読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシ通 Produced by RECRUIT

食欲と知識欲をシゲキする食メディア

  • ブクマする
  • フォローする
  • フォローする
  • フォローする

コチュジャン+マヨネーズの「コチュマヨ」ソースが万能過ぎる

f:id:Meshi2_Writer:20161004043148j:plain

「コチュマヨ」の作り方は簡単

コチュジャンとマヨネーズを使った、おいしーいタレがあるんです! いろんな料理に実によく合うんですよ。

考案者で料理家の服部志真さんに、その作り方と活用ポイントを早速教えてもらいましょう。 

 

f:id:Meshi2_Writer:20161024144336j:plain

ちなみにコチュジャンは朝鮮半島で使われてきた調味料で、もち米麹と唐辛子、塩や麦芽などを加えて発酵させたもの。まろやかな辛さが特徴です。ビビンパについてくるの、見たことある人も多いのでは?

 

【コチュマヨソース レシピ】

f:id:Meshi2_Writer:20161004042955j:plain

作りやすい分量

  • コチュジャン 小さじ2
  • マヨネーズ  小さじ2
  • ディジョンマスタード 小さじ1
  • はちみつ 小さじ1~2 ※はちみつの甘さで調整 
  • うすくち醤油 小さじ2/3

 

これらをよーく混ぜれば完成です。もしあれば、ゆずコショウを少々加えても、さっぱり仕上がっておいしいですよ。(志真さん)

 

おすすめは玉子焼き+コチュマヨ

さて、どんな料理に合うのか!?

 

【おすすめその1・玉子焼き】

f:id:Meshi2_Writer:20161004043543j:plain

 

まずおすすめしたいのがだし巻き玉子。意外に思われるかもですが、これが合うんです。ちなみに私のだし巻きは、昆布だし、甘味はてんさい糖、そして藻塩だけで作っています。(志真さん)

 

f:id:Meshi2_Writer:20161004043650j:plain

志真さんのテクがもう1つ! だし巻き+コチュマヨソース、ここにハーブの一種、ディルを加えます。これ、相性のよさにビックリでした。おかずからいきなり“オードブル”といった味わいに。

 

生春巻きとの相性バツグン!

f:id:Meshi2_Writer:20161004043308j:plain

さて、お次におすすめの活用法は……。

 

f:id:Meshi2_Writer:20161004043355j:plain

 お、志真さん何かを巻き出しましたよ?

 

【おすすめその2・生春巻き】

f:id:Meshi2_Writer:20161004043033j:plain

 

春巻きのタレとしてもコチュマヨは活躍してくれます。私はカリカリに焼いた油揚げ、大葉、キュウリ、レタス、そしてミントで生春巻きをよく作ります。ここに海苔を加えてもね、おいしいんですよ。(志真さん) 

 

f:id:Meshi2_Writer:20161004043043j:plain

野菜たっぷり、油揚げがあることで満足感はしっかりあれどローカロリーな生春巻き。ピリ辛でコクのあるコチュマヨソースと相性バツグンでした!

 

お揚げ生春巻き(2本分)

  • 油揚げ 1/2枚
  • きゅうり 1/2本
  • レタス 4枚 
  • 大葉 4枚
  • ミント、海苔 少々
  • 生春巻きの皮 2枚

1.刻んだ油揚げをフライパンでカリッとするまで焼き、みりんと塩で味をつける。

(100gの油揚げに対して、みりん大さじ3~4、塩小さじ1/2 ほど)
 
2.生春巻きの皮を水で戻し、大葉、ちぎったレタス、拍子木に切ったきゅうり、ミント、油揚げ、焼き海苔をのせて、巻く。半分に切り分け、コチュマヨソースを添える。

 

 魚料理にも使える!

f:id:Meshi2_Writer:20161004043228j:plain

さて、今度は魚を焼きだした志真さん。お次の料理は……? 

 

【おすすめ その3・秋鮭のコチュマヨソース焼き】

f:id:Meshi2_Writer:20161004043212j:plain

 

コチュマヨソース、鮭との相性もとってもいいんです。お弁当のおかずにもおすすめですよ!(志真さん)

 

秋鮭のコチュマヨソース焼き(2人分)

  • 生鮭 2切れ
  • コチュマヨソース 大さじ2
  • サラダ油 大さじ1
  • 片栗粉 適量

 

 A

  • 酒 大さじ2
  • ナンプラー 大さじ1

 

1.生鮭は皮を取り、食べやすい大きさに切り分ける。ビニール袋などに入れ、Aを加えて30分以上漬けておく。(もし可能なら、ひと晩おくと味がよくなじむ)

2.鮭の水気をキッチンペーパーなどで軽くふきとり、薄く片栗粉をまぶす。

3.フライパンに油をひき、強めの中火で鮭を焼く。片面1分、ひっくり返して1分。コチュマヨソースを入れて全体をからめる。

 

f:id:Meshi2_Writer:20161004043427j:plain

 

そのほか、チヂミのタレにしてもいいですし、シンプルにスティック野菜につけたり、フライドポテトのソースにしてもおいしいですよ! ぜひ試してみてください。(志真さん)

 

撮影協力: SMI:RE DINNER

  

f:id:Meshi2_Writer:20161004043442j:plain

プロフィール:服部志真(はっとり・しま)

高校生の頃に料理にめざめ、レシピ雑誌を熟読しては実践する日々を過ごす。友人と集まれば自然と食事担当になり、その腕前が評判になっていった。2011年から出張料理を始め、現在は「しま食堂」名義で食のイベントを定期的に開催している。

 

執筆・撮影:白央篤司

白央篤司

フードライター。雑誌『栄養と料理』などで連載中。食と健康、郷土料理をメインテーマに執筆をつづける。著書に「にっぽんのおにぎり」「にっぽんのおやつ」(理論社)「ジャパめし。」(集英社)がある。2016年10月下旬に最新刊「にっぽんのおかず」(理論社)が発売に。

過去記事も読む

トップに戻る