余りがちなスイートチリソースを和に大胆活用!大好評な志真さんの「便利ダレ」vol.3 

f:id:Meshi2_Writer:20170523122224j:plain

突然ですが、スイートチリソース余ってませんか?

うちが、そうなんです……冷蔵庫にずっと入れっぱなし。

生春巻き用に買ったはいいものの、減らない。ああ、いたずらに日にちが経ってしまう。もっと日常的に活用できないものかなあ……?

 

そんな小さな悩みを抱えておりますメシ通レポーター白央です。ええ、スイートチリソース活用法、今回は

f:id:Meshi2_Writer:20170511153406j:plain

料理家の服部志真さんに解決していただきます。

 

醤油とあわせて、ひと工夫の簡単なタレがあるんです。かけるだけ、和えるだけで活躍してくれますよ。

 

おお、たのもしい。さっそく教えてください!

 

「スイート醤油チリソース」の作り方

f:id:Meshi2_Writer:20170511153156j:plain

用意するもの(作りやすい分量)

  • スイートチリソース 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • 水 大さじ3

 

こ、これだけ!?

 

はい。この3つを……

 

f:id:Meshi2_Writer:20170511153216j:plain

よーく混ぜれば完成! 簡単すぎる……。

 

醤油とスイートチリソース、とても相性がいいんです。水で伸ばすことで味が和らぎ、調味料として使いやすくなります。ただスイートチリソースと醤油はメーカーによって辛さや塩分が違うので、お好みで調整してください。

 

醤油スイートチリソース活用例

さあ、このタレと相性のよい食材をご紹介します。どこのスーパーでも手に入る身近なものばかりですよ。

 

①半熟卵

f:id:Meshi2_Writer:20170511153225j:plain

トロッとした半熟卵との相性はバツグン。ビールのよいつまみになります!

志真さんおすすめトッピングは、キュウリのみじん切りとパクチー。

 

②アボカド&冷や奴

f:id:Meshi2_Writer:20170511153233j:plain

アボカドと豆腐、どちらもスイート醤油チリソースと好相性。単品ずつでもいいんですが、こんな風に組み合わせるとオツな一品料理に。

水気を切った豆腐に、アボカドをのせてスイート醤油チリソースを好みの量かけてください。プチトマトを切って散らすと見栄えはさらにアップ。

 

③焼きサバ

f:id:Meshi2_Writer:20170511153241j:plain

焼いたサバ×スイート醤油チリソース、最高でした!!

サバのコクと醤油の香ばしさ、チリソースの甘辛さの相乗効果で、ちょっとしたごちそうになります。パクチーやオニオンスライスと一緒にバゲットにはさむのもおすすめ。

 

パクチーを合わせるとエスニック感がアップします。ミョウガやシソ、ショウガなどの香味野菜と組み合わせればさらにおいしい。
サバの他、ブリやシャケとも合います。切り身を漬けておくと味がしっかり入るので、お弁当のおかずにもおすすめです。

 

f:id:Meshi2_Writer:20170511153251j:plain

手軽この上ないスイート醤油チリソース、おかずにも、おつまみ作りにも役立ってくれます。

 

f:id:Meshi2_Writer:20170511153442j:plain

 

このタレ、冷蔵庫保存で2週間以内に使い切ってください。ベースが醤油なので、どんなおかずにも使いやすいです。飽きのこない定番タレとして、ぜひ作ってみてくださいね。

 

志真さん、今回もありがとうございました!

 

過去記事も要チェック!

志真さんのそのほかの便利ダレも、ぜひぜひチェックしてみてください。

Vol.1 玉子焼きにかけてみ! コチュマヨソース

www.hotpepper.jp

 

Vol.2 刺身と和えるだけで美味 ショウガオイル

www.hotpepper.jp

 

f:id:Meshi2_Writer:20170205121920j:plain

服部志真(はっとり・しま)

料理家。高校生の頃に料理にめざめ、レシピ雑誌を熟読しては実践する日々を過ごす。友人と集まれば自然と食事担当になり、その腕前が評判になっていった。2011年から出張料理を始め、現在は「しま食堂」名義で食のイベントを定期的に開催している。

Facebook:https://www.facebook.com/shimashokudo

 

※この記事は2017年6月の情報です。

 

執筆・撮影:白央篤司

白央篤司

フードライター。食と健康、郷土料理をメインテーマに執筆をつづける。著書に「にっぽんのおにぎり」(理論社)「ジャパめし。」(集英社)などがある。この夏は家庭菜園に挑戦するもナスにアブラムシがたかって苦戦中。

過去記事も読む

トップに戻る