モーニングサービスってどこが発祥なの?行ってみた【広島】

f:id:mesitsu_lc:20170706121024j:plain

トリビア好きのメシ通レポーター、ブライティです。

 

朝も早くから明るく、朝ゆったり食べるにはもってこいの季節ですね。早速トリビアですが、モーニングサービスはどこ発祥か?名古屋とかじゃないの?」というおおかたの予想を裏切り、広島のお店なのだとか。しかもそこが今も営業しているとの噂です。

「これは行かなくちゃ(使命感)」

ということで行ってみました。想像のななめ上を行く展開でした(汗)。

 

漂う「発祥の地」感、期待に違わぬこの佇まい

f:id:hotpepper-gourmet:20170719134406j:plain

広島市役所や日赤病院からもほど近い鷹野橋商店街に喫茶「ぶらじる」があります。

これは昭和の喫茶店(確信)。

 

f:id:mesitsu_lc:20170706125927j:plain

▲これを見に来た

 

終戦直後からですね。

すごいな。

 

で、最初のモーニングはどんなものだったのか? 今も食べられるのか?

f:id:mesitsu_lc:20170706133128j:plain

店頭の手書きメニュー。チェーン店では決してお目にかかれない、いい味が出ていますね。

 

果たしてこの中に、始まったときのままのモーニングサービス第1形態はあるのか?

 

ん? この(?)は......(困惑)。ミステリーメニューなのか?

 

心揺さぶられながら、早速中に入ります。

 

f:id:mesitsu_lc:20170706171859j:plain

▲いい感じの店内

 

創業者のお孫さんである、末広店長にお話を聞きました。

 

──最初のモーニングサービスと同じものは、今でもあるのですか?

 

「今は時代も変わっているので、そのままのメニューはお出ししていないんです」

 

まじか。

しかし、ご厚意で再現していただけました!

f:id:mesitsu_lc:20170706171900j:plain

▲「目玉焼き on the トースト」がモーニングサービスの原形(再現)

 

シンプル!

ゆで卵ではなかった!

メタルプレートのノスタルジー感!

 

店長さんによると、当時はコーヒー、パン、卵のいずれもまだ高級品で、創業者の末広武次氏が始めたモーニングサービスはモダンでぜいたく、かつ画期的だった模様。

 

時代だなあ(しみじみ)。

f:id:mesitsu_lc:20170706180228j:plain

▲昭和31年(1956年)撮影の「モーニングサービス発祥」の証拠写真 ※写真提供:ぶらじる

 

コーヒーにパンと卵をつけるサービスが珍しく、マスコミに取り上げられたので、「モーニングサービス」という言葉を確認できる最古の記録(昭和31年・1956年)として残っているそう。

 

何事も、記録に残しておくって、大切ですね。

 

そして現在提供されている「Bモーニング」と「Aモーニング」もいただきます。

 

【驚愕】「一見、普通」のモーニング、こだわりが半端なかった

f:id:mesitsu_lc:20170706180229j:plain

ゆったり派には「Bモーニング」650円(左)、お急ぎ派には「Aモーニング」550円(右)がおすすめだそう。

 

誰ですかね、これを見て「ごく普通のモーニングじゃん?」と思った人は? (怒)

 

......私だよorz

 しかし、こだわりの数々をうかがって驚愕(きょうがく)してしまいました。

 

まずトーストは「自家製パン」という事実。店頭で販売もされています。

f:id:mesitsu_lc:20170706180231j:plain

▲安心のこだわり無添加食パンは1枚から購入可能

 

末広オーナー(2代目)にうかがったパンのこだわりポイントは、

  • 小麦 世界最高級品質のカナダ・マニトバ州産のみ使用(オーナー曰く「コシヒカリみたいなもの」
  • 水 龍頭峡(安芸太田町)でくんだもの
  •  天然塩にこだわりフランス産を使用
  • 無塩バターを使い、ショートニング不使用 

ショートニングって、まじで体にアレ(詳しくはググるべし)なので、これはポイント高いです

 

この↓ゆるい手書きメニューのお店が、このこだわりですよ? 想像のななめ上でしたわ......(汗)。

f:id:mesitsu_lc:20170706133128j:plain

▲なお(?)はその時々でジュース or フルーツ or 冬期はスープなどになるそう

 

コーヒーは「ぶらじる」ならではの、完全オリジナルブレンド。昔からの「深く濃い味わい」を踏襲しつつ、時代に合ったすっきり飲みやすいお味になっています。

 

ここで「コーヒーフレッシュ」のトリビアも言わせてください。意外と知られていないけど、アレ、実は乳製品は1ミリも入っていないですからね(詳しくはググるべし)。

 

その点、「ぶらじる」のコーヒーには本当のミルク、しかも乳脂肪30パーセントという、ちゃんと濃いコーヒーに合うやつがついてくることは、大きな声で言いたい

 

食器もさりげなく「いいやつ」でね。

f:id:mesitsu_lc:20170706180232j:plain

▲「Brasil」と店名が入っているNoritake製の食器

 

できれば、ゆったりとした時間が過ごせる朝に訪ねてもらいたいお店なのです。

 

【おまけ】「Bモーニングから第1形態、作れるじゃん?」と思ったので

f:id:mesitsu_lc:20170724162604j:plain

工作してみました。

卵も赤玉にこだわりがあるそうで、見てください、黄身を「オレンジ身」と呼びたいほど濃いのですよ~。

 

まとめ

3行でまとめます。

  • モーニングサービスの発祥は広島のお店
  • 見かけにだまされてはいけない、こだわり満載のモーニング
  • 創業70年超のお店を守るご一家は、応援したくなるナイスピーポー

f:id:mesitsu_lc:20170706180233j:plain

▲奥さま・オーナー・店長さん

 

お店情報

ぶらじる

住所:広島広島市中区大手町5-6-11
電話番号:082-244-2327
営業時間:平日・土曜日 7:00~20:00、日曜日・祝日 7:00~18:00 モーニングは7:00~10:30
定休日:無休

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年7月の情報です。
※金額はすべて消費税込です。

 

書いた人:ブライティ

ブライティ

広島ネイティブのトリリンガル(日本語・広島ダイアレクト・英語)。情報ヲタなので、食レポもお店のトリビアを知りたい派。日本ではマイナーな、世界の料理を結構食べているほうかも。将来の夢は、猫になって縁側で光合成すること。

過去記事も読む

トップに戻る