炊飯系フードユニット・ごはん同盟が推奨する「白米に最高に合うおかず」がどれも間違いない

メディアでも大活躍中の炊飯系フードユニット「ごはん同盟」のおふたりに、白飯と最高に相性の良いおかずを教えてもらいます。おかわり必至、極上の3品をどうぞ!

f:id:hakuoatsushi:20200720141055j:plain

 

「ごはんのおとも」と聞いて、みなさんは何を真っ先に思いますか?

 

白いごはんにピッタリのあれこれ。〇〇があると箸が進んでかなわない……といったような、さまざまなお気に入りがあると思います。

 

今回は「ごはんのおともなら、コレ!」というのを、その道の達人に教えてもらいました。

おすすめを教えてくれるのは、料理雑誌等で大活躍中の……

炊飯系フードユニット「ごはん同盟」のおふたり!

f:id:hakuoatsushi:20200702104356j:plain

【Profile】ごはん好きの、ごはん好きによる、ごはん好きのための炊飯系フードユニット。しらいのりこ(レシピ制作・調理担当)、シライジュンイチ(企画・執筆担当)の夫婦二人で2011年より活動している。NHK『きょうの料理』出演ほか、各料理雑誌で活躍。近著に『これがほんとの料理のきほん』(成美堂出版)があり、発売後まもなく重版に

 

おふたりはどちらも米どころ、新潟県の出身です。

ジュンイチさんの実家は米農家で、のりこさんの実家は仕出し弁当の提供も行う鮮魚店。そう、根っから食に関わってきたおふたりなんですよ。

 

f:id:Meshi2_IB:20200703162018p:plainごはん同盟:もともと新潟でおいしいお米を食べて育ちましたが、東京に出ていろんな種類のお米と出会い、それぞれの良さを知りました。ごはんのおいしさ、奥深さを広く知ってもらいたい。そのきっかけを提供できればと思い、2011年から「ごはん同盟」として活動を続けています。

 

f:id:hakuoatsushi:20200619161447j:plain

おいしいごはんの炊き方をはじめとする料理教室やワークショップの開催、さまざまな米料理のレシピ研究と紹介、講演、テレビ出演など八面六臂の活躍をみせる「ごはん同盟」さん。「ごはんに合うおかず」の研究にも、余念がありません。

 

そこで今回、「ごはんのおとも」としての激推しを教えてもらいました。

 

アジのユッケ

f:id:hakuoatsushi:20200619160844j:plain

 

f:id:Meshi2_IB:20200703162018p:plainごはん同盟:ごはんのおともとして、やはり鮮魚は外せません。中でも好きなのがアジのユッケです。スーパーでアジのお刺身を買ってきて、ニンニクのすりおろし、ニラのみじん切り、すりごま、ごま油、しょうゆで和えれば、できあがり! 黄身をのせていただくと、もうごはんが止まりませんよ。

 

おおー、これはそのままつまみにもよさそう。って、それじゃ企画趣旨と離れちゃいますね(笑)。

試してみたら実においしい。ニラの香り、アジとものすごーく相性がいいんですね。学んだ!

 

黄身の味噌漬け

f:id:hakuoatsushi:20200619161025j:plain

味噌漬けって……ちょっとハードル高そうな! 

しかも、卵の黄身ですか。

 

f:id:Meshi2_IB:20200703162018p:plainごはん同盟:いえいえ、カンタンなんですよ。バットに味噌をしいて、キッチンペーパーを敷き、卵の黄身をそっとのせて二晩ほど置いてください。2日目以降が食べごろです。最初はフレッシュな感じ、1週間くらい漬けると「え? これが黄身ですか?」というくらい濃厚な味わいが楽しめます。

 

f:id:hakuoatsushi:20200619161245j:plain

ごはんにのせてみました。箸が止まらない!

 

今までいろいろな人に多くの「ごはんのおとも」を教えてきて、一番喜ばれ、ハマる人の多いメニューなのだそう。

ちなみに味噌は白味噌以外で、好みのものでOK。使った味噌床の味噌は、お味噌汁に使って全然よいそうです。

 

かつおぶしのふりかけ

f:id:hakuoatsushi:20200619161353j:plain

f:id:Meshi2_IB:20200703162018p:plainごはん同盟:かつおぶし、しょうゆ、酒、みりん、砂糖を合わせて、炒め煮にしたもの。塩昆布を隠し味に入れてうま味を強めています。水を少し加えてしっとりと仕上げてもいいし、しっかりと炒めてカリカリに香ばしくしても良し。

 

かつおぶしでだしを取った後の、いわゆる"だしがら"でやってもいい、とのこと。仕事でだしがらが出ると、よくこのふりかけにリメイクされているそう。

 

f:id:Meshi2_IB:20200703162018p:plainごはん同盟:のり弁のとき、ごはんの間にはさんだり、おにぎりの具、チャーハンに混ぜたりするのもおすすめ。冷奴にかけてもいいですよ。

 

うーん、用途広いなあ! 塩昆布を入れるというのがポイントですね。ホントに、ごはんとの相性がすばらしい。これぞ日本人が好きな味、という感じです。

 

最後に、「おいしいごはんを食べるために、守ってほしいポイント」を教えてもらいました。

 

おいしいごはんを食べるための3か条

【その1】精米の年月日をチェック

なるべく精米してから時間の経っていないものを選んでください。パッケージに必ず精米年月日が記載されているので、購入時にチェック。精米してから、2週間以内のものを選びましょう。そして2週間ぐらいで食べ切れればなお良し。

 

【その2】洗米方法を覚えよう

研ぎ方にコツあり。最初は、米の表面についた汚れをとるのが目的。水中で軽く洗う感じでOK。その次は、水を切ってからシャカシャカと音を立ててかき回し、しっかり米同士をこすり合わせます。これをあと1~2度繰り返します。

 

【その3】米は生鮮品として扱うべし

最後は保存のポイント。酸素や湿気に触れさせないほうが、米はおいしく保存できます。ファスナー付きの保存袋に入れ替えるといいですよ。もしスペースがあれば、冷蔵庫や野菜室に入れてほしいです。米は生鮮品と思ってください。

 

ごはん同盟のお二方、今回はどうもありがとうございました!

 

企画・文・撮影:白央篤司(はくおう あつし)

白央篤司

「暮らしと食」、郷土料理やローカルフードがメインテーマのフードライター。CREA WEB、Hot Pepper、サイゾーウーマン、hitotemaなどで連載中。主な著書に『にっぽんのおにぎり』『ジャパめし』『自炊力』『たまごかけご飯だって、立派な自炊です。』など。家では炊事全般と土日の洗濯、猫2匹の世話を担当。

過去記事も読む

トップに戻る