大分

「極上のハイボールを自宅で味わうには?」天領日田洋酒博物館オーナーに聞いた手軽なウイスキーの楽しみ方

最近、若い人の間で増えている「ハイボール派」。では美味しいハイボールはどうやって作ればいいのでしょうか。大分にある天領日田洋酒博物館の館長・高嶋さんにコツを聞いてきました。日本有数のウイスキーコレクターによるシンプル&極ウマな飲み方をご紹…

39年かけて集めた約3万点の洋酒コレクションを博物館に。ウイスキーに人生を捧げた男の「夢の城」

洋酒に憧れた少年は、ウイスキーの奥深さに魅せられ、気付けば国内有数の収集家になっていた。やがて膨大なコレクションはミュージアムという形に結実し──。その波瀾万丈で酔狂な半生とは。

船酔い地獄のマグロ船から生還するため、死ぬ気で食べ抜いた43日間【極限メシ】

腎臓を売るか、マグロ船に乗るか──。かつては“多重債務者に残された最後の手段”などと言われ、なにかと都市伝説めいた扱いを受けてきたマグロ船。 この過酷な職場にまったくの未経験者のまま足を踏み入れ、生還したばかりか、そこでの希有な体験を糧に生きる…

これぞ大分・日田の元祖「想夫恋」焼きそば!クオリティー維持にかけるその情熱は鉄板よりも熱かった

『メシ通』にて以前、東京で焼きそば専門店の先駆的存在として、高島平の「あぺたいと」を取り上げた。 www.hotpepper.jp あぺたいと社長は、九州の大分県日田(ひた)市という土地で60年以上、焼きそば専門店として不動の地位を築いている「想夫恋(そうふ…

大分の「りゅうきゅう」はもっとマネされてほしいうまさだった【フカボリ】

「ホットペッパー」&「ホットペッパービューティー」本誌との連動企画、「フカボリ! 美味なるご当地グルメ」。第12回は、大分の名物料理「りゅうきゅう」です!

東京のご当地料理店開拓 大分編 ~地方を旅する気分で訪れたい~

こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストKikutaniです。 マニア道企画からスピンオフしまして、「東京で全国47都道府県の味を堪能する」企画、東京ご当地料理店開拓がスタートしました。 タベアルキストご当地料理担当目線で、ディープでマニアックな…

大分から届く錦鯉の姿寿司!? 押し寿司もハンパない件【日本全国3,000円以内お取り寄せリレー】

ネットやテレビで“一見本物かと見まごうような鯉の姿寿司”を見た人は多いかと思います。 そいでまあ、私としましても「まじで寿司かよ」と思いまして。もうこれはお取り寄せするしかないなって。 でもご近所から来るんじゃないんだから、なんてったって大分…

大阪−別府が往復1万円!「弾丸フェリー」で行く、船と温泉と酒場の一人旅

大阪の南港エリアに出かけた時、「弾丸フェリー」と書かれたパンフレットを何の気なしに手に取ってみた。 「関西から九州まで10,000円~往復できます」とある。やや間があって「え! 往復1万円で九州まで行けるの!?」と思った。計算してみると片道5,000円…

トップに戻る