【まとめ買い】噂の「パンストック」 「めんたいフランス」と一緒に買いたいパン【福岡】

f:id:mesitsu_lb:20161202164834j:plain

パン好きな方で知らない人はいないのではないでしょうか。福岡県の箱崎にある「パンストック(pain stock)」。各メディアでも取り上げられ、なんと全国各地からお客さんが訪れます。

 

福岡の「めんたいフランス」といえばすぐに「パンストック」の名前があがりますが、他のパンも「冷凍しても美味しい!」と大好評。訪れるお客さんの中には、両手いっぱいに袋を提げて帰られる姿もよく目にします。

 

今日は、そんな「まとめ買い」にオススメのパンをご紹介したいと思います。

 

f:id:mesitsu_lb:20161202164837j:plain

ヨーロッパのような、石造りのオシャレな外観。

 

「パンストック」にたどり着いてすぐ気付くのが、高温で焼き上げられる、甘くていい香り。パン屋さんというよりも、焼き菓子屋さんに近い香りです。 

f:id:mesitsu_lb:20161202164841j:plain

店内はハード系のパンから、食パン、スイーツ系のパンまでがずらりと並びます。一つひとつに丁寧な説明がされていて、ゆっくりパン選びを楽しめます。

 

f:id:mesitsu_lb:20161202164844j:plain

試食して、納得したものを買って欲しいと、試食のボリュームもしっかりあります。これはうれしいですね。

 

f:id:mesitsu_lb:20161202164846j:plain

▲めんたいフランス 330円


言わずと知れたNo.1商品。焼き上がりと同時になくなっていきます。常連さんは、焼き上がりに合わせていらっしゃるようですよ。この日は、外国からの観光客の方も買いに来られてました!

 

さて、そんな「めんたいフランス」ですが、外がサクッ、中がふんわり、モッチリ。めんたいと自家製マヨネーズ、バターがたっぷり使われています。端から端までたっぷり。めんたいも少しピリッとしていてうまい。決して小さくはないのですが、あっという間に完食してしまいますよ。

 

まとめ買いにオススメのパン6選!

f:id:mesitsu_lb:20161202164848j:plain

さて本題です。

まずは、「『めんたいフランス』以外のベスト3」です。

 

No.3「キビック」 150円

f:id:mesitsu_lb:20161202164856j:plain

モチモチしたクリームパンですが、シュークリームのようでもあります。

星を持つレストランで活躍される料理人の方も「初めて食べた!」と絶賛されたとのこと。「キビック」のような、スイーツ系のパンは、いろいろな味を楽しめるよう手のひらサイズで作られているのもうれしいですね。

 

No.2「メロンパン・パリゴウ」 150円

f:id:mesitsu_lb:20161202164853j:plain

外側が通常のメロンパンより固め。時間がたってもサクッとした食感を味わえる、うれしいメロンパン。クッキー生地が癖になります。

 

No.1「カカオショコラ」250円

f:id:mesitsu_lb:20161202164850j:plain

あまりの好評で、他のお店でもよく似たパンを見かけるようになりました。

チョコチップを練りこんだパン生地でショコラの味が濃いのが特徴です。ダークチョコ、ミルクチョコの2種類が使用されているので、味のアクセントもあり、ガトーショコラと、パンの中間のようなぜいたくさです。

 

そしてお次は、「お店のオススメベスト3」です!

 

オススメNo.3「パンストック」(ホール)520円/(ハ―フ)260円

f:id:mesitsu_lb:20161202164903j:plain

f:id:mesitsu_lb:20161202164906j:plain

お店の名前でもあるパンです。表面はしっかり歯ごたえがありますが、見た目と違って中にはシュー生地のような気泡がたくさんあり、モチモチした食感を味わえます。

素材をいかした自然の味だから、保存用にもオススメです。

 

オススメNo.2「パン・ド・ミ・ドイツ」350円

f:id:mesitsu_lb:20161202164901j:plain

ヨーグルトを使うことで、しっとりした生地に仕上がります。

そして、ハチミツがはいっているので、グルテンを適度に切ってくれてモッチリ仕上がるのだそうです。そのまま食べてもふんわり甘くて、心地良い気分になれる食パンです。

 

オススメNo.1「クルミとレーズンのルヴァン」(大)350円/(小)220円

f:id:mesitsu_lb:20161202164858j:plain

ハード系のパンで、外側はしっかりとした歯ごたえがあり、内側がモッチリ。

クルミを使うことで、クルミの油分が生地全体に行きわたって、しっとり感がでるのだとか。また、レーズンとクルミも惜しみなく使っているから、ぜいたく感が半端ありません!世界で活躍されている料理人の方も感動されたそうです。

 

オーナーの平山さんにインタビュー

「パンストック」のパンは調理系を除いては、ほとんどが2週間冷凍しても美味しく食べられるということで、その理由をオーナーの平山さんに教えてもらいました。

f:id:mesitsu_lb:20161202164908j:plain

「冷凍しても美味しく食べられるのは、ゆっくり作っているからです。」と平山さん。

発酵させる時間を長くしているので、時間をかけて作られている分、劣化するのもゆっくりなのだそう。

 

特に時間がたってもパサパサにならないよう、生地の水分量を多くしているところにも
ポイントが。粉と水の結合時間を長くすることでモチモチした食感が生まれるそうです。

 

うまさの秘密についても尋ねたところ、1番大切にしているのは、「身体に良いものを」ということ。美味しさを追求するあまりに、本来の食べ物とかけ離れすぎてしまわないように心がけているそうです。

 

お店に着いたときの甘いお菓子屋さんのような香りも、バターや砂糖など、添加物ではなく自然のものだけで作り上げられているから。例えばマヨネーズも、京都から酢を取り寄せて作る自家製……素材をいかしたパンづくりをされています。

 

素材の味をいかしながら、なるべく人工物を使わずに仕上げていくと、「パンストック」のパンの味になるのだとか。今では、「パンストック」で修業された方も独立されて、素敵なお店が増えてきました。メニューも他のお店でも見かけるようになりましたが、まねされてももっといいものを作ろうと、同じものでも少しずつマイナーチェンジをして進化しているのだそうです。


また、いろんな人とコラボレーションをしながら、グルテンに代わる特殊加工された米で作るパンの研究なども同時に行われています。これからのテーマは「Japan」なのだとか。また、新しくみんなを喜ばせてくれるものがお店に並ぶ予感。楽しみです。

 

哲学的で遊び心も忘れない……オーナーの平山さんの生き方がパンにつながっています。パン好きじゃなくても一度はぜひ訪れて欲しいパン屋さんです。

 

f:id:mesitsu_lb:20161202164911j:plain

調理系のパンもありますよ。

 

f:id:mesitsu_lb:20161202164913j:plain

パンの種類によって、ちょっぴり小ぶりのパンも。

 

f:id:mesitsu_lb:20161202164916j:plain

フランス菓子のカヌレや、ドイツのシュトレンなども本格的です。

 

f:id:mesitsu_lb:20161202164918j:plain

本当に居心地の良い、素敵なお店なのです。

 

f:id:mesitsu_lb:20161202164839j:plain

お店情報

パンストック (pain stock)

住所:福岡福岡市東区箱崎6-7-6
電話番号:092-631-5007
営業時間:10:00~19:00
休日:月曜日・第1、第3火曜日
Facebook:パンストック

※金額はすべて消費税込です。
※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

 

書いた人:安藤エリカ

安藤エリカ

福岡県出身。1984年生まれ。地元情報誌の制作や編集を経て、ライターに。飲食店に行くことの楽しみは、美味しい料理と雰囲気。お酒も大好きです。

過去記事も読む

トップに戻る