好評第2弾!「ちくわぶ」はから揚げにしてもウマいんです【ビールのつまみに最高】

f:id:Meshi2_Writer:20161227174705j:plain

奥深! ちくわぶ研究

今回は「ちくわぶについて考える」第2弾です。

「おでんにはマスト!」と固定ファンも多いけれど、

「ほぼ食べない」

もしくは

「食べたことがない」

という人も少なくない……それが、ちくわぶ。

もともと、東京千葉埼玉の一部で「おでんダネ」として愛されてきたローカルフードなんですね。近年は全国で販売されていますが、やっぱりまだまだ全国区とはいえない食材。東京に来てはじめて食べた」という人も多いでしょう。

 

以前に『メシ通』で「ちくわぶはおでん以外でもうまいのか?」という記事を作りました。それがこちら ↓ 

www.hotpepper.jp

ちくわぶ愛好家で漫画家の松本英子さんにも登場いただき、活用法を探求。ツイッターでアンケートも取りつつ、ひじき煮やカレームニエル、トッポギ風、はてはスイーツ活用まで、さまざまな情報が寄せられました。うん、ちくわぶの応用性、実はかなり広いぞ! おでんだけではなく、昔からいろいろと利用されてきたことも分かり、興味深い結果となりました。未読の方はぜひ読んでみてください。

 

さて、この記事をツイッターで宣伝してたら、テレビでもおなじみ料理研究家の本田よう一さんからリプライが!

 

ちくわぶは

から揚げにしても

うまいよー (本田よう一)

 

なんと!

さっそくご本人に作り方を教わってきました。

 

財布に優しく腹持ちGOOD

きょうの先生 本田よう一さん

f:id:Meshi2_Writer:20161227174038j:plain

【ほんだ・よういち】

1983年生まれ、福島県は泉崎村の出身。料理写真家から料理家の道に進む。現在ではレシピ考案&調理に加え、撮影やコーディネートもこなしマルチに活躍中。野菜たっぷり、素材の味わいを活かした料理に定評あり。栄養士でもあり、減塩レシピなども得意とする。あったかふくしま観光交流大使。トレードマークは水玉。

Youichi Honda Web

 

──本田先生、きょうも水玉の服が素敵です。それはさておき、早速ちくわぶのから揚げ、教えてください!

 

f:id:Meshi2_Writer:20170104174911j:plain

 

 はい! ちくわぶは煮るのもおいしいのですが、揚げるとよりもちもちになるんです。クリスピーな食感になると、また味わいも変わりますよ。お財布にやさしく、腹持ちも良すぎるぐらいの一皿です(笑)。

 

確かに今回の原価、150円しないぐらいです。 材料をご紹介しますね!

 

まずは材料から

f:id:Meshi2_Writer:20161227170353j:plain

<材料>(作りやすい分量)

  • ちくわぶ 1本(160g) 
  • 揚げ油 適量

A

  • しょうゆ、酒 各大さじ1 
  • 塩 小さじ1/4 
  • ニンニクのすりおろし 1/2片分 

B

  • 小麦粉、片栗粉 各大さじ3

以上です。それではさっそく、調理スタート!

 

その① 切る

f:id:Meshi2_Writer:20161227170503j:plain

まずは、ちくわぶを好みの大きさに切ります。

決まりはありませんよ、輪切り、乱切り、ななめ切り、いかようにもお好きなように!

 

おすすめは、ななめに切ってからタテ半分に切ったもの。これを揚げると、なんとなくフライドポテトに似た食感になるんです。(本田さん)

 

その② 下味をつける

f:id:Meshi2_Writer:20161227171007j:plain

 先ほど切ったちくわぶに、下味をつけていきます。Aを全体にからめましょう。

 

漬けおく必要はありません。それでいてしっかり濃いめの味が楽しめます!(本田さん)

 

その③ 衣をつける

f:id:Meshi2_Writer:20161227171921j:plain

この下味をつけた状態で、衣をつけていきますよ。Bをまぶしてください。

 

そののちに……

f:id:Meshi2_Writer:20161227172028j:plain

混ぜるべし!

 

力を入れる必要はないんです。全体にサックリ混ぜ合わさって、粉とタレが一体化する感じに。ちくわぶの穴の中まできれいにタレをつけなくて全然OK。少々のダマやムラも気にせずに!(本田さん)

 

な、なんて簡単な……。このぐらいアバウトでいいの、うれしいですな。

 

f:id:Meshi2_Writer:20161227172650j:plain

仕上がりはこんな感じ。うん、確かにムラがある(笑)。でも揚げ上がって試食してみたら、まーーーーーーったく問題ないのです。

 

その④ 揚げる、そして完成

f:id:Meshi2_Writer:20161227172844j:plain

さあ、揚げていきましょう。写真は直径20㎝のフライパンに1.5㎝ぐらいの深さで油をひいて、160度に熱した油に入れた状態です。

 

ちくわぶ全体が油の中に沈まなくとも、じゅうぶんしっかり揚がりますよー。(本田さん)

 

f:id:Meshi2_Writer:20161227173507j:plain

 

揚げ時間の目安としては、入れて1分、返して1分、さらに1分ぐらい、と覚えてください。トータルで3分ほど揚げたら、最後に強火に。トングなどで触れてみて、カリッとした感じになっていればOKです。(本田さん)

 

輪切りにしたものより、細切りにしたもののほうが早く揚がりますので、その点はご注意を! むずかしく考えず、見た目にうまそうなキツネ色になったら、もう大丈夫。バットなどに上げて、よく油を切ってください。

 

f:id:Meshi2_Writer:20161227173911j:plain

完成です!

 

おつまみ&おやつに

f:id:Meshi2_Writer:20170106045335j:plain

揚げたて、ニンニクが香って食欲を誘われます。さあ、いただきましょう!

ちくわぶ独特のにっちゃりした食感が、揚げることによってキュッとしまる感じ。いいスナックだなあ、ビールが恋しい!  ニンニクを控えめにしてケチャップをかけたら、お子さんのおやつにもいいと思います。

  

f:id:Meshi2_Writer:20161227182606j:plain

 

粉チーズやカレー粉をふってもうまいですよ。七味などお好みトッピングを自由に試してください。(本田さん)

 

本田さん、きょうはありがとうございました!

 

※この記事は2016年12月の情報です。
※金額はすべて税込みです。

 

執筆・撮影:白央篤司

白央篤司

フードライター。食と健康、郷土料理をメインテーマに執筆をつづける。著書に「にっぽんのおにぎり」「にっぽんのおやつ」(理論社)「ジャパめし。」(集英社)がある。2016年10月下旬に最新刊「にっぽんのおかず」(理論社)が発売に。

過去記事も読む

トップに戻る