ネットで予想外に反響のあった「生もずくとトマトのスープ」、暑い日でもスルスル入ります【盛夏のさっぱりレシピ】

f:id:hakuoatsushi:20180714082227j:plain

最近ハマってるんですよ、生もずくとトマトのスープ

さっぱりしててツルッと入る。冷房にやられたときなんておすすめですよ。和・洋・中のメイン、どれにも不思議に合うんです。

 

と、いうようなことをツイートしたら、予想外に反響があってビックリ。

 

 

f:id:hakuoatsushi:20180714144430j:plain

もずくってファン多いのかな? 三杯酢で食べることが多いけど、スープにしてもうまいっすよ。たくさん食べられます。

 

これ、実に簡単。レシピつけておきますね。

 

「生もずくとトマトのスープ」のレシピ

材料(4人前)

  • 水 600ml
  • 生もずく 150g 
  • トマト 2個 
  • ナンプラー 大さじ1
  • 酒、みりん 各大さじ1 
  • コショウ 少々

 

f:id:hakuoatsushi:20180720105948j:plain

トマトはざくざく4つ切り程度にして、水といっしょに鍋に入れて、火にかけます。

 

f:id:hakuoatsushi:20180720110021j:plain

沸いたら、酒、ナンプラー、みりんを入れて、フツフツやさしく泡立つ程度の中火で5分ほど煮ます。

 

f:id:hakuoatsushi:20180714131301j:plain

これ、やらなくてもいいんですが、煮てる間にトマトの皮取っておくと、あとで食べやすいですよ。

皮、気にならない人は食べちゃってもOK。これもまた食物繊維。

 

f:id:hakuoatsushi:20180714130912j:plain

もずく入れて、箸で2~3回かき回して、完成です! 

うつわに盛ったらコショウひいてください。慣れると10分ちょいで出来ますよ。

 

f:id:hakuoatsushi:20180714082227j:plain

 【ポイント】

  • トマトは熟しきったものを使ってください
  • もずくを入れたら長く煮ない

トマト、熟してないとうま味が出ません。ホールトマトでもいいかというと、これはやっぱりフレッシュでやってほしいところ。

 

もずくに関して

f:id:hakuoatsushi:20180714133112j:plain

使用しているのは沖縄産のもずくです。

石川県産の能登もずく(または絹もずく、なんてネーミングも)、というのもあるんですが、

  • 沖縄産→太くて食感しっかり
  • 能登産→細くて繊細な食感

という違いがあって、このスープには沖縄産のほうが向いてると思います。

あ、くれぐれも三杯酢とか黒酢入りのカップのものは使わないでくださいね。味が全然違っちゃいます。

 

それから生もずく、「そのまま料理に使える」ものもあれば、「30秒ほど流水で洗ってから使用して」なんて書いてあるものも

パッケージに書いてあるとおり、使用してくださいね。

 

もずくが入手できない場合でも大丈夫

f:id:hakuoatsushi:20180714082424j:plain

できあがったら、大葉とかエゴマの葉を刻んで入れるとまたうまいんですよ。清涼感がアップ。

 

それからですね、「生もずく、手に入らない!」というかたは青菜類でやってもおいしいですよ。特におすすめなのが、

f:id:hakuoatsushi:20180714131758j:plain

ツルムラサキ。

ナンプラーとトマトのだしに、この個性の強い青菜が合うんだ……。

 

f:id:hakuoatsushi:20180714134007j:plain

モロヘイヤでやってもうまかったですよー!

ツルムラサキ、モロヘイヤともにトマトと一緒に5分ほど煮てください。

 

f:id:hakuoatsushi:20180714145202j:plain

もっと一般的なところだと、三つ葉も合います。どっさり入れちゃってください。

 

f:id:hakuoatsushi:20180714082318j:plain

トマトとナンプラーのスープを先に作っておいて冷やし、おそばにするのがまたうまいんです。この場合、塩気をもっと足したほうがいいので、味見をして適宜ナンプラー、および塩を入れてください。

 

もずく、食物繊維もたっぷりです! ぜひぜひ試してみてください。

 

企画・文・撮影:白央篤司

白央篤司

郷土料理がメインテーマのフードライター。雑誌『栄養と料理』『ホットペッパー』農水省広報誌などで執筆。著書に「にっぽんのおにぎり」(理論社)「ジャパめし。」(集英社)など。

過去記事も読む

トップに戻る