タイ香る一杯「カオソーイ」にハマってみないか【京都】

f:id:mesitsu_la:20170807223014j:plain

タイ北部の名物を京都

こんにちは。メシ通レポーターの泡です。

 

個人的な話で恐縮ですが、この1年で3回ばかりタイに旅をしまして。

にわかながらにすっかりタイ料理のトリコになっております。

 

また行きタイ!

タイ料理食べタイ!

 

しかし夢はそう簡単に叶わないのが世の常。

ならば身近でなんとかするまでよ!

と駆け込むは、四条大宮にある「タイカレーラーメン シャム」。

タイカレーラーメンの専門店です。

 

f:id:mesitsu_la:20170807222653j:plain

店長は今村洋介さん。イタリアンの料理人などを経て、このタイカレーラーメン専門店を任されることになりました。

 

「このお店は、京都の円町にあるタイカレー専門店『タイカレーレストラン シャム』の姉妹店なんです。本店のオーナーが旅行中に現地でタイカレーにハマり、帰国後も幾たびもタイに渡って研究を重ね、生ハーブをたっぷりと使うペーストが特徴のオリジナルタイカレーを生み出しました。その味が評判を呼んで、なんと本家のタイからもお墨付き(※)をいただいたほどなんですよ」

 

※2009年にタイ国産業大臣賞を受賞。また2006年、2009年、2011年の三度にわたり、タイ国商務省が認定した”本場のタイ料理を味わえるレストラン”として「タイセレクト」を受賞(お店のHPより)

 

「オーナーは僕のイタリアン時代の先輩。最初は『うちのカレーでカレーうどんしよか』なんてノリだったのですが、せっかくやるならちゃんとやろうと。そこで、本店のペーストを使って、現地のタイカレーラーメン『カオソーイ』を作ることになったんです」

 

「カオソーイ」とは、チェンマイなどタイ北部の名物料理の1つ。ココナッツミルク入りのカレースープに麺と揚げ麺、肉類、酢漬けの葉野菜、マナオという現地のライムなどを添えたもの。

 

それを日本で入手しやすい素材を使って再現したのが、シャム流の「カオソーイ」なのです。

 

それがこちら!

f:id:mesitsu_la:20170807222717j:plain

▲カオソーイ(レッドカレー、ダブル) 並880円

 

こちらでのメニューの選び方は以下の通り。

 

①スープを選ぶ

  • レッドカレースープ
  • グリーンカレースープ

 

②具とサイズを選ぶ

  • サイズは、並・大・特大
  • 具は4つの選択肢あり
    • チキン(柔かく煮込んだゆで鶏)
    • ポーク(タイ産バジルと炒めた辛めの豚ひき肉)
    • ダブル(チキン&ポーク)
    • 具なし

 

③ 好みでトッピングを(50〜150円)

  • 煮玉子、パクチー、野菜増、肉増、スープ増、チーズ、激辛

 

今回はごくベーシックな「カオソーイ」を選んでおります。

ちなみに、「チーズが意外なほど合うのでおすすめ!」だそう。

 

f:id:mesitsu_la:20170807222736j:plain

まずはスープをひと口。さらっとした口当たりでまずはココナッツの香り。のちにハーブとスパイスがじわじわっと広がってきて、その爽快さに「ここにタイがある!」と本能が感応。一瞬で多幸感に浸れる! 合法で! ひゃっほい!

 

ポーク部分はいわば「ガパオライス」(ひき肉のバジル炒めのせご飯)の具の部分。タイのホーリーバジルの清涼感が豚のうま味によく合います。ナイスハーバル!

 

f:id:mesitsu_la:20170807222758j:plain

チキンは胸肉を低温調理したもの。京美人の柔肌のようにしっとり……どす。

 

f:id:mesitsu_la:20170807222817j:plain

酢漬けキャベツは高菜の炒めもので代用。この酸味がイーネ! 

 

f:id:mesitsu_la:20170807222834j:plain

これは欠かせない、揚げ麺。パリッとしたやつがスープに浸ってしなしなになったのもまたよし。

 

f:id:mesitsu_la:20170807223014j:plain

 麺は近所の製麺所の中華麺を注文ごとにゆで上げます。

 

「タイでは細めのきしめんのような平麺で、ゆで置いたものにスープをかけるスタイル。それだと日本人にはぬるく感じられるので、うちではゆで上げにして熱いスープをかけています」

 

f:id:mesitsu_la:20170807222903j:plain

そのままでも十分においしいのですが、好みで調味料を追加するとさらにツウっぽい味に! 

 

右手前から、タイラー油(ニンニク&唐辛子)、レモン汁、ナンプラー。

 

  • ナンプラーでは塩味を調整。塩気を足すことでスープの甘みが際立ちます。2、3滴でかなり味が変わるのでごく少量からお試しを。
  • レモンはマナオの代わり。スープがさっぱりしてハーブの香りをより引き立てるので夏には特によい感じ。
  • タイラー油は激辛。少〜しずつ加えるべし。

 

一杯でさまざまな表情のタイ味を楽しむことができて大満足です!

 

「カオソーイ」のほか、サイドメニューも数品あります。

f:id:mesitsu_la:20170807222923j:plain

▲カオマンガイ(小) 350円

 

鶏肉をゆでたスープでジャスミンライス(タイの香り米)を炊いたもの。ゆで鶏なしのご飯だけバージョン(100円〜)を頼んで、カオソーイのスープに浸して食べるのもイイ!

 

このほか、ガイトート(手羽先の唐揚げ)、トートマンプラー(タイ風さつま揚げ)などのおつまみもあるので、シンハーやチャーンといったタイビールと一緒にちょい飲みってのもアリです。

 

この夏、タイへ旅して私のようにタイ飯ロスに陥っているあなた。

ここに来れば心の隙間が埋められますよ〜!

 

さて、お店の場所ですが、

f:id:mesitsu_la:20170807222411j:plain

f:id:mesitsu_la:20170807222423j:plain

阪急大宮駅、京福 四条大宮駅から徒歩5分ほどの場所にあります。

 

f:id:mesitsu_la:20170807222440j:plain

四条通の北側を歩いて、右手にパチンコ屋さんが見えたらもうすぐ。

 

f:id:mesitsu_la:20170807222455j:plain

タイカレーラーメンののぼりが目印。

 

f:id:mesitsu_la:20170807222514j:plain

ここにものぼり。

 

f:id:mesitsu_la:20170807222538j:plain

客席はすべてカウンター仕様。以前はテーブル相席スタイルでしたが、1人客が気兼ねなく入れるようにチェンジしたそうです。

 

f:id:mesitsu_la:20170807222557j:plain

卓上にはメニューのほか、「店長おすすめの食べ方」や、カレーに入っているハーブの説明などが。料理を待つ間に読み込んでおきましょう。

 

お店情報

タイカレーラーメン シャム

住所:京都京都市中京区壬生花井町23-4 四条壬生ビル1F
電話番号:075-823-6118
営業時間:11:30〜15:00(LO)、17:00〜21:30(LO)
定休日:水曜日
ウェブサイト:http://www.siam-thaicurry.com/noodle/

www.hotpepper.jp

※本記事の2017年8月の情報です。
※金額はすべて消費税込です。

 

書いた人:泡☆盛子

泡☆盛子

ライター。沖縄出身、京都在住。京都の水というか食がカラダに合い、40kg肥えたのが自慢。立ち呑みと、おかずケース食堂での昼酒が好き。

過去記事も読む

トップに戻る