日本酒

【角打ち店の店主に教わる】いまさら聞けない「日本酒」についての基礎講座

日本酒の味がわかるようになると、ちょっとオトナの階段を上ったような気分になりませんか? ただ、うっかり「日本酒好き」なんて言っちゃうと、 「○○のひやおろしはもう飲んだ?」とか、「やっぱり日本酒は××だよね」 なんて日本酒談議に花が咲き、男たるも…

福島県のアンテナショップは全方位的にうまいモノだらけだった【日本橋ふくしま館 MIDETTE】

東京ならではの楽しみというと、何を思いますか? そりゃたくさんあるでしょうが、私の場合は「県のアンテナショップ巡りができる」というのが思い浮かびます。 都内各所にあれど、新橋から銀座、そして有楽町から日本橋にかけては5分~10分も歩けばどこかの…

【利き酒】この夏、冷酒で飲んだら最高すぎる日本酒7選【美人ママさんハシゴ酒】

【第20回】利き酒師の美人ママに聞いた!「この夏 冷酒で飲んだら最高すぎる日本酒7選」 今回うかがうお店は、このシリーズの16回にご登場いただいた、宅飲み酒場「アヤノヤ」の彩乃ママから教えていただいたお店です。 www.hotpepper.jp 場所は、自由が丘駅…

夫婦で営む田中酒造がつくる愛の日本酒「君萬代」の物語。製造工程も全公開!

彼氏彼女、ご主人や奥様にプレゼントするとき、何を選びますか?アクセサリー、旅行、食事など、多くの選択肢がありますが、要は愛が込められていることが大切ですよね。私、ライターの毎川直也は、とある日本酒をオススメしたいと思います。理由はその日本…

こんなお手頃感を待っていた! 日本酒業界でも珍しい一合瓶専門店「ICHIGOU&TOKYO」【東京蒲田】

ぜーんぶ「一合瓶」! 今回の取材先は東京・大田区のあるお店、最寄りはJR蒲田駅です。 蒲田も久しぶりだなあ、前回ギョウザを食べに来たのはいつだったろう? そんなことを考えつつ、駅から歩いて2分ほど。見えてきたのがこちらの看板です。 日本酒取り扱い…

【京都】石塚英彦さんと一緒に伏見の銘酒を堪能!【澤屋まつもと】

▲松本酒造の銘酒「日出盛」を持ってニッコリの石ちゃん こんにちは。メシ通レポーターのおかんです。『メシ通』は全国各地のグルメレポーターたちがオススメのうまいメシ・おもしろいメシを紹介するメディアなのは周知の事実ですよね。読者のみなさんのなか…

日本酒初心者大歓迎! 京の地酒36種が時間制限なしで飲み放題!「KYOTO SAKE GARDEN」【京都】

「おいしいお酒に出合ってほしいから」 こんにちは。メシ通レポーターの泡です。 いつだって飲兵衛たちを悩ませる問題、それは「たくさん飲みたい」「でもお金には限りがある」。 飲みたい気持ちと財布の重さの反比例っぷりに夜ごと枕をぬらすお仲間も多いこ…

美人に釣られて今宵もフラリ……。大人の街春吉でまったりと日本酒をたしなむ夜【福岡・春吉】

意外と困る二次会のお店選び 一次会が終わって三々五々散っていく参加者たち。「じゃあ親しい仲間と二次会に行こうかな」と思った時に、意外とお店選びに苦労することはありませんか? ラーメンで〆て帰るのはまだ早い、かといってカラオケで騒ぐ気分でもな…

レアな日本酒をいろいろ飲めるのに、全然ハードルが高くないお店【ヒョイ飲み】

日本酒はハードルが高い。 どうもそういうイメージが拭えないんですよね。飲んでみると、いろいろ味が違うのはわかる。はっきりわかる。濃いのやら、酸味が強いのやら、甘みがあるのやら、それぞれに個性があるのだな、ということはわかります。どれも同じだ…

酒風呂に入れる! 150種の日本酒が試飲できる! 越後湯沢「ぽんしゅ館」でへべれけよ!

湯船に日本酒を注いだ「日本酒風呂」。そして風呂あがりにはよりどりみどりの日本酒に囲まれて、お気に入りの一杯を選んでいただく……アルコールに強くない私でさえどこか憧れがあります。日本酒好きの憧れがまんま現実になっている施設が、新潟県の越後湯沢…

ハードボイルド・「日本酒」の世界 ~ 食べ歩きマニア道 其の5【タベアルキスト】

みなさんこんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストOkadaです。 タベアルキストたちが特に気になるメニューを挙げ、食材や調理法などに着目し皆さんにお届けする「食べ歩きマニア道」シリーズの第5段です。 ここ数年で盛り上がりを見せている「日本酒」…

【日本酒】ニッポンの心……古来より伝わる日本酒を堪能する旅に出てみようぞ【まとめ】

ちわ。日本酒はよくわからないけど、飲むのは大好きなメシ通編集部です。 美味しい日本酒を詳しい方に勧めてもらうと、美味しくて美味しくて飲みすぎて酔っ払って、結局何だったのか覚えてないんですよね。 でも、好きです、日本酒。 今回はただ美味しい日本…

【うまい日本酒】東京23区内で唯一続く日本酒の蔵元「赤羽・小山酒造」の工場に行ってみた

日本酒を造る蔵って、どんな場所にあるイメージを持ってますか? 普通に考えれば、自然のままの水や空気、景色を携えた山奥や、雪深く寒い地域といったところでしょうか。ですが、驚くべきことに東京都内にも、実は蔵元が存在しているのです! とはいえその…

「ピンポン~」じゃ味気ない! トンカチで豪快に店員さんを呼べる居酒屋

飲食店では、希望のメニューを伝えるため、店員さんを呼ばなければなりません。そんなあたりまえの行為も今となっては電子化し、タブレット端末などで指先ひとつでできるようになりました。 しかし、そんな電子化の時代に逆行している、「店員さんをトンカチ…

パイオニアたちの姿に心酔! 映画 『カンパイ! 世界が恋する日本酒』監督インタビュー

日本酒業界に生きる3人のパイオニア 7月9日(土)に公開される映画『カンパイ! 世界が恋する日本酒』は、日本酒業界に生きる3人の男を主人公としたドキュメント・フィルム。この人選が実にユニークで、とても見応えのある内容になっています。 まず、岩手県…

【秋葉原】女性が握ってくれる「なでしこ寿司」で日本酒を満喫【ヒョイ飲み】

秋葉原で女性が握るお寿司と日本酒を満喫 先日、秋葉原のフクロウカフェ「アウルの森」を取材に行った帰りに、こんな看板を見つけました。 「Fresh&Kawaii なでしこ寿司」。 寿司店? それなのにKawaiiで、なでしこ。そして看板には女の子たちの姿が。調べ…

あなたは「違いがわかるひと」!? 日本酒飲み比べし放題店で同じ蔵元のお酒を飲み比べてみた

「お酒、よく飲むんですか?」と聞かれると、「そうですね、たしなむ程度には……」なんて控えめに答える筆者ですが、ごめんなさい、飲みます。よく飲みます! 好きです。 種類もあまりこだわらず、その時の気分や料理に合わせて飲むものを決めたりするのです…

意外になんでも合う? 日本酒に合うフルーツを探ってみた

ワインで作る「サングリア」というお酒がありますが、実は日本酒でもイケるというのを耳にしました。 作り方は簡単。日本酒にフルーツを入れる、それだけです。 昨年頃から、日本酒に梨を入れるのがひっそりと流行しているのだそうです。そういえば、梅酒を…

京都伏見の酒蔵BARで、午前中からうまい日本酒に酔いしれる

「飲んでますか~?」 どーもはじめまして。メシ通レポーターのミョウガヤです。 ひょんなことから日本酒にハマり、常時冷蔵庫に四号瓶(720ml)が3本入ってないとなんだか落ち着かない、37歳3児の父です。 さっそくですが…… 日本酒は好きですか? 私、京都…

ワンじゃねえ、ニャンだ! 猫好き必飲のカップ酒「にゃんかっぷ」はガチな実力の吟醸酒!

ネコ派なら無条件で呑みたくなる酒 私はネコ派です。飼っていたネコ(享年18)の命日には、毎年墓参りをしています。 ネコ好きとして同好の士にオススメしたい日本酒、それが今回紹介する「にゃんかっぷ」。イラストはCHISAさんが手がけています。うんうん、…

日帰り旅に最適! 青梅の老舗蔵元「小澤酒造」&全国日本酒きき酒イベント「武蔵の國の酒祭り2015」

創業1702年。江戸の元禄時代から続く酒造は意外に近代的!? 東京の西側、それもかなり西側、立川駅からJR青梅駅に乗り換え約45分のところに「沢井」という駅がある。都内でも有数の行楽地、奥多摩へ行く途中の駅だが、この沢井駅も、今や東京で大人気の観光…

【業界激震】オープン3ヶ月で4,000人来店! 日本酒を原価で飲める「日本酒原価酒蔵」がアツすぎる

通常1合1,000円の日本酒が300円で飲める店がある――。これを聞いて日本酒好きのあなたは垂涎(すいぜん)せずにいられるだろうか。 JR新橋駅から徒歩5分、小規模の店が密集するエリア・新橋三丁目交差点近くに店を構える「日本酒原価酒蔵」がいま、アツイ。 …

通人に訊く「この酒、このつまみ」。渋谷道玄坂『立呑み なぎ』店主・甲田力さん

通人たちは、普段どんなつまみで酒をやっているのか? そんな興味から誕生したこの企画、第1回目は渋谷の日本酒の達人にご登場を願いました。 福島の日本酒を専門に揃えた道玄坂『立呑み なぎ』の主人、甲田力さんです。 ペンネ・アラビアータと日本酒の意外…

創業340年の老舗酒蔵で極上の日本酒が飲み放題! 栃木県佐野市で「ひやガーデン」開催中!

夏の夜風を感じながら、キュッと冷えた極上の日本酒をくいっと……。そんなのどう考えても至福すぎる! そんなひと時を堪能できる日本酒飲み放題イベントが、6月13日(土)から、栃木県佐野市にある創業340年の酒蔵「開華」で開催されています。その名も「ビヤ…

日本酒と猫、空前のブーム同士が融合した1本!タレ目猫のラベルがかわいい山形・米鶴酒造「カンタービレ」

世は空前の猫ブームといっていい。2013年、秋田県がプーチン大統領に寄贈した秋田犬のお返しに、佐竹秋田県知事は、シベリア猫「ミーシャ君」を譲り受けたのだが、このことが切っ掛けで、昨年、秋田県立近代美術館で「ねこまみれ展」が開催された。 規模の違…

トップに戻る