ガッツリ系メニューの極み「濃厚オニオントンテキ」の難しくない焼き方【エダジュン】

f:id:edajun:20180208160713j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

ちまたでは最近、トンテキ専門店が増えているんだとか。こんがり焼いたぶ厚い豚肉で白ごはんがすすむ、ガッツリ系メニューの極みですね。そのトンテキ、とんかつのように揚げないので、自作するのにもじつはそこまで難しくないんです! 厚切り肉を焼き上げたときのものすごい達成感、ぜひ味わってみてください。

 

エダジュンの「濃厚オニオントンテキ」

【材料】(1人分)

  • 豚肩ロース肉(厚切り) 200g
  • 塩、黒こしょう 各少々
  • にんにく(うす切り) 2片(12g)
  • ごま油 大さじ1/2
  • 千切りキャベツ、ミニトマト 適量

(A)

  • 玉ねぎ(すりおろし) 1/4個(50g)
  • しょうゆ、酒 各大さじ1
  • はちみつ、オイスターソース、ウスターソース、ケチャップ 各小さじ2

 

作り方

1. 豚肉は常温に戻し、筋に切り込み(焼き縮みを防ぎます)を入れて、塩と黒こしょうでもみ込む。

 

f:id:edajun:20180208160811j:plain

2. フライパンにごま油をひき、弱火でにんにくを焼く。にんにくチップのように薄く茶色くなったら、取り出す。

 

f:id:edajun:20180208160918j:plain

同じフライパンで豚肉を中火で焼く。中火で2分ほど焼いて焼き色がついたら反対にひっくりかえし、

 

f:id:edajun:20180208160958j:plain

弱火にして余計な油をふきとり、フタをして3~4分蒸し焼きにする。

 

3. 2の余計な油をペーパータオルで拭き取り、(A)のソース、にんにくを入れ豚肉とさっと絡める。皿によそい、キャベツ、ミニトマトをそえる。

 

この料理の相棒は、白いごはんです。目いっぱい幸せを楽しんで!

f:id:edajun:20180208161140j:plain

“濃厚”という名前にふさわしく濃いめの味付けですが、玉ねぎの甘さがほのかに感じられ、ごはんとの相性が抜群です! 隠し味として味噌(小さじ1/2くらい)を入れても濃厚さアップ! トンテキのように厚切りのお肉ではなくとも、生姜焼きのソースとしても使えますので、一度お試しくださいね。

 

こちらのガッツリレシピも幸せになれますよ!

www.hotpepper.jp

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。パクチーレシピの数々を録した『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、和・洋・中・韓・エスニック・ポタージュと150品のスープレシピをまとめた『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150 』(誠文堂新光社)が好評発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る