名物「もつラーメン」には「もつ」が使われていない?新潟県新発田市「食堂みやむら」

f:id:bbhotstp:20181013131236j:plain

今回ご紹介するお店は、新潟県新発田市にある食堂です。

 

f:id:bbhotstp:20181013131204j:plain

お店の名前は、「食堂みやむら」。

 

f:id:bbhotstp:20181013131207j:plain

▲お店の前にある「新発田名物 もつラーメン」の旗

 

f:id:bbhotstp:20181013131210j:plain

店内はテーブル席と、

 

f:id:bbhotstp:20181013131208j:plain

小上がり席があります。

 

f:id:bbhotstp:20181013131233j:plain

▲メニュー

 

看板メニューの「もつラーメン」に加え、各種メニューを取りそろえています。

 

f:id:bbhotstp:20181013131234j:plain

お得なセットメニューも充実しています。

 

今回は、そのセットメニューの中から、定番の「もつラーメン」と「もつ丼」のセットを食べてみる事にしました。

 

f:id:bbhotstp:20181013131236j:plain

▲もつラーメンともつ丼セット(1,080円)

 

f:id:bbhotstp:20181013131238j:plain

こちらが「もつラーメン」。

 

f:id:bbhotstp:20181013131259j:plain

たっぷりの「もつ」がのっています!

 

f:id:bbhotstp:20181013131310j:plain

では、「もつ」をいただきます。

 

……臭みもなく、柔らかく、しっかりとした味付けがなされています。

 

柔らかく煮込まれつつも、適度な弾力感が絶妙です。

 

まるで、お肉のような味わいと食感ですが……実は、「モツ」ではなく「肉」なのです!

 

なぜ「もつラーメン」という名前がついているのかが気になり聞いてみると、「先代が名付けた品名で、なぜ「もつ」とつけたのかは不明」とのこと。

 

f:id:bbhotstp:20181013131313j:plain

では、続いてスープをいただきます。

 

……あっさりスープは、魚介系の香りとうま味が漂います。

 

トッピングのイメージが強いこちらの一杯ですが、スープのしっかりとしたおいしさも特筆ものです。

 

f:id:bbhotstp:20181013131315j:plain

そして麺。

 

シンプルなスタイルの多加水細麺ですが、あっさりながらも深みあるうま味のスープや「もつ」を邪魔する事なく引き立てつつ、麺自体のおいしさも光っています。

クオリティーの高い麺ですね。

 

f:id:bbhotstp:20181013131318j:plain

そして、セットの「もつ丼」。

 

「もつ」の汁がご飯に染み込み、絶妙なおいしさの一品となっています。

今回はセットのミニ丼でしたが、単品の「もつ丼」(880円)でいただきたくなってしまう程のおいしさです。

 

「もつラーメン」を作る厨房へ

「もつラーメン」を作る厨房を見学させてもらいました。

 

f:id:bbhotstp:20181013131321j:plain

「もつ」には、豚のかしら肉を用い、2度のボイルを行い、丁寧にアク抜きをしながら、長時間煮込み仕上げていきます。

 

伝統的なおいしさを誇るこちらの一品ですが、店主はそれに満足する事なく、さらなる改良を重ねているようです。

実は、約2年ぶりに訪れたのですが、当時よりもおいしくなっている事に驚きました。

 

f:id:bbhotstp:20181013131328j:plain

提供時、まずは醤油ダレを注ぎます。

 

f:id:bbhotstp:20181013131330j:plain

そして、そこに豚骨・鶏ガラ・カツオ・サバ等から取ったスープを注ぎます。

 

f:id:bbhotstp:20181013131333j:plain

麺は大きな鍋を用い、たっぷりのお湯の中を泳がせてゆでます。

 

f:id:bbhotstp:20181013131339j:plain

平ざるでの湯切り!

 

f:id:bbhotstp:20181013131347j:plain

 

f:id:bbhotstp:20181013131358j:plain

そして「もつ」をオン!

 

「もつ丼」作りも見学させてもらいました。

f:id:bbhotstp:20181013131405j:plain

f:id:bbhotstp:20181013131412j:plain

f:id:bbhotstp:20181013131414j:plain

 

「もつラーメン」の変化系

「もつラーメン」の変化版的な一杯を作るところから見せてもらいました。

 

f:id:bbhotstp:20181013131417j:plain

たっぷりの野菜を中華鍋で炒めます。

 

f:id:bbhotstp:20181013131419j:plain

 

f:id:bbhotstp:20181013131429j:plain

そこにスープを加えて、

 

f:id:bbhotstp:20181013131431j:plain

炒め野菜を煮込んでいきます。

 

f:id:bbhotstp:20181013131433j:plain

そして、上に「もつ」をのせれば出来上がり!

 

f:id:bbhotstp:20181013131435j:plain

▲もつタンメン(980円)

 

f:id:bbhotstp:20181013131437j:plain

たっぷりの野菜の上にのる「もつ」。

 

f:id:bbhotstp:20181013131439j:plain

スープを一口いただくと……。

 

なんと滋味深い味わい!!

 

あっさり塩味のスープには、炒め野菜の香ばしさと甘味が加わり、滋味深い味わいとなっています。

普通の「もつラーメン」は、魚介風味が際立っていましたが、こちらは魚介出汁が分かりにくくなるものの、加わる野菜の味わいが格別なおいしさを演出してくれています。

 

高い注文率を誇る「ミソラーメン

お客さんの大半は、看板メニューの「もつラーメン」を注文するそうですが、それに次ぐ注文率を誇るのがこちらの一杯です。

 

f:id:bbhotstp:20181013131441j:plain

▲ミソラーメン(770円)

 

コク深く風味豊かな味噌の味わいと「もつ」が絶妙にコラボし、格別なハーモニーを奏でます。

「もつ」はしっかりとした味付けがなされているので、単体でもおいしいのですが、こちらの味噌スープにつけて食べると、また違ったおいしさを堪能する事が出来ます!

 

新潟県新発田市に根付く「もつラーメン」。

ぜひ一度お試し下さい!

 

お店情報

食堂みやむら

住所:新潟県新発田市大手町5-5-7
電話番号:0254-26-1213
営業時間:11:00~14:30
定休日:月曜日

www.hotpepper.jp

 

書いた人:新潟ラーメン.com

新潟ラーメン.com

新潟県内のラーメンを紹介するHPを運営しています。サイト内では、仕込みに密着しお店のこだわりを紹介するインタビューや、新店情報、限定メニュー告知、クーポンの掲載などを行っています。

過去記事も読む

トップに戻る