リアル竜宮城!「船長の家」がすごい! 食べきれない量の海の幸が並ぶ宿【北海道】

f:id:mesitsu_lc:20170324104555j:plain

ビリっ!

今、絶対胃袋破けた気がする!

 

すんごい宿を見つけてしましました。

1泊2食付でひとり8,640円。


この激安価格設定で、
カニやらカキやら刺身やら!

テーブルにのりきらない量が登場するのです。

 

さらにすごいのは。
食べきれなかったカニはお持ち帰り!
追加量、なし!

 

もう、うれしいを通り越し、「恐怖」すら感じる宿。
北海道・サロマ湖のほとりをご紹介します。

 

やってきましたサロマ湖

f:id:mesitsu_lc:20170407174609j:plain

札幌から高速道路で約4時間。

北海道のとんでもない広さを痛感しております。

 

食の宝庫で食べ歩き、メシ通レポーターの裸電球です。
今回はすごいです。

「リアル竜宮城を発見してしまいました!

 

f:id:mesitsu_lc:20170407174704j:plain

サロマ湖、とはいうものの海水が流入しているんです。

だから、カキやホタテの養殖が盛ん!

もちろんサロマ湖の先は海ですから、
魚介類もたくさん!

 

夢のような場所なのです。

 

今回の宿はこちら!

f:id:mesitsu_lc:20170324104548j:plain

f:id:mesitsu_lc:20170324104549j:plain

すごい名前ですよね。

「船長の家」なんてもう!

魚がモリモリの予感しかしませんよ。
早速チェックイン。

 

ちなみに妻と子ども、友達夫婦で来ました!

f:id:mesitsu_lc:20170324104545j:plain

ロビーには橋が架かっているではありませんか。

すごいネーミングだな……

「成金橋」ですって!

この橋を渡った向こう側が、食堂やお部屋になっています。

f:id:mesitsu_lc:20170324104543j:plain

館内のオブジェも漁師感ムンムンです。

おそらく漁に使うカゴですよね。

このような飾りがあちこちにあります。

その時、視線を感じ、振り返ると……。

 

f:id:mesitsu_lc:20170324104542j:plain

おおおお!

壁のあちこちに、大きな魚を抱えた船長が!

海に市場にと、大変忙しい方で、
今回の旅では残念ながらお会いすることができませんでした。

 

f:id:mesitsu_lc:20170324104541j:plain

「船長の家」で船長に会う。

それって、テーマパークで主役キャラに会うくらいの感動でしょうね。

 

お会いできたなら。
一緒に写真を撮ってもらいたかったです。

この「ちょうざめ」のように、うちの子どもも抱っこしてもらいたい!

 

f:id:mesitsu_lc:20170324104535j:plain

長旅の疲れをいやすべく、「サロマの湯」へ!


風呂上りはビールをシュコっと飲みながら、
晩ご飯の時間を待ちます。

f:id:mesitsu_lc:20170324104534j:plain

こんなクイズも用意されていました。


全問正解するとカキなどが抽選で当たるんですって!
また、夕食後にクジの引換券になると!

飽きさせない工夫がいっぱいです。

 

f:id:mesitsu_lc:20170324104536j:plain

放送が流れます。

「夕食の準備ができました」

よっ!
待ってました!!

食堂からお客さんの、叫び声にも似た歓声が聞こえてきます。

 

夕食がとにかくすごい!

f:id:mesitsu_lc:20170410174223j:plain

ええっとですね。

これ、あってます?

今写真に写っている部分。
これで「2人分」です。

 

f:id:mesitsu_lc:20170410174310j:plain

4人で行ったので、圧巻。
貴族のテーブルみたいになっています。

ちなみに息子は人数に含まずですからね!
大人4人に対し、椅子が倍なんです!

 

f:id:mesitsu_lc:20170324104552j:plain

f:id:mesitsu_lc:20170324104551j:plain

カニもこれで2人分。

毛ガニ、ズワイ、タラバと3大ガニが勢ぞろいです。

毛ガニにいたっては、1人1杯ですからね。
これだけで宿代の8,640円分、ありそうです。

 

まだまだ! 次々と運ばれる料理

f:id:mesitsu_lc:20170324104604j:plain

サロマといえば、カキのブランドですよ!

目の前でとれた新鮮ぷりぷり。

テーブルの上の料理だけでなく、
どんどん運ばれてくるんですよ。

こうなると、喜びを通り越し、
若干の「恐怖」すら感じるボリュームです。

 

f:id:mesitsu_lc:20170324104603j:plain

f:id:mesitsu_lc:20170324104605j:plain

さっきのカニとは別に。

そう……別なのです!

カニしゃぶもありました。
身が甘くて最高!

 

f:id:mesitsu_lc:20170324104600j:plain

さっきのカキとは、これまた別に!

昆布の上で焼いて食べたり……

 

f:id:mesitsu_lc:20170324104557j:plain

大きな白貝が登場したり……

 

f:id:mesitsu_lc:20170324104554j:plain
刺身も外せません。
さらに……

f:id:mesitsu_lc:20170324104553j:plain

f:id:mesitsu_lc:20170324104558j:plain

f:id:mesitsu_lc:20170324104606j:plain

カニメシや海鮮グラタンなどなど……。

これで全ての料理じゃないのです!

まだまだありました。

船長の波状攻撃、恐るべし!!

気絶。

 

一夜明け、朝です

f:id:mesitsu_lc:20170324104546j:plain

おはようございます。

一夜明け、まだ満腹です。

あれからも汁物が登場したりと、
長い長い宴になりました。

あまりの品数に、泣く泣く割愛。
是非、体験していただきたいです。

お腹を空かせるために早朝散歩して朝食に挑みます。

 

f:id:mesitsu_lc:20170324104608j:plain

ご飯が進むありとあらゆる魚介類。

気づいたら、昨日から肉は食べていませんね。

魚、魚のオンパレード。
いや、すばらしい!

「船長の家」は、
「サロマ湖がウチの冷蔵庫」という考え方。
なんですかそれ! 最高ですね!!

 

朝食の後のお楽しみ

f:id:mesitsu_lc:20170407174757j:plain

館内アナウンスに促され、宿の外へ。

そこには海の幸を買える市場が!
お土産などを買うことができるんですね。

f:id:mesitsu_lc:20170407174850j:plain

昨日の晩、例の魚クイズでくじ引きに参加。

ぬか漬けと干物が当たりました。

 

f:id:mesitsu_lc:20170407174826j:plain

お土産、タダでもらっちゃいました。

干物です。
すごく立派で重たい!

f:id:mesitsu_lc:20170407174819j:plain

このカニは……買ったものではありません。

昨日の夕飯の余ったやつです!


冷凍してくれて、お土産にできるなんて!
これも無料。

ということは、ホントに宿代の8,640円しか使っていません。
ありえないです、「船長の家」!

 

帰宅しても終わらない

f:id:mesitsu_lc:20170407174803j:plain

昨晩の残りのカニで、今夜も楽しみます。

毛ガニが2杯、それにタラバが2足、ズワイも結構あります。

普通に「カニパーティー」で用意するレベル。
改めて……恐るべし!

 

f:id:mesitsu_lc:20170407174809j:plain

ということで。

北海道民でも驚愕(きょうがく)のメシ宿。

「船長の家」でした。

筆者・裸電球の家では、毎年恒例の行事にしたいと思います。
とにかく、胃袋が破けるほどに、魚介類の波状攻撃。

船長の企業努力、素晴らしすぎます!

みなさんも、満腹旅行はいかがですか?

 

お店情報

漁師丸 船長の家 

住所:北海道北見市常呂町栄浦 サロマ湖畔
電話番号:0152-54-1111
営業時間:チェックイン 15:00
              チェックアウト 10:00
ウェブサイト:サロマ湖「船長の家」公式サイト

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年3月の情報です。
※金額はすべて税込みです。

 

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。

過去記事も読む

トップに戻る