冷凍うどんでシルクロードを感じるかも。トマトとクミンで深みのある「ラグマン風トマトうどん」【エダジュン】

f:id:edajun:20211015112625j:plain

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。本日はウズベキスタンなど中央アジアの国々で食べられている麺料理「ラグマン」を、冷凍うどんでアレンジした一杯をご紹介します。

ラグマンは、うどんのような手延べ麺と野菜や肉などたっぷりの具を、トマトを入れて煮込んだり、スパイスを加えたりしていただく麺料理。汁ありタイプも、汁なしタイプもあるようです。

そのラグマンをヒントに、買い置きしてある冷凍うどんと身近な材料で「トマトうどん」を作りました。鍋1つでひと味違うエスニックなうどんが食べられるので、ぜひ作ってみてください。

 

エダジュンの「ラグマン風トマトうどん」

【材料】(1~2人分)

  • 冷凍うどん 1玉
  • トマト(角切り) 1個
  • なす(角切り) 1個
  • にんにく(薄切り) 1片
  • サラダ油 大さじ1
  • クミンシード 小さじ1/2
  • 鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1/2
  • 水 400ml
  • トマトケチャップ 大さじ2
  • ナンプラー 小さじ2
  • パクチー(ざく切り) お好みの量

 

作り方

f:id:edajun:20211015112749j:plain

1. 鍋にサラダ油をひき、弱火でにんにく、クミンシードをじっくり炒める。

 

f:id:edajun:20211015112739j:plain

2. にんにくの香りが立ってきたらトマトとなすを入れ、トマトを軽く潰しながら炒める。

 

f:id:edajun:20211015112729j:plain

3. なすがしんなりしてきたら、水、鶏ガラスープの素を入れ中火にする。

 

f:id:edajun:20211015112719j:plain

4. フツフツとしてきたらトマトケチャップ、ナンプラーも入れて、ひと煮立ちさせる。

 

f:id:edajun:20211015112708j:plain

5. 冷凍うどんを凍ったまま入れる。うどんが溶けてほぐれてきたら軽く混ぜて、火を止める。

 

f:id:edajun:20211015112659j:plain

6. 器によそい、パクチーを添える。

 

トマトの甘さとクミンの香りが楽しめます

f:id:edajun:20211015112634j:plain

トマトのうま味が溶け込んだスープは、トマトケチャップも加えることでコクが出て、深みのある味わいに。じっくり炒めたクミンの香りもよく合います。うどんを食べ終えてスープが残っていたら、ぜひご飯を入れて、最後の最後まで味わい尽くしてください。

具材はなす以外にも玉ねぎやピーマン、ズッキーニなどを使っても美味しいです。パクチーに代えてバジルをのせるのも◎。温かいものが恋しくなるこれからの季節におすすめですよ。

 

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン

料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。著書に『パクチー!パクチー!パクチー!』(NHK出版)、『野菜たっぷり具だくさんの主役サンド150』(誠文堂新光社)、『毎日食べたい!お粥ごはん』(パルコ出版)。2021年6月発売の『できるだけうちにある調味料で作る!エスニックつまみとごはん』(主婦と生活社)では、スーパーでも手に入る調味料とハーブを使って、なじみのある材料でちゃちゃっと手軽に作れる、台湾、タイ、ベトナム、韓国、インドネシア、フィリピンなど各国の人気料理115レシピを紹介。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る