【旅のおともに】あの新幹線限定のアイスクリームはスジャータが作っていた

f:id:exw_mesi:20180409213309j:plain

新幹線って“旅”をしている感じがあっていいですよね。流れていく風景を見ながら、だんだん未知の地に来たという実感が湧いてきて、とてもワクワクするものです。

 

f:id:exw_mesi:20180409213215j:plain

メシ通レポーター・カメイは、大抵、必要なものを買い込んでから乗車するのですが、ワゴンサービスで売り子さんから商品を買うというのも旅のイベントの一つですよね。

 

人の数だけ、旅のこだわりはさまざまかと思いますが、新幹線をよく利用するという人でも、知る人ぞ知る特別なアイスクリームがあるのをご存じですか?

 

f:id:exw_mesi:20180409213220j:plain

▲これを知っていたらツウって感じ!

 

スジャータ、スジャータ♪ のメロディでおなじみ、名古屋に本社を置くスジャータめいらくグループが新幹線限定で販売する「スジャータスーパープレミアムアイスクリーム」。購入してすぐ食べようとすると、スプーンが折れるくらいの驚異的な“硬さ”も注目される一品です。

 

1978年から東海道新幹線の車内販売でスジャータのコーヒーフレッシュを使用したことをきっかけに、1991年頃から東海道新幹線のこだま、または、ひかりで、アイスクリームの販売を開始。

 

その後、山陽新幹線、東北新幹線(および東日本の路線)でも販売をスタートし、現在では新函館博多間でも購入が可能になりました。

 

入手のため、東京駅へ

基本的には新幹線各線でしか販売していませんが、実は駅やホームの一部売店でも購入可能なのだとか。

f:id:exw_mesi:20180409213228j:plain

▲入場券140円で新幹線ホームへ

 

販売場所はオフィシャルには公表していないそうですが、東京駅では東海道新幹線18・19番線ホームの売店「デリカステーション」で購入できました。

 

f:id:exw_mesi:20180409213233j:plain

▲買えたのはバニラ、抹茶、みかん、りんごの4種類 

 

f:id:exw_mesi:20180409213237j:plain

▲各 286円

 

f:id:exw_mesi:20180409213241j:plain

▲パッケージがかっこよすぎる!

 

プレミアム感あふれるゴールドとネイビーの配色がとても豪華。1個 286円と冷静に考えるとちょい高めですが、旅をしている時だとあまり気にならない価格設定かもしれませんね。

 

f:id:exw_mesi:20180409213245j:plain

▲原材料を見ると素人でも分かるくらい余計なものが入っていないのですよ!

 

バニラの原材料は、生乳、乳製品、砂糖、卵黄、バニラ香料。無脂固形分10.0%、乳脂肪分15.5%、卵脂肪分1.5%です。

 

コンビニで買える某ご褒美アイスクリームと比べると、乳脂肪分は0.5%、卵脂肪分0.7%も高く、「“あれ”よりもリッチなのか……」と期待も高まります。

 

f:id:exw_mesi:20180409213250j:plain

▲このお手拭きとスプーンがまた旅情をかきたてますね~

 

f:id:exw_mesi:20180409213253j:plain

▲内フタにも High Quality の文字が

 

f:id:exw_mesi:20180409213301j:plain

▲オープン!

 

f:id:exw_mesi:20180409213305j:plain

▲スプーンが入るまでしばし待機

 

冷凍庫から出してすぐはびっくりするくらいカッチカチでしたが、写真を撮っている間に徐々にスプーンが入るくらいの硬さになってきました。

 

f:id:exw_mesi:20180409213309j:plain

▲ 定番のバニラをいただきます

 

f:id:exw_mesi:20180409213430j:plain

ものすごくミルキー!

これは、幸せですわ。ミルクの穏やかな甘みに、卵のコクが深くて、とにかく舌触りがスムースです。余計な原料が入っていない分、なめらかでとろけ方も上品。

 

f:id:exw_mesi:20180409213314j:plain

普段食べているアイスクリームよりも、とてもきめ細やか。なんていうか、牧場で食べるアイスクリームに似ているんですよね。

 

抹茶は大人の味わい、りんごは果肉入りの本格派

f:id:exw_mesi:20180409213319j:plain

▲スーパープレミアムアイスクリーム 抹茶

 

抹茶味もミルクの味が濃くて、抹茶の苦みが大人っぽい味わいです。

 

f:id:exw_mesi:20180409213325j:plain

▲みかんアイスとりんごアイスはパッケージがかわいい!

 

f:id:exw_mesi:20180409213334j:plain

▲みかんアイスは元気なオレンジ色で鮮やか

 

これはね、とてもジューシーなのですよ! 神奈川県産、静岡県産の温州みかんを使用していて、まるで、もぎたてのみかんにかぶりついているような酸味と、フレッシュな果汁感を味わえます。

 

シャーベットとアイスクリームの中間という食感ですが、口どけも良く、子どもから大人まで好まれそうな味です。

 

f:id:exw_mesi:20180409213338j:plain

▲りんごアイスは……

 

f:id:exw_mesi:20180409213345j:plain

▲なんと果肉(カットりんご)入り!!

 

青森県産のりんごを使用していて、角切りの果肉も入っています。ジェラートっぽくて、とても爽やか。

 

カメイは乗り物酔いをしやすいのですが、このアイスは口の中がさっぱりするので、今度見かけたらぜひ食べたいと思います。

 

f:id:exw_mesi:20180409213359j:plain

▲我が家のチワワ様も興味々でした

 

どのフレーバーも香りがよく、個性が立っていて、こだわりをたっぷり感じられます。定番のバニラは各線で購入できるのですが、他のフレーバーは各線によってラインアップも違うようですし、季節限定の味もあるのだとか!

 

おいしさの秘密を、担当者さんに聞いてみた

おいしさの秘密にも迫りたいので、スジャータめいらくグループの広報室 瀧さんにお話をうかがいました。

 

── 「スーパープレミアムアイスクリーム」はなぜこんなにおいしいのでしょうか?

 

「きっかけは、新幹線車内で販売していただくのに相応しい商品として、弊社の創業者で、当時社長の日比孝吉が指揮して、より高品質なバニラアイスクリームを開発しました。バニラアイスクリームに関しては、乳脂肪分を15.5%とし、乳化剤や安定剤などの添加物は使用していません」

 

── 原料もシンプルですよね

 

「そうなんです。原料は生乳、生クリーム、砂糖、卵黄のみで、より自然な乳の風味を感じられるよう、あえてシンプルにしてあります。バニラ香料に関しても、自然な乳の風味に最も合う天然の香料を厳選し、当社で扱っている中では最高級のバニラ香料を使用しています」

 

f:id:exw_mesi:20180409213407j:plain

▲シンプルを極めるとおいしくなる

 

「また、濃厚でしっとりとした食感にするため、オーバーランと呼ばれる“アイスクリーム中の空気の含有量”を抑えてアイスの密度を高めていますので、一般的なアイスよりも溶けにくくなると言われています」

 

── なるほど、それが話題になった“硬さ”につながるわけですか

 

「販売していただいているJR様において、よりおいしい状態でお客様にご提供できるようにと、ドライアイスで徹底した温度管理をしていただいています。ですから、通常よりも固い状態でのご提供になっております」

 

── ファンの多い商品ですよね。

 

「SNS等でも固さをご指摘いただくことが多いのです。アイスの味については一定のご評価をいただけているようで、たいへんうれしく感じております」

 

最後に、地方限定メニューや過去販売した季節限定メニューについてもうかがいましたよ~。

 

  • 2010年3月、東北新幹線(など東日本の路線)で「スジャータコーンポタージュアイス」発売。※2012年1月で「スジャータりんごアイス」販売との兼ね合いにより終売
  • 2010年12月、東北新幹線(など東日本の路線)で「スジャータりんごアイス」発売。東北新幹線の新青森駅開業に合せて。
  • 2012年8月、東海道新幹線で「スジャータみかんアイス」発売。昭和期の鉄道名物・冷凍みかんをイメージしたアイスとして発売。
  • 2013年7月、東海道新幹線で「スジャータメロンアイス」発売。沿線の愛知県産または静岡県産のマスクメロンを使用し、10万個限定で発売。※好評につき、2014年夏にも数量限定発売。
  • 2014年7月、山陽新幹線で「スジャータ白桃アイス」発売。沿線の岡山県産の白桃を使用し、10万個限定で発売。2016年3月、好評につき再発売(期間限定)。

 

f:id:exw_mesi:20180409213411j:plain

▲スジャータいちごアイス

 

  • 2015年3月、東海道新幹線で「スジャータいちごアイス」発売。沿線の静岡県産の紅ほっぺ果汁を使用。限定数量販売終了後、2016年再販。
  • 2017年2月、東海道新幹線で「スジャータベルギーチョコレートアイスクリーム」発売。(期間限定)

 

f:id:exw_mesi:20180409213421j:plain

▲加賀さつまいも味も気になる~

 

  • 2017年3月、北陸新幹線で「スジャータ加賀さつまいもアイスクリーム」発売。沿線の石川県産の五郎島金時を使用。

 

f:id:exw_mesi:20180409213416j:plain

▲とちおとめもおいしそう!

 

  • 2017年4月、東北新幹線など東日本の路線で「スジャータとちおとめいちごアイスクリーム」発売。沿線の栃木県産のとちおとめ果汁を使用。
  • 2017年10月、山陽新幹線で「スジャータイタリアンマロンアイスクリーム」発売(期間限定)

 

f:id:exw_mesi:20180409213426j:plain

▲旅のおともに

 

商品によっては、他の路線でも期間限定で販売することもあるようです。限定商品の販売に合わせて旅行や帰省の日程を立てるのもオツな楽しみ方かもしれませんね!

 

旅のおともにビールも良いですが、スジャータスーパープレミアムアイスクリームの存在もお忘れなく。

 

取材協力:スジャータめいらくグループ

ウェブサイト:http://www.sujahta.co.jp/

 

書いた人:カメイアコ

カメイアコ

気が付いたら書くことを仕事にしていた人、炭水化物に目がない人、でも餅は苦手な人です。

過去記事も読む

トップに戻る