読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メシ通 Produced by RECRUIT

食のこだわりと食欲を満たすためのWebマガジン

  • ブクマする
  • フォローする
  • フォローする
  • フォローする

ここでつくってここで飲む! できたてクラフトビールが飲めるブリューパブ「高田馬場ビール工房」

東京 ビアバー クラフトビール 食レポ 工藤真衣子

f:id:Meshi2_IB:20160426133437j:plain

高田馬場の一角にビール工場!?

高田馬場で気になるお店を見つけました。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133438j:plain

オープンテラスのあるおしゃれなカフェ?

と思ったら、外からこんなゴッツいタンクが見えます。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133439j:plain

ビールタンク!?

阿佐ヶ谷ビール工房より受継いだ、伝統のビールタンク!!

店内の工房でこしらえたビールを貯蔵します。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133440j:plain

なんと、ここでビールを作っているんですね! 

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133441j:plain

クラフトビール(小規模なビール醸造所でビール職人が作るビール)というのは聞いたことありますが、都会のこのくらいのスペースでも作れるものだとは知りませんでした。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133442j:plain

こちら、「高田馬場ビール工房」は2016年2月にオープン。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133443j:plain

内装、設備などはほとんどがスタッフの手作りによるもの。温かみのある、落ち着く雰囲気です。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133444j:plain

テラスのプランターから芽を出していたのは、ビールの原料になるホップです。

これを大きく育てて、いずれはホップのカーテンにしようという目論見だそうです。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133445j:plain

店内入り口近くには、このようにビールタンクがずらり。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133446j:plain

ビールは日替わりで、毎日5、6種類くらいが出ています。

こちら「ビール工房」は、2010年に「高円寺麦酒工房」から始まり、その後、阿佐ヶ谷、荻窪、中野、西荻窪と中央線沿いに店舗を増やし、高田馬場は6店舗目です。

 

「開業当初から地元の方々に根付いた街のビール屋さんでありたいという思いでやってまいりました。ここ高田馬場は学生さんやビジネスマンも多いので、学校や会社終わりに気軽に寄っていただけるようなお店でありたいですね」(広報・坂本さん)

 

確かに、とても入りやすい雰囲気の明るく、でも落ち着くお店です。

そして、ビールの価格もリーズナブル。クラフトビールというと、今までは美味しいけれど割高というイメージだったのですが、こちらのお店だったら気軽に普段使いできそうです。

 

こちらが本日のビール6種類。

f:id:Meshi2_IB:20160426133447j:plain

ビールの価格は種類によって違い、グラス(300ml)400~500円、ボトル(500ml)600円~700円、タル(1,800ml)1,800円~1,900円です。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133448j:plain

定番は、ブロンド、LBA、ペールエールあたり。キウイエールは静岡県の天竜川から届いたフレッシュなキウイを使用。原材料はできるだけ産直素材を使用しているそうです。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133449j:plain

ちなみに、ボトル、タルはこんな感じ。ボトル700円、タル2,500円と書いてあるのは、入れ物の本体価格です。

このボトルとタルで、好きなビールをテイクアウトすることもできます! 

プラスチックのコップにグラス(300ml)量でのテイクアウトは100円増し。

近所の方は、ボトル、タルがお得ですね。自前の入れ物でのテイクアウトもOKです!

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133450j:plain

店内の奥にはビールを醸造している工房があります。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133451j:plain

この醸造タンクで1週間~10日間で醸造してビールが出来上がります。出来上がったビールは店内の貯蔵タンクに移されます。

 

弊社のビールは、すべて店内に併設された工房で醸造しています。醸造家でもある各店の店長はそれぞれの店にレギュラービールをラインナップしつつ、それ以外のビールについては醸造部がレシピを開発しています」(坂本さん)

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133452j:plain

杉並から始まった企業ですので、杉並区にて自社農園も準備中です。これまで輸入に頼っていたビールの原材料を始め、食材なども自社農園で作ったものに切り替えていく予定です」(坂本さん)

 

なんと、完全東京産のビールができるのですね!

f:id:Meshi2_IB:20160426133453j:plain

そして、こちらのビールサーバーもスタッフの手作りです。貯蔵タンクから細い管を通ってきたビールがここから出るのです。

 

では、早速いただいてみましょう!

f:id:Meshi2_IB:20160426133455j:plain

広報担当の坂本さんが注いでくれます。こちらは、ブロンドです。

「ビールと泡が7対3になるよう、調節しながら注ぎます」(坂本さん)

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133456j:plain

美しいビールできました!

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133457j:plain

そして、こちらはコーヒービール。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133458j:plain

こちらも美しくできました!

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133459j:plain

左から、キウイエール(500円)、ブロンド(400円)、コーヒービール(500円)です。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133500j:plain

ビールのつまみの定番、フィッシュアンドチップス(ダブル:1,200円)。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133501j:plain

カリッと揚がっていて、量もたっぷりです!

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133502j:plain

こちらは、ランチメニューのBLTホットサンド(サラダ付きで500円)。

昼間からこんなつまみで一杯やるのもいいですね!

 

さて、こちらのシステムは半セルフサービス。ノーチャージです。

f:id:Meshi2_IB:20160426133503j:plain

こちらの卓番札を持ってカウンターで注文、飲みものはその場で受け取って、料理は出来てから持ってきてくれます。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133504j:plain

調味料、食器などはこちらからどうぞ。

いよいよ、ビールをいただいてみましょう!

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133505j:plain

まずは、キウイエールを。

ゴクゴクゴク……。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133506j:plain

ぷは~っ!

これはフルーティ!

爽やかな香りと酸味、苦味は少なく、まろやかなコクがあります。

 

これは、普段ビールを飲まない人でも美味しくいただけるんじゃないでしょうか。

 

さあ、つまみにフィッシュアンドチップスもいただきましょう!

f:id:Meshi2_IB:20160426133508j:plain

f:id:Meshi2_IB:20160426133509j:plain

よくイギリス帰りの人が、フィッシュアンドチップスはイギリスより日本の方が美味しいって言いますが、きっと本当ですね。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133510j:plain

サクッとした揚げ具合といい、ボリュームといい申し分ないです!

ポテトもたっぷりです。

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133507j:plain

お次は、コーヒービール。

これは……びっくりするほど、コーヒーです

 

f:id:Meshi2_IB:20160426133511j:plain

香りがまるっきりコーヒーです。でも飲むと後口がビールだという不思議な飲み物です。

ランチタイムに、ホットサンドと一緒にいただくのにぴったりですね。

ホットサンドのパンも北海道産の小麦粉「春よ恋」を使った自家製で、表面サクッと噛みしめるともっちりで美味しいです。

 

こちらはブロンド。

f:id:Meshi2_IB:20160426133512j:plain

まろやかでとても飲みやすいビールです。でもやっぱりふわ~っと香る爽やかな香りとコクはクラフトビールならでは。

 

そして、自家焙煎の水出しコーヒーもあります。仕事中で飲めない方などはこちらをどうぞ!

 

夜もノーチャージなので、チョイ飲みにも良いですね。

個人的には、とても使い勝手の良いお店が近所にできてうれしい限りです!

 

さてさて、こちら「高田馬場ビール工房」では、一緒に働いてくれる店員さんも大募集中だそうです。

お店のサービスをしながら、醸造したり、店舗を作ったり、農園で働いたり、など色々な体験ができる、自分のアイデアを生かせる職場だそうですよ。興味のある方はお店に来るか、お店のブログを見てくださいね。

 

でもまあ、とりあえず、

飲みに行ってみるのがいいんじゃないでしょうか!

 

※ 金額はすべて消費税込です。

 

お店情報

高田馬場ビール工房

住所:東京新宿高田馬場1-29-2 恒栄ビル1F
電話番号:03-6457-6410
営業時間:ランチ:11:30~14:30
<月曜日~土曜日> ディナー:17:00~23:00 
<日曜日・祝日> ディナー:17:00~21:00 
定休日:年中無休(年末年始を除く)
ウェブサイト:高田馬場ビール工房

 

f:id:Meshi2_IB:20151028195230j:plain

書いた人:
工藤真衣子

カメラマン。美しい女性が好きなのでグラビア、音楽が好きなのでライブ写真、映画やドラマが好きなのでテレビドラマのスチール写真、美味しい食べ物が好きなのでグルメ雑誌など、素敵なものを愛を込めて撮るお仕事をしています。趣味は美味しい料理を作って食べること。

トップに戻る