラリーマン”が絶賛する「東京のコスパ優良店」とは

いきなりクイズです。 下記に挙げた2軒の和食店。会計金額には、およそ300倍もの差がある。 とはいうものの、両店にはある共通項が存在する。それはいったい、何? A店:ニューヨークの最高級寿司レストラン。あるカップル客は、握りのコースと追加の寿司を…

芥川、谷崎、ゲーテ……文学マニアが作ったお店で「文豪たちが愛した食事」を堪能してきた

食事と文学は、切っても切れない関係にある。 もし、主人公がマドレーヌを食べなければ、マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』は話が進まないし、村上春樹は『ダンス、ダンス、ダンス』の主人公である「僕」にスモーク・サーモンサンドウィッチの作…

【舌対音感】第9回:オカモト“MOBY”タクヤ(SCOOBIE DO)「俺が恋した香港フードたち」

「旅をしない音楽家は不幸だ」という言葉を残したのはモーツァルトだが、では、旅する音楽家の中でもっとも幸せなのは? それはやはり、その土地土地ならではの旨いものを味わい尽くしている音楽家ではないだろうか。そこで! ライブやツアーで各地を巡るミ…

日本のミリメシってどんなの?やっぱり無骨&栄養満点なの?「自衛隊のごはん」シリーズ著者に聞いてみた

みなさん、日々、日本の治安を守る自衛隊についてどんなイメージを持っていますか?ご存じのとおり自衛隊は、陸海空それぞれの組織が独立し、日本各地に基地や駐屯地を持っています。 むろん、関係者以外はその敷地内には気軽に立ち入ることはできません。よ…

新日本プロレスの“野人”中西学選手の「モンスターモーニング」を知っているか【レスラーめし】

【レスラーめし】第2回 中西学選手(新日本プロレス) 日々、リング上で熱い闘いを見せるプロレスラーたち。 その試合の基盤にあるのはタフな練習、そして “食事” だ。 その鍛えた身体を支えるための日々の食事はもちろん、レスラーを目指していた頃の思い出…

【いつかお店をやりたいすべての人へ】「趣味を仕事にすること」の辛さと難しさと。curry草枕・馬屋原さんの場合

行列のできるカレーの名店「curry草枕」 「こんなクソな仕事、さっさと辞めたい」 真面目なサラリーマンであればこそ、誰もが一度は口にしたことがあるこの思い。 そして、頭の隅を横切る「好きなことで飯が食えたら」という心の声も。 新宿のカレー屋さん、…

あの日見たコンビーフのことを僕達は意外とまだ知らない。

こんにちは。 『メシ通』ライターの鷲谷と申します。 さっそくですが、けっこう前に話題になったツイート、ノザキのコンビーフ公式アカウントによる「#自社製品を自虐してみた」のアレです。 このツイートを見たとき、笑っちゃうと同時に思ったのは、ひょっ…

古代メソポタミアで食べられていた料理をガチで作ってみた【歴メシ】

5000年前、古代メソポタミアの人々は何を食べていたんだろう……。人間、一度は考える問題だと思います。あれ? 考えない? でも、古代に思いをはせ、文献を読みあさり、できるだけ当時に近いレシピで「歴史メシ=歴メシ」を作り続けているのが歴史料理研究家…

【地獄の料理人】鈴木研一(人間椅子)のハードロック料理講座

あのイカ天バンドが再ブレイク中 『いかす! バンド天国』でのデビューから28年、再ブレイク中の「人間椅子」。 青森から上京しデビューし、ドラマーチェンジを経てもなお、不遇の時期も歩みを止めることなくコンスタントに新譜を出し続けているハードロック…

アイドルが渋谷でスナック経営「ヤングスナック-芹奈-」にぜひ行くべし

「アイドル」と「スナック」。 イメージでいえば、昼の世界と夜の世界。 まるで真逆に思えるかもしれない。 しかしアイドルが自らお店を持って「ママ」として切り盛りしているお店がある。 その名は「ヤングスナック-芹奈-」。 場所は渋谷道玄坂から曲がった…

片瀬那奈が婚活デートで食べたいのは、意外にもあのメシだった!【女優メシ】

抜群のスタイルと飾らない人柄で男女共に注目を集める女優、片瀬那奈さん。なんと、20歳までは1日9回も食事をしていたという食いしん坊。もちろん今でも「食べることが大好きで食事制限なんてできない!」と公言するほど。そんな片瀬さんに、食への熱い思い…

外食チェーンの本店を巡礼する男、BUBBLE-Bさんに聞く“本店にしかない魅力”とは

実家に帰省して家族で夕飯を食べに外に出た。目当てのお店が閉まっていて、少し悩んだ挙句、近くのファミレスに入る。 「うーん、あのお店閉まってたの残念だったなー」という感じで少しテンション下がり気味で入店したのだが、メニューを広げてみると家族が…

中国人コラムニストの食×テクノロジー理論がジワジワ来る【焼餃子=日本のイノベーション】

マイクロ出版社、ferment booksの(よ)です。 突然ですが皆さん、下記の式の意味、わかりますか? 焼餃子 = 日本のイノベーション 中華料理 ≠ 中国料理 日本食 = 和食 +(洋食+中華料理) 和食 = 日本食 -(洋食+中華料理) 洋食 + 中華料理 = 日…

女子高生を演じる30歳、桜井ユキが「この人、やるな」と思うデートメシは案外渋かった!【女優メシ】

24歳から女優のキャリアをスタートして26歳で映画デビュー。スタートは遅かったものの、そこから月9ドラマ、園子温監督作品の常連になるなどメキメキ頭角を現した桜井ユキ。最新出演映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY - リミット・オブ・スリーピング ビュ…

カカシ(案山子)の魅力に取りつかれた男の話【趣味人の食卓】

いやぁ、世の中には面白い人がいるねぇ。 今回は、カカシ(案山子)が好きすぎて、青春18きっぷで全国をまわり、カカシの写真を撮りまくっているというお方。ピート小林さんだ。 年齢不詳だけれど、たぶん僕よりは年上だと思われる。 待ち合わせたのは、東京…

他人に興味のないphaさんに悩みを相談したらどんな答えが返ってくるのか?

かつて、青年向けの雑誌では必ずといってもいいほど「有名作家によるお悩み相談コーナー」というものがあり、ネチネチ悩む相談者に対してやたらポジティブな答えだったり、破天荒すぎるアドバイスがなされたものです。あ、今でもあるか。 そんな人生相談コー…

【馬場さんと食べたあの夕飯】“絶対王者”元プロレスラー小橋建太さんが語る「レスラーめし」

日々、リング上で熱い闘いを見せるプロレスラーたち。 その試合の基盤にあるのはタフな練習、そして “食事” だ。 その鍛えた身体を支えるための日々の食事はもちろん、レスラーを目指していた頃の思い出の味、若手の頃に朝早くから作ったちゃんこ、地方巡業…

飲めるブラジャー「横須賀ブラジャー」を探して

皆さん、「若松マーケット」という街を知っていますか? 横須賀中央駅からほど近くにある、昭和の雰囲気がそのまま残った飲み屋街です。ここには、ブランデーとジンジャーを使った地カクテルが存在するそうです。 その名も……「横須賀ブラジャー」! ぶ……ぶら…

あのアフロ元新聞記者、稲垣えみ子が無職になって自炊生活で分かった最強の食事とは

「アフロ新聞記者」として報道番組に登場し、お茶の間の度肝を抜いた稲垣えみ子さん。50歳を機にフリーランスとなり日々、自炊をする生活に。そこで気が付いたのは料理は「メシ、汁、漬物」の3つがあれば十分という事実。食費は1カ月2万円、冷蔵庫ナシ、夫ナ…

【うまい棒のひみつ】うますぎるアレンジレシピ&全品実食レビュー

いきなりですが、うまい棒クイズです! この6本のうまい棒、どれがどの味かわかりますでしょうか? 正解はこちら! 左から とんかつソース味 ピザ味 牛タン塩味 エビマヨネーズ味 チキンカレー味 やきとり味 です。 久しぶりにうまい棒を買ってみて気づいた…

冷凍食品で栄養バランスはよくできる?『栄養と料理』編集委員に聞いた【忙しい人必見】

料理したくても、時間がない。食事にあまり手間をかけられない。そんな場合、どうしたら栄養バランスをよくできるか? こんにちは、フードライターの白央です。忙しい現代人に読んでもらいたいシリーズ第2弾、今回は「冷凍食品の活用」がテーマです。 「冷凍…

野菜はデザインできる?銀座の植物工場で採れたて野菜を食べてきた

飲食店で使う食材、特に野菜は野外の畑で作るというのが、いたって当たり前の認識だ。 ところが、最近はそうでもないらしい。 Google先生に聞けば、店舗に設置した植物工場で採れた野菜をそのまま食べさせてくれる飲食店があることを、コンマ1秒で教えてくれ…

うわさの「玉ねぎヨーグルト」は本当にカラダにいいのか?聞いてきた

ワニブックスから発売されたばかりの『玉ねぎヨーグルト』(著・井上裕美子/医学監修・木村郁夫)という本があります。 表紙を見ると「腸を整える」とか「やせる」「免疫力アップ」「便秘解消」などなどのうたい文句があり、とにかく健康にいいことずくめの…

【ニッチな趣味】「パイロン鑑賞」が楽しすぎる

ちょっと変わった趣味を持つ人の食卓がどんなものなのかのぞいてみようというのが本企画。 今回は、なんと「パイロン鑑賞」という謎の趣味をお持ちのこちらのお方、三土たつおさんだ。普段はプログラマーをされながら、ライターのお仕事もされている方なんで…

2017年のカレートレンドは「スパイスカレー」で決定らしい

皆さん、ご存じですか? 2017年のカレー界のトレンドは、「スパイスカレー」だそうですよ! しかし、この「スパイスカレー」。 実のところ、いまいちどんなカレーなのか把握できていないのが本音です。 最近よく耳にはするけれど、ぶっちゃけ「スパイスカレ…

【舌対音感】第8回:U-zhaan(ユザーン)「俺が愛したローカルフードたち」

「旅をしない音楽家は不幸だ」という言葉を残したのはモーツァルトだが、では、旅する音楽家の中でもっとも幸せなのは? それはやはり、その土地土地ならではの旨いものを味わい尽くしている音楽家ではないだろうか。そこで! ライブやツアーで各地を巡るミ…

部下のやる気はメシで釣れ!破天荒落語家、立川談志の弟子、立川談慶に聞く【落語家メシ】

立川談慶師匠。「食への執着はすさまじかった」という談志氏の数々の無茶ブリ(修行)に耐えた、食の思い出を聞いてみました! 談志がお店に贈るサインの言葉は「我慢して食え」 ――立川談志さんは相当、食にこだわりがあった人だそうですね。 談慶師匠:戦後…

漫画『やれたかも委員会』吉田貴司氏に35の質問をぶつけてみた

©吉田貴司 『cakes』や『note』で話題になり、さる6月27日にはコミック第1巻(双葉社刊)が発売された漫画『やれかたも委員会』。 cakes.mu 今回、『メシ通』でも作者の吉田貴司氏にメールインタビューを行い、作品が生まれた背景や、創作の秘密、食とクリエ…

餃子王、パラダイス山元直伝、アッという間につくれる「うまい餃子」【餃子王のレシピ】

餃子の王様といえば、会員制の餃子レストラン「蔓餃苑」のオーナーシェフ、パラダイス山元さん。こちら、とにかく予約が取れないお店。行きたくても行けない餃子ラバーたちのために、秘伝レシピを最新著書『うまい餃子』(宝島社)で惜しみなく披露されてい…

【ニッチな趣味】「爆音浴」をご存じですか

誰も知らないようなマイナーでちょっと変わった趣味、一見無意味だけどハマるとやめられなくなる趣味、「それ、何が面白いの?」とみんなからツッコミを受けてしまう地味すぎる趣味……。 世の中にはその人にしかわからない「ニッチな趣味」を持つ人々がたくさ…

生誕40周年の「ビックリマンチョコ」が世代を超えて愛される理由とは?ロッテの担当者を直撃してみた

ロッテの担当者を直撃 『メシ通』をご覧のみなさん、これご存じですよね。 ビックリマンチョコ! いまだ現役の評判の菓子ですよ。 なんたって最近は国民的マンガとのコラボや、 国民的アイドルのコラボもやってるんだから。 僕ら団塊ジュニア世代にはおなじ…

スマホ写真の売買サイト「スナップマート」に聞いた、いま売れ筋の料理写真って?【おすすめアプリ情報】

こんにちは、副業で一攫千金を目指す、メシ通レポーターのぎっさんです。 最近は副業や複業に関心のある方が増えている中、 「自分のスマホで撮った写真を、気軽に売買できるサイト」があるのだとか! そこではいろんなジャンルのスマホ写真がある中、料理画…

中野の「小さい音楽館」でオリジナルの馬の歌を聞かせてもらった【別視点ガイド】

先日、友人と雑談をしていたら、不思議なお店の話しをしてくれました。 そのお店は中野駅にあると言います。 職場の連中と飲み会をして、ほどよく酔った中野の夜。ハシゴをしようと適当にはいったお店でこころよく迎えてくれたママさん。 どこにでもあるカラ…

生きる目標がわからない漫画家と、餃子作りをしてみました【小鳥遊しほ×櫻井エネルギー】

イラストレーターにフードコーディネーター、コラムニスト、そしてモデルとして超マルチに活躍する小鳥遊しほが、世の悩める人々のために自ら家へ足を運び、料理を作り、ややナナメ上から人生相談にまで乗ってしまう企画。 人の数だけ悩みはある。悩んでいて…

宝船温泉の旅館の若女将はアイドル「AH(嗚呼)」の現役メンバーだった

滋賀県・宝船温泉の若女将は本物のアイドル! ファンなら旅館でお父さんの手づくり燻製も食べないと! テレビや新聞で「フィギュアスケート界のアイドル」「アイドル女子アナ」「営業課のアイドル」なんて言い方をよくしますよね。 今回登場してもらうのは、…

浜辺美波が男性と食べたいのは、大好きなあの食べ物だった【女優メシ】

現役高校生の女優、浜辺美波さん。11歳のとき「東宝シンデレラ」オーディション・ニュージェネレーション賞受賞をきっかけに芸能界デビューを果たし、その愛くるしい笑顔で今、大注目の若手女優です。最新主演映画『君の膵臓をたべたい』では難病を抱えるヒ…

菅本裕子(元HKT48)がアイドルからモテクリエイターに華麗に変身できた理由【アイドルめし】

「モテクリエイター」ゆうこすのモテ術とは? “ゆうこす”の愛称で親しまれている菅本裕子さん。 HKT48での活動を経て、現在ではSNSやYoutubeなどを駆使して日々、美容やモテ技を発信する「モテクリエイター」として、メイク動画の配信やモテ講座などが話題と…

トップに戻る