【使える小鍋レシピ】超濃厚スープ!何でシメようかワクワクしてきた「濃厚ごまチーズ小鍋」【エダジュン】

f:id:edajun:20181122162758j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

本日は、一人で簡単に作って食べられる「小鍋レシピ」をご紹介したいと思います。濃厚な風味を出すために、すりごま&ねりごまでダブル使いをしております。ますます寒くなるこれからの季節、ぜひ作ってみてください。

 

エダジュンの「濃厚ごまチーズ小鍋」

【材料】(1人分)

  • 豚バラ肉(薄切り) 80g
  • 白菜 葉1枚 
  • しめじ 1/2パック
  • ピザ用チーズ、ラー油 お好みの量

(A)

  • にんにく(すりおろし) 1片
  • 鶏ガラスープ(水500mlに鶏ガラスープに素小さじ2を溶いたもの) 500ml 
  • 練りごま(白) 大さじ2
  • すりごま(白) 大さじ1 
  • みそ 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1

 

作り方

f:id:edajun:20181122162958j:plain

1. 豚バラ肉は4cm幅に切る。白菜は一口大に切る。しめじは軸をおとし、小房に分ける。

 

f:id:edajun:20181122163143j:plain

2. 鍋に(A)を入れて、一煮立ちさせる。

 

f:id:edajun:20181122163314j:plain

3. 2の鍋に1を入れ、アクが出てきたらその都度すくう。

 

f:id:edajun:20181122163351j:plain

4. 具材に火が通ったら、ピザ用チーズを入れて、ラー油をかける。チーズが溶けたら食べ頃。

 

シメは、凍ったままの冷凍うどんを投入!

f:id:edajun:20181122163421j:plain

ごまの香ばしい風味と、チーズの濃厚さが楽しめる小鍋です。少し濃い味つけにしていますが、白菜から水分が出てくるので、食べているうちに丁度良くなってきますよ。そして、鍋といえばやっぱりシメ。いろいろな楽しみ方がありますが、

 

f:id:edajun:20181122163612j:plain

ここは冷凍うどんを入れるのが手軽でおすすめです!

 

f:id:edajun:20181122163634j:plain

凍ったままいれてしまってOK。濃厚なスープにうどんがよく絡みます~。ぜひ作ってみてください。

なお、今回使った「練りごま」ですが、ふだんのみそ汁やシチュー、野菜炒め、もやしなどのナムルにちょい足しして、コクや味わいをプラスするのもおすすめ! 隠れたおすすめ調味料のひとつです。

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、『これ1品で献立いらず!野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)、『野菜と栄養たっぷりな具だくさんの主役サラダ200』(誠文堂新光社)。2018年10月24日発売予定の最新刊『鍋の素―極旨・鍋スープの作り方 バリエーションは無限大!』(PARCO出版)は、極旨・鍋スープ20種、アレンジ鍋60種を収録したずっと使えるウチ鍋レシピの決定版!

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る