ししゃもは絶対にイタリアで生まれるべきだったと思う件

f:id:homare-temujin:20190919103655j:plain

こんにちは、有機野菜農家のホマレ姉さんです!

姉さん家ではししゃもをよく食べます。もちろん本物のししゃもは高くて買えませんので、安い樺太ししゃもですけどね……。

この間、近所のスーパーで見たら20尾以上入っていて、な、なんと198円だったので思わず手が出てしまいましたよ。

節約したいときや、何かもう一品欲しいときに、よくししゃもを利用するって方は意外と多いのではないでしょうか?

そこで質問ですが、皆さんはどのようにしてししゃもを食べていますか?

……グリルで焼く? 

……フライにする?

う〜ん、それが簡単で美味しいんですけどね……でもね、姉さんは気が付いてしまったんですよ……ししゃもはイタリアンにピッタリだってコトをね。

実は、ししゃもってオリーブオイルととっても相性が良くって、アンチョビみたいな感覚で使えちゃうのよ。

それに子持ちししゃもだと、卵がタラコっぽい食感になってパスタなんかにするとバッチグー( 古過ぎたか……)なんですよ。

まぁ、ともあれ騙されたと思ってもいいので作ってみてくださいね。それではレシピと参りましょう!

 

材料(1人分)

  • 子持ち樺太ししゃも   小さめ2本(約20g)
  • ニンニク   1片
  • スパゲッティ   80〜100g
  • オリーブオイル   大さじ1
  • バター   小さじ1
  • 醤油   適量
  • 赤唐辛子   適量
  • イタリアンパセリ   適量
  • 塩   大さじ1強

 

作り方

f:id:homare-temujin:20190920112101j:plain

パスタを茹でるために必要な水は2L
  1. パスタを茹でるための水を鍋に入れ沸かしておく。

 

f:id:homare-temujin:20190916133608j:plain

頭を使うか使わないかはお好みで……
  1. ししゃもを2cm長さに切る。

 

f:id:homare-temujin:20190916132049j:plain

潰してから皮を取ると取りやすい
  1. 包丁の横面を当ててニンニクを押し潰す。

 

f:id:homare-temujin:20190918110031j:plain

唐辛子の辛さにより使用量を加減する
  1.  赤唐辛子はキッチンはさみで切り、タネを取り除く。

 

f:id:homare-temujin:20190916132624j:plain

束ねてキッチンはさみで切ると簡単!
  1. イタリアンパセリを粗みじんに切る。

 

f:id:homare-temujin:20190916134243j:plain

火は弱火で!
  1. フライパンにオリーブオイルと2.3.4.を入れて火にかける。

 

f:id:homare-temujin:20190916134537j:plain

木べらでやるといいよ!
  1. 6.のししゃもの卵を出すように崩しながら炒める。

 

f:id:homare-temujin:20190916134919j:plain

ニンニクの香りが漂うのがタイミング
  1. 材料に香りが移ったらニンニクを取り出す。

 

f:id:homare-temujin:20190916135143j:plain

茹で汁は少し取っておく
  1. 1.の鍋に塩を入れ、パスタをパッケージの表示時間を参考に茹でる。調理にあまり慣れていない人は30秒ほど短めに茹でるとちょうどよい固さになる。

 

f:id:homare-temujin:20190916140222j:plain

醤油の量は好みで……
  1. 8.に少量の茹で汁と茹で上がったパスタを入れ、バター、醤油、イタリアンパセリを加える。

 

f:id:homare-temujin:20190919110317j:plain

アツアツを召し上がれ!
  1. 軽く混ぜ合わせ、見栄えを考えて盛りつければ完成!

ししゃもパスタのレシピはいかがでしたでしょうか?

ししゃもが4尾あれば2人分のパスタができちゃうので、ししゃもがチョッと余ってしまったときにでも作ってみてくださいね。

また、パスタ以外にもいろいろチャレンジしたら面白い食材だと思いますので、料理好きの方はいろいろと試してみてください。

それでは、また次回まで!

書いた人:ホマレ姉さん

ホマレ姉さん

1997年に岡山県で新規就農、有機野菜農家のホマレ姉さんです。オシャレなレシピからビギナー向け簡単レシピまで、貴方の「美味しい」と「ワクワク」を刺激する記事を目指します。

過去記事も読む

トップに戻る