赤字丼の「いわき」を直撃取材!もうかっているか聞いてきた【北海道】

f:id:mesitsu_lc:20170624063054j:plain

お客さんがお店を心配してしまうような、
ショッキングなネーミングのドンブリを見つけました。

新千歳空港へと向かう道に。
とびきり目立つ看板があります。

その名も「赤字丼」

ちょっとまってくださいよ。
赤字って……。

それ以外の情報、お店の名前すら書かれていないのです。
どんな料理が登場するのか!?

長沼町の「いわき」をご紹介します。

 

新千歳空港から好アクセス

f:id:mesitsu_lc:20170624063205j:plain

食の宝庫、北海道で生まれ育ち、
ちょっとこの大地はやりすぎなんじゃないだろうかと気づいた、
メシ通レポーターの裸電球です。

ネーミングが「赤字丼」ですよ!
それ以外の情報なし、お店の名前すら書かれていません。

予想するに、赤字覚悟の料理なのでしょうか。
もうかっているか単刀直入に聞いてきます!

 

f:id:mesitsu_lc:20170624063241j:plain

看板にあった唯一の情報、「町立長沼病院前」を頼りにやってきました。
「赤字丼」の文字を発見、ここですね。

今回ご紹介する「いわき」です。

f:id:mesitsu_lc:20170624065658j:plain

とてもきれいで立派な外観が登場です。
赤字でヒーヒーな感じはしません。

もしかしてだまされた?

 

f:id:mesitsu_lc:20170624063313j:plain

f:id:mesitsu_lc:20170624063422j:plain

店内にお邪魔しました。


1階はテーブル席、2階はとにかく広い小上がり。
さらに会食ができる個室もありました。

 

謎のメニュー「赤字丼」を注文

f:id:mesitsu_lc:20170624065811j:plain

厨房に潜入!


どんなメニューなのかドキドキしますね。
お、天ぷらを揚げています!

f:id:mesitsu_lc:20170624065847j:plain

待って待って。
エビ、大きくないですか!
フライヤー、もう隙間ないじゃないですか。

 

これが「赤字丼」だ

f:id:mesitsu_lc:20170624063658j:plain

▲赤字丼 1,350円

なんということでしょう!
ドンブリからはみ出した大きなエビ天。

それも5本も入っています。
しかもお値段、1,350円。

ハハハっ……。
これはお客さんが心配するのもわかります。

f:id:mesitsu_lc:20170624064507j:plain

まるで「イカダ」じゃないですか。

メタボな世界へ、冒険に出る準備が整いました。
丸太を並べたかのようなエビ天です。

f:id:mesitsu_lc:20170624063854j:plain

手と比較してみたら、
なんだかピアノの鍵盤のようにも見えてきます。

なんという大きさでしょう!

 

量が多いだけじゃなくおいしい!

f:id:mesitsu_lc:20170624064619j:plain

揚げたてで衣はサクサク。
そこに甘辛いタレがジュワっとしみています。

箸で持ち上げてみると……プルプルします。
筋トレのようです。

 

f:id:mesitsu_lc:20170624064543j:plain

大人が大きな口で食べても、
しっぽまで3〜4口はありそうです。

f:id:mesitsu_lc:20170624063740j:plain

スマートフォンも小さく見えますね。
これは本当に赤字かもしれません。

常務の岩城さんにお話をうかがったところ、
「赤字丼」が誕生したのは昭和57年(1982年)頃。

f:id:mesitsu_lc:20170624063620j:plain

「エビ丼」という名前で販売していましたが、
名前と器が変わっただけで、大きさは今のまま!

お客さんから「これ、赤字じゃないの?」と
言われたことから、「赤字丼」になったそうです。

 

ズバリ聞いちゃいましょう!

f:id:mesitsu_lc:20170624064119j:plain

常務の岩城さんです。
名物「赤字丼」は北海道の人のみならず、
新千歳空港からのアクセスの良さもあり、道外の方からも人気とのこと。

ぶっちゃけ、もうかっているんですよね?

 

f:id:mesitsu_lc:20170624064157j:plain

その顔、
やめてください!

どっち? え、どっち?
なんとも言えない表情で遠くを見ています。

そして一言、
「原価が本当に高くてねぇ……」

 

f:id:mesitsu_lc:20170624063817j:plain

ありがとうございます、もう十分です。
涙して食べます。

ちょっと待って!
ここで意外な事実が。

メニューをみると、なんと「黒字丼」もあるではありませんか。

 

f:id:mesitsu_lc:20170624064006j:plain

▲黒字丼 1,458円

赤字だけかと思ったら、
岩城常務!

「黒字丼」なんてメニューもあるじゃないですか。
こちらは北海道らしい!

大量のズワイガニの天ぷらがのっています。
そしてお値段が1,458円。

だめだ!
黒字の気がしない。

f:id:mesitsu_lc:20170624064655j:plain

これ、観光地で食べたらもっと高いですよ。
1,000円高くても、まったく不思議ではありません。

f:id:mesitsu_lc:20170624063930j:plain

こちらもサクサクで最高の揚げ加減です。
赤字があるなら、黒字もということで開発されたメニューとのこと。

原価の高いズワイガニをこれでもかと使っていますと、
岩城さんがまた遠い目をしていたので、慌てて話を変えました。

 

赤と黒があるなら……白もだ!

f:id:mesitsu_lc:20170624064235j:plain

f:id:mesitsu_lc:20170624064312j:plain

▲白字丼 1,242円

本当に「いわき」は面白いお店です。
もう、色で攻めていますからね。

 

f:id:mesitsu_lc:20170624064731j:plain

白もすごいボリューム、彩りもキレイです。
こちらは豚肉なんですね、それにしても量があります。
大きなお肉が2枚ものっていましたよ。

わさびの風味が効いたマヨネーズが食欲をそそる一品です。

お店は仕出し料理店としても人気のため、
土日は食堂の営業はしていません。

平日も15時までで、夜の営業はしていないので、
狙ってお店に行くしかありません。

 

f:id:mesitsu_lc:20170624063345j:plain

このあたりの徹底ぶり。
赤・黒・白と商標登録済み!

さらに……。

f:id:mesitsu_lc:20170624065619j:plain

使用するご飯は地元長沼のお米。
なんと「赤字米」というから驚きます。

f:id:mesitsu_lc:20170624065540j:plain

「赤字丼」のタレや赤字漬。
とにかく赤字が続きます。

経営者だったらゾッとする単語の雨あられ。

 

お客さんに喜んでもらいたい、ただそれだけ!

f:id:mesitsu_lc:20170624064353j:plain

岩城さんのなんともいえない表情が忘れられませんが、
根本にはおいしいものをリーズナブルに出したいという、
開店当初からのお店の思いが詰まっていました。

ということで。
新千歳空港や札幌市からも近い長沼町で「赤字丼」はいかがですか?

見ただけでギブアップしてしまいそうな、
サービス精神が「やりすぎ」のお料理に出会えますよ!

お店情報

いわき

住所:北海道夕張郡長沼町中央南1丁目6-30
電話番号:0123-88-0122
営業時間:11:00~15:00
定休日:火曜日・土曜日・日曜日

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年7月の情報です。
※金額はすべて消費税込です。 

 

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。

過去記事も読む

トップに戻る