魚屋三代目

ふっくら「コンビニの焼き魚」で家チャーハンが大化けした【魚屋三代目】

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。 コンビニで買える、電子レンジで温めるホッケの塩焼き。魚屋として興味津々、勉強と思って買い、食べてみたら塩加減もよく、ふっくら焼けていて見事にウマい。驚きました。これだけ手軽に美味しい…

「花椒たっぷりダレ」でアジのたたきと冷ややっこが美味しくつながった【魚屋三代目】

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。 クセがなくさっぱりと食べられるアジは、いろいろな味つけで楽しめます。先日は、クミンとの組み合わせをご紹介しましたが、 www.hotpepper.jp 今回は、花椒を使ったタレでいただく「アジのたたき…

クミンを入れたら超クセになるマリネ液ができた「焼きアジとクミンのオイルマリネ」【魚屋三代目】

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。 旬のアジを使って暑くなる時期にバッチリな料理シリーズ、 www.hotpepper.jp 今回は、サッパリと「マリネ」はいかがでしょうか。 アジを揚げずに焼いてから玉ねぎなどと一緒にマリネ液にからめ、冷…

氷とお酢で「アジ」を洗った、爽やかで後追いで旨味がくる「アジの梅たたきぶっかけそうめん」【魚屋三代目】

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。 アジが美味しい季節になってきました。今回はそのアジの刺身を梅干と合わせて、そうめんにのっけても、お酒のおつまみにしてもスッパ美味しい一品にします。 そうはいっても、アジは青魚。他の青魚…

クミンとチリパウダーで「かつおのたたき」に未知のアクセントとコクが出た。魚屋三代目の「かつおのたたきのメキシカンサラダ」

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。 今回は、市販の「かつおのたたき」を使った、メキシカンな“飲めるサラダ”を紹介します。 かつおは高タンパクで低脂肪、そして不飽和脂肪酸のEPAとDHAが豊富。とくに、新緑の今の時期に食べられるも…

おひとり様分量で「あさりの超簡単リゾット」の作り方。コハク酸の旨味でスプーンが止まらない【魚屋三代目】

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。 今回は旬のあさりを使って、超簡単にリゾットを作っちゃいます。フライパンひとつでパパッと、1人前でも美味しくできますよ。 手間なくスピーディーに作るポイントは、生米ではなく炊いたご飯を使…

骨を取るのが面倒だから「炊かない鯛めし」もあっていい【魚屋三代目】

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。 春に旬を迎える真鯛(まだい)。産地によって旬は少し変わりますが、春先の真鯛は「桜鯛(さくらだい)」と呼ばれるほど体がきれいな桜色になります。(ちなみに、「サクラダイ」という魚が別にい…

はまぐりと酒を入れて煮るだけの「はまぐりうどん」が完璧な一杯だった【魚屋三代目】

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。 春の旬「はまぐり」。一年を通じて食べられる貝なのですが、美味しい季節は春になります。(産地によって旬が変わりますが、一般的には春が旬とされています) はまぐりの語源はいろいろあるそうで…

漬け込み0分「さわらの即席西京焼き風」が家にあるみそで美味しくできた【魚屋三代目】

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。 魚屋ができるだけに簡単に作る、魚料理の基本のきシリーズ、 www.hotpepper.jp 今回は魚へんに春と書く、まさに春の旬、さわら(鰆)を使った「西京焼き風」です。白身で淡泊なさわらは、和風、洋…

魚のプロができるだけ手抜きをして「サバの竜田揚げ」をサクサクに作ってみた【魚屋三代目】

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。 ご飯のおかずにも酒の肴にも、お弁当にも最高の「サバの竜田揚げ」。魚料理の基本レシピの1つです。ただし、塩をふって臭みを抜いたり、下味をつけたりと自作するには少し手間がかかりますよね。こ…

【魚屋さん推奨】牡蠣は家で「牡蠣しゃぶ」にするとぷりっぷりになって二度ウマい

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。 今が旬の真牡蠣は、11~3月くらいまでが美味しい時期(一般的に食べられている牡蠣が真牡蠣。もう1つ、夏に旬を迎える岩牡蠣もあります)といわれています。身が成熟し、ぷりっぷり。その旬の中で…

簡単に作れる「麻辣牡蠣鍋」のスープの味が深すぎる【魚屋三代目】

こんにちは! 鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。 寒い日、冷え込む夜は手間いらずの鍋がいい。というわけで今回の鍋は、旬の牡蠣の風味を活かしたウマ辛な牡蠣鍋。豆板醤と花椒を使ったHOTな中華鍋「麻辣牡蠣鍋」の美味しい作り方を紹介しますね。…

煮込んじゃダメ。「カレイの煮付け」は4つのポイントで失敗なし【魚屋三代目】

こんにちは、鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。 難しいと思われがちな魚料理の基本「魚の煮付け」。でも、煮付けって、一番簡単な魚料理だと思います。ぶっちゃけ、焼き魚よりも作りやすい! 以前は「銀ダラの煮付け」を紹介しましたが、 www.hotp…

魚のプロができるだけ手抜きをして「たらのでんぶ」を手作りしてみた【魚屋三代目】

この時期になると鍋などに大活躍する魚、たら。淡白な味わいで揚げ・蒸し・焼き・煮ると、どのように調理しても美味しいオールマイティな魚です。おまけに安いですしね。 今回はそのたらで、年末年始に美味しくいただける「でんぶ」を手作りしてみましょう。…

酒の肴に最高な「煮干しのオイル漬け」は残った油も料理に使える【魚屋三代目】

こんにちは、料理家の魚屋三代目です。 今回は「煮干し」をテーマにした一品を紹介したいと思います。私、煮干しラーメンや味噌汁に煮干し粉を“追い”で加えたりと、大の煮干し好き。 スーパーでも大中小とサイズ違いで並んでいたり、そのまま食べても美味し…

【1人前100円以下】ふわトロ「ホットはんぺんサンド」が安い、ウマいでありがたい【魚屋三代目】

こんにちは、料理家の魚屋三代目です。晩酌を欠かさない私が酒の肴作りによく使う食材の1つが、納豆です。納豆があればコスパよくウマい酒の肴ができるというわけで、これまでもいろいろ紹介してきました。 www.hotpepper.jp www.hotpepper.jp そして今回、…

意外と時短、簡単。骨までいける「めざしのオイルサーディン」を作ってみた【魚屋三代目】

先日もご紹介した、魚屋三代目のオイル漬けシリーズ。 今回は同じく日持ちするオイル煮の「オイルサーディン」を自作してみました。本来ならオイル煮にする前に捌いたり、塩水につけたりと工程がいくつもあるんですが、その部分を大幅に省いちゃいます。ポイ…

魚屋さん直伝「ホッケの干物のオイル漬け」が、簡単だし日持ちもするし酒の肴に最高すぎた【魚屋三代目】

前菜や酒の肴、料理のトッピングにもバッチリ。日持ちもするので作っておくと本当に使える「オイル漬け」。 昨年の秋は「焼きさんま」で作りましたが、 www.hotpepper.jp 今回は「ホッケの干物」を使います。食べやすい大きさにカットし、フライパンを使って…

さば缶を一滴残らず入れる「1人麻辣鍋」の真っ赤なスープで、ほとばしる激辛欲を満たせそう【魚屋三代目】

朝晩と冷え込んでくるこれからの季節には、食べて身体の中から温まるお鍋が最高です。 辛い鍋、激辛な鍋が好きな私がオススメするのが「簡単1人麻辣鍋」。お肉を使わず、さば缶で辛くて痺れる鍋を、パパッと作っちゃいますよ。1人鍋ですから、好きなだけ激辛…

鮭の煮汁で炊いたご飯が最強クラスの美味しさ!鮭の親子丼「はらこ飯」を作ってみた【魚屋三代目】

秋の味覚「はらこ飯」をご存知ですか。宮城県の郷土料理で、簡単にいえば鮭の親子丼。鮭の身を甘辛く煮て、その煮汁でお米を炊く。そして、ご飯をよそったら鮭の身と鮭の腹子(いくら)をのせる至極の1品です。 旬の秋鮭といくらの最強コラボ、家の炊飯器で…

魚のプロができるだけ手抜きをして「アジの南蛮漬け」を作ってみた【魚屋三代目】

酒のつまみになる魚料理の定番の1つ「アジの南蛮漬け」。常備菜にもなりますし、私もよく作ります。でも、南蛮漬けってアジを二度揚げにしたり、甘酸っぱいタレを作るのが面倒だったり……。 そこで今回は、できるだけ手抜きをして美味しい南蛮漬けを作っちゃ…

にんにくといかの塩辛でチャーハンを作ったら、悪魔的なウマさだった【魚屋三代目】

炊きたてご飯にいかの塩辛をのっけてパクっ。最高に美味いですよね。だったら一緒に炒めてもウマいはず、というわけで今回は「塩辛チャーハン」です。いかの塩辛を調味料として具材として使ったこの1品。とっても美味しいですよ~。 そして、これに絶対に合…

夏の麺を“疲れが癒える1杯”に軽~く改造するヒント。「漬けまぐろの山かけうどん」【魚屋三代目】

こう暑いと火を使いたくないですし、キッチンにいる時間も少なくしたい。そんな時に重宝するのが、 流水でほぐすタイプの麺です。以前に紹介したのは、そのほぐすだけのそばを使った「ピリ辛ぶっかけそば」でしたが、 www.hotpepper.jp 今回は細めの稲庭風う…

「たらこ」をオイル漬けにしてみたら、酒の肴にもご飯のおともにも最高だった【魚屋三代目】

焼いてご飯のおともにしたり、酒の肴を作るのが面倒な時にはそのまま食べても文句なしの「たらこ」。 塩気と旨味、プチプチした食感もたまらないですよね。 そんなたらこのおいしさを、最大限にアップさせてみませんか? 方法は簡単、「オイル漬け」すること…

この夏のきゅうり消費に拍車がかかる「サーモンとたたききゅうりの梅肉和え」の作り方【魚屋三代目】

暑くなってくると、さっぱりとしたものが食べたくなりますよね。私も酒の肴、箸休めにコッテリとしたものより、冷たく酸味があるものが食べたくなります。今回はそんな一品、火を使わず簡単にできる「梅肉和え」です。 梅肉は練り梅チューブでOK。和える食材…

水でほぐすだけのそばの“食感と喉越し”を一瞬で底上げする方法。「ツナのピリ辛ぶっかけそば」【魚屋三代目】

蒸し暑いので、今日は手軽に冷たい麺にしましょう! でも火を使いたくないし、手間をかけるのも嫌……。そんな時に便利なのが、水でほぐしてすぐに食べられるタイプの麺です。 その便利な麺を使って、市販のつゆとツナ缶、あとは唐辛子やラー油があればパパッ…

いかの塩辛は“仮想アンチョビ”だった。「塩辛バターソース」にしたら旨味がたまらん【魚屋三代目】

酒の肴におなじみの「いかの塩辛」。 そのまま食べることが多いのですが、ちょいと一工夫で色々な料理に使えるのですよ。 これまでも、 www.hotpepper.jp www.hotpepper.jp などなどご紹介してきました。 旨味が濃く、塩気があって…… といえば、同じく魚介の…

【煮るのは3分】「イカの煮付け」を柔らか~く作るたった2つのコツ【魚屋三代目】

魚料理の基本の「き」シリーズ、 www.hotpepper.jp www.hotpepper.jp 今日は「イカの煮付け」をいってみましょう! よく聞くのが「イカが硬くなっちゃう」とか「煮魚と同じように作っているのに煮汁が薄い」というお悩みですが、ポイントはたったの2つ。これ…

【お知らせ】安くて砂抜きいらずのホンビノス貝は「フライパンパエリア風」にしてもウマかった【魚屋三代目】

「ホンビノス貝」、もう食べましたか? “白ハマグリ”なんて呼ばれたりもするこの貝、東京湾や千葉県の船橋市で多く水揚げされ、価格も安くなかなかウマい貝なのです。 実は外来種、原産地は北アメリカの大西洋岸で、アメリカではクラムチャウダーを作る時に…

家にある調味料でできちゃう「あさりのしょうゆ漬け」【魚屋三代目】

あさりは今が旬! というわけで、先日の「あさりの味噌汁」に続き、 www.hotpepper.jp 今回もあさりをおいしくいただくレシピです。台湾料理で「しじみのしょうゆ漬け」というものがありますが、それを、あさりを使って作りましたよ。冷蔵庫で寝かせて味を染…

【老舗魚屋さん推奨】ひと味違う「あさりの味噌汁」を作るコツ【魚屋三代目】

この時期のあさりって、身がふっくらプリプリで本当に美味しい! その旬のあさりを使って、定番ながらやっぱり食べたくなる「あさりの味噌汁」を作ってみましょう。チョイとしたコツも紹介します。砂抜き済みのあさりを使うのが便利ですよ。 たっぷり作って…

旬の「ホタルイカ」をオイル漬けにしてみたら、やっぱり酒の肴に最高だった【魚屋三代目】

春ですね! ホタルイカも旬を迎えます。 ボイルされたホタルイカは、酢味噌で食べても美味しいのですが「オイル漬け」にすると日持ちしますし、風味も良くなります。今回はクルミと一緒にオイル漬けにしてみました。 にんにくと粒胡椒を加えてさらに風味UP!…

「旬のハマグリのオイル漬け」が酒の肴に最高すぎた。余り汁はラーメンのスープにしたらやっぱり最高すぎた【魚屋三代目】

魚介のオイル漬け、私よく作るんですよ。基本、お酒飲みなのでこういう酒の肴が大好き! 多めに作っておけば保存もききますしね。『メシ通』でも何品か紹介しましたが、 www.hotpepper.jp www.hotpepper.jp 今回は「旬のハマグリのオイル漬け」を作りました…

これで豆腐を煮るだけで絶品の1人メシになった。簡単でクセになる「たらの1人湯豆腐」の作り方【魚屋三代目】

もうすぐ春、ですがまだまだ寒い日が続いております。2月も半ばが過ぎましたが、朝晩の冷え込みはまだまだ変わりません。とくに魚屋は朝が早いので……。そんなときはやっぱり鍋が恋しい、というわけで、超シンプルな湯豆腐を安ウマ絶品アレンジ、鱈(たら)を…

「ブリの照り焼き」を5分ちょっとで照りっ照りに焼いてみた【魚屋三代目】

ブリがおいしい季節。この時期は「寒ブリ」と呼ばれ、身に脂がのって最高! 刺身やしゃぶしゃぶもおいしいのですが、なんといっても「照り焼き」、これがウマい! というわけで、今回はその照り焼きを紹介しようと思うのですが、「時短でおいしく焼く方法は…

どシンプルなのにつゆが異常にウマい「ねぎま鍋」を試してほしい【魚屋三代目】

皆さん、「ねぎま鍋」をご存じですか? “ねぎま”というと焼き鳥を想像する方が多いと思うのですが、このねぎま鍋とは「葱(ネギ)」と「鮪(マグロ)」からきているもの。漢字で書くと「葱鮪鍋」、マグロの脂から出るうま味がつゆに溶け、そのうま味を吸った…

30分漬けるだけ。スーパーで買ったイカ刺しは「ヅケ」にすれば二度おいしい【魚屋三代目】

イカ刺しをお醤油にちょこんとつけて食べる…… はい、酒の肴に最高! もちろん白飯にもバッチリ。 と、素直に刺身で食べるのはもちろんおいしいイカですが、これを「ヅケ」にして、とろ~り卵黄を絡ませたのも激ウマなんです。漬けダレも簡単、漬け込み時間も…

エビの風味がたまらん!コンビニのラーメンをサクッと改造「エビ風味かき玉ラーメン」の作り方【魚屋三代目】

安くて作るのも簡単な市販のラーメン、重宝しています。麺や味の種類も豊富ですよね~。その中でもシンプルな塩ラーメンをチョイとアレンジ。エビの風味を加えた「かき玉ラーメン」を紹介します。 作り方は超簡単、ふんわり卵のやさしいかき玉ラーメンからピ…

お餅の大量消費におすすめな、超手軽で飽きない食べ方【魚屋三代目】

お正月から食べ続けているのに、なかなか減らないお餅……。焼き餅にして定番の磯辺やおろし和え、きな粉をまぶしたりもしますよね~。私のおすすめは、「海苔の佃煮」です。そうそう、瓶詰めの市販品、これが合う! というか、お餅って元々は米(もち米)です…

【年末年始、何食べる?】しらすを大量消費!「しらすの佃煮」があれば1週間つまみに困らない件【魚屋三代目】

しらすって、買ったはいいけど、じつはそんなに日持ちがしないんですよね。そんな時にオススメするのがこの「佃煮」。甘辛く味付けしたしらす、これがまたすごくおいしい。 しっかりと味付けをし、火を通しているので日持ちもバッチリ。冷蔵で1週間は食べら…

【魚屋さん推奨】家にあるもので「生牡蠣」を激ウマに食べる方法4選【魚屋三代目】

牡蠣(カキ)がおいしい季節になってまいりました! フライに焼き牡蠣、鍋に炊き込みご飯と最高。そして、やっぱり「生牡蠣」。フレッシュな牡蠣のうま味が口いっぱいに広がり、ん~、師走の忙しさを一瞬、忘れさせてくれます……。 その生牡蠣、 パック入りの…

【食べ過ぎ注意】魚屋さんの作る「悪魔のおにぎり」はもっと“凶悪”だった【魚屋三代目】

コンビニでは売り切れるところもあるほど、という「悪魔のおにぎり」。コンビニ大好きの私ももちろんチェック済み、天かすと青のり、めんつゆ(ご飯を白だしで炊き上げるものもありますね)とシンプルながら三位一体、最強の相性! 神、いや、悪魔の味わいで…

さば缶と味付きメンマで、絶品スープの“1人鍋”。「さばの水煮缶で酸辣湯鍋」【魚屋三代目】

12月も目の前、朝晩の冷え込みがきつくなってきましたよね。朝が早い魚屋はとくに実感……。 で、今回は体の中からぽっかぽかに温めてくれる「お鍋」を紹介しますね。たくさんの材料を買う必要はなし、1人前でできて調味料も超シンプルなのに本格的に仕上がる…

家にある調味料で作る“油淋鶏のたれ”を「さんまのピリ辛油淋鶏風」にかけすぎてみてください【魚屋三代目】

この秋、推し続けてきたさんまレシピも今回がラスト。名残惜しいさんま、細身になってきたらパリパリに「揚げ焼き」するのもおすすめです。小麦粉をまぶしたらフライパンで揚げるように焼けば、外パリパリ、中ホクホクに。これからの季節でしたら、鱈(タラ…

魚屋さん直伝「焼きさんまのオイル漬け」が酒の肴に最高すぎた【魚屋三代目】

冬が近くなり、さんまもそろそろ終わりの季節。少し痩せてきたさんまですが、まだまだおいしい食べ方があります。牡蠣で作ることも多い「オイル漬け」です。さんまを焼いたら、オイルに漬け込むだけと超簡単。冷蔵庫で10日くらい日保ちしますし、酒の肴とし…

なんだこの食感は!「焼きなすのサーモンポテサラ巻き」が超やわらか【魚屋三代目】

秋なすシーズン突入中! 私からも超簡単、前菜にもお酒のつまみにもバッチリな秋なすレシピを紹介します。ポテサラ好きも注目。 前に紹介した、 www.hotpepper.jp をなすでバージョンアップ。焼いてやわらか~になったなすで巻いたら、さらにおいしくなりま…

塩焼きに飽きたら“名残りさんま”で「さんまとトマトの炊き込みピラフ」を【魚屋三代目】

11月に入って、今年のさんまの旬もそろそろ終わりが見えてきました。魚や野菜などは、おいしくなる季節の出はじめを「走り」、最盛期を「旬」、そして、旬の終わり頃を「名残り」といいますが、今の時期はいうなら“名残りさんま”。ややお値段も下がり、その…

漂う湯気と香りが最高……!魚屋さん激推し「秋鮭の紙包み焼き」の作り方【魚屋三代目】

旬の食材をアルミホイルで包み、オーブンやフライパンで仕上げるホイル焼き。食材が持つうま味と風味を、包みの中でギュッと閉じ込めて蒸すので絶品です。 で、今回はホイル焼きの簡単レシピ、ではなく、同じ包み焼きでもクッキングシートで包む「紙包み焼き…

「鮭の水煮缶」を汁1滴残さずカレーに入れてもウマい「フライパンで鮭缶の豆カレー」【魚屋三代目】

そのままでも、ちょろっとしょう油をかけてもウマい「鮭(サケ)の水煮缶」。ただ、いつもいつもそのまま食べてても味気ないな……ってことで、今回はこれを1缶丸ごと「カレー」に入れてみました。合わせたのは、ミックスビーンズでこちらも缶詰。 どちらも火…

メンマとまぐろが恋をした!辛ウマ「中華風まぐろ納豆」に酒飲み感激【魚屋三代目】

まぐろとネバネバ系って相性抜群! トロロ、オクラ、めかぶに納豆……この組み合わせって酒の肴にもご飯にもよく合います。で、今回はなかでも鉄板の「まぐろ納豆」を中華風にアレンジ。まぐろと一緒に合わせるのは市販の味付けメンマ、これがよく合うんです。…

トップに戻る