筍や椎茸の砂糖漬け! 日本古来の蜜菓子「五智果」がなんかすごい【日本全国3,000円以内お取り寄せリレー】

f:id:uralatokyo:20151116001339j:plain

 

これ……な~んだ。

f:id:Meshi2_IB:20170414151026j:plain

くるりと巻いたかさ。無数のひだ。

砂糖がかかっているのが見えますが……。

 

うん。

f:id:Meshi2_IB:20170414151129j:plain

椎茸だっ。

外側はカリッと爽やかな甘味、しかし、中は椎茸そのものの風味だっ!

斬新。

きのこの新しい食べ方来たコレ。

 

これが何かと言うと、大阪は八尾市に本店を持つ、大正14年創業の和菓子店「桃林堂」の蜜菓子「五智果」だっ!

 

そいでこの蜜菓子っていうのは、日本古来より伝わってきた食料保存のための伝統的な菓子だっていうじゃないの。

 

あ、新しくない。

けど、一周(だか何十周だか)して新しい!

 

見てよ~。すごいんだから。

f:id:Meshi2_IB:20170414151329j:plain

セロリ!

サクッと爽やかな甘味が第一インプレッション。その後セロリ特有の香りがふわっと漂います。

 

f:id:Meshi2_IB:20170414151449j:plain

f:id:Meshi2_IB:20170414151842j:plain

まさかの小茄子!

身がしっかりとあって、小茄子のにくのうま味と香りがばっちり。

熟練の職人さんがじっくりと蜜の中で炊き上げているというだけあって、へたまでおいしく食べられちゃいます。

 

f:id:Meshi2_IB:20170414152045j:plain

筍!

私がこの世の食物の中で最も愛する、筍!

 

期待に満ちて一口サクっとな。

香りが強い!

たけのこの素晴らしき歯触りと香りをいかしにいかしてい~る~!

 

これって、職人さんの腕や伝えられてきた技のすごさがあってなのは当然のことながら、何より素材自体がよくなくっちゃ始まらない話です。

 

「桃林堂」によると

 

国産の果実と野菜のみを使用
深い天然の滋味をたたえた自然に備わる風味を大切に
四季折々の丹精を尽くしてる

 

ということで深く納得ですよ。

f:id:Meshi2_IB:20170414152137j:plain

蓮根、サックサクで、甘すぎず、おいし~!

 

f:id:Meshi2_IB:20170414152235j:plain

人参、外がカリッとしていて、中は人参自体の柔らかさと爽やかな甘味。

えぐみが一切なくて、お菓子として完全に成立しています。絶品!

 

f:id:Meshi2_IB:20170414152344j:plain

砂糖漬けといったらの、生姜

薄くスライスされていて、軽い歯触り。生姜特有のピリッとした辛さと甘味が、のどにジンジン効きますわ。

 

遅まきながら、今回取り寄せてみた「五智果 赤箱・緑箱・黄箱 各1箱詰め合わせ」3,014円(送料別)の全貌だっ!

 

紋、かわええ。

f:id:Meshi2_IB:20170414152536j:plain

 

もも~。 

f:id:Meshi2_IB:20170414152616j:plain

 

ご開帳。

f:id:uralatokyo:20151116002511j:plain

すてき。平安時代の貴族の衣を思わせますね。

 

それぞれの箱には

f:id:uralatokyo:20151116002537j:plain

緑の包:牛蒡(ごぼう)、人参、椎茸、金柑(きんかん)、セロリ

牛蒡は歯触りがよく、土の香りが鼻梁(びりょう)をくすぐります。金柑は安定のおいしさ! 手が伸びてとまりません。

 

f:id:uralatokyo:20151116002559j:plain

赤の包:蕗(ふき)、洋梨、八朔(はっさく)、無花果(いちじく)、蓮根

蕗は甘味が繊維に染み出て、かみ締めていると蕗の風味に。意外と紅茶が合いそうでしたよ。洋梨は干し芋のような、栗のような、ナッツのようなコク。ブランデーいけるかも。八朔は、皮のピール。蜜の甘味のち苦みが来て、そんじょそこらのピールには及ばぬ高級感! お抹茶が合いそう。

 

今さらですが、合いそうな飲み物の紹介を挟んでみました。

 

f:id:uralatokyo:20151116002624j:plain

黄の包:筍、梨、瓜、小茄子、生姜

梨はコンポートを薄い砂糖の膜で閉じ込めた感じ。おいし~。瓜はジェリーみたいになっていて、子ども受け間違いなしですな!

 

どれもこれもが素材の一番いいところを引き出していて、素材ごとにおいしい喜びがありました。

 

帰省時の手土産に、ちょっとしたプレゼントに、ちょっと「やるな」と思われるこんなお菓子は、どげんですか?

 

商品情報

風土菓 桃林堂
青山表参道本店 ・桃林堂画廊

 

住所:東京都港区北青山3-6-12 ヒューリック青山ビル1階
電話番号:03-3400-8703 
営業時間:10:00~19:00(月曜日のみ~17:00)
定休日:1月1~3日
ウェブサイト:風土菓 桃林堂

※この記事は2017年3月の情報です。
※金額はすべて消費税込です。

 

書いた人:稲葉史

稲葉史

甘いものも好きなら辛いものも好きな、要するに食いしん坊の今年四十路。人形町の居酒屋とマレーシア料理店にはちょっと詳しい。男性に、ちょっと素敵なレストランに連れて行ってほしい……とか遠い昔の願望がぶり返してきている3児の母。最近発した一番長い独り言は「(ホットペッパーを見ながら)ああ~、こんなお店に連れていってほしい~ん」。むなしい。

過去記事も読む

トップに戻る