今年のBBQは鶏肉で!その道のプロ「東千歳バーベキュー」でコツを聞いてきた

f:id:hadaka_denkyu:20180403204109j:plain

ポカポカ陽気がやってきた。

そう、バーベキューの季節到来!

さあ、肉を焼こうじゃありませんか。

 

ワイルドに焼き上げて、みんなでワイワイ。
やっぱりバーベキューはたまりませんね。

 

ところで……。
フッと思ったんですが。
「焼くコツ」ってあるんですかね。

 

ああ、気になってきました!

私の住む北海道で調べてみたところ。
ありましたよ、専門店!

 

しかも……焼くのは 鶏肉のみ という潔さ。

「東千歳バーベキュー」にお邪魔して、
おいしさのヒミツを聞いてきました。

 

行楽シーズン! 肉を焼こう!

f:id:hadaka_denkyu:20180403204134j:plain

みなさん、肉、焼いてますか?

 

鶏肉大好きなチキン野郎の裸電球です。

 

肉、海鮮、野菜。
さまざまな食材を「超絶」においしくする魔法の調理。
ああ、愛しきバーベキュー。

 

その中でも今回は。
「鶏肉」にフォーカスしますよ!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180403203743j:plain

やってきたのはこちら!
新千歳空港や札幌からもアクセスのよいお店。

 

「東千歳バーベキュー」にお邪魔しました。

すごい名前ですよね。

 

バーベキューに特化したお店で、
地元で長年愛されているのはもちろん、
道外からも、ウワサを聞きつけてやってくる食通が多いそうです。

 

まさに、知る人ぞ知る、名店。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180403203738j:plain

このお店は、お客さんが自分で肉を焼くんですって。
楽しそう!
でも、鶏肉を焼く「コツ」っていまいちわからないんですよね。

 

魚だと、「皮から先」のような焼き方がありますが、
果たして、肉はいかに。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180403204313j:plain

まわりは広大な畑が広がります。
「東千歳バーベキュー」は農業もされていて、
この辺一帯の畑で農作物を育てています。

 

旅行の方には喜んでいただけるロケーションですね。

 

ただ、自然相手の農業。
急に定休日や営業時間が変更になることもあるので、
遠方からお越しの際は、事前の電話確認をお願いします!

 

とてつもない外観がお出迎え

f:id:hadaka_denkyu:20180403203803j:plain

おおおおっ!
おおおおおっ!

 

めちゃくちゃ気合いの入った外観が。
「東千歳バーベキュー」、もうすでに「おいしい」んですけど。

 

昭和46年から3代続く、歴史あるお店。
一見すると小屋や倉庫のようにも見えますが、
バーベキューのためだけに建てられた建物だそうです。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180403203808j:plain

店内も素晴らしい!
一歩入るとこれですよ。

 

ドーンと縦に2列の炉端。
それに沿って席が並んでいます。

 

すごい規模だ……。

 

鶏肉と野菜炒め、のみ

f:id:hadaka_denkyu:20180403203754j:plain

このお店、すごいのはここ。

 

バーベキューは鶏肉のみ。
サイドメニューは野菜炒めのみ。

 

なんて潔さ。

 

それでは早速、
鶏肉バーベキューの世界を堪能しようじゃありませんか!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180403204238j:plain

お店の女将、横田さんです。
横田さんの祖父がこのお店を創業されたんですって。

 

この日はオフシーズンのお昼時を外してお邪魔しましたので、
店内は私だけでしたが、
休日ともなれば、全道各地、はたまた全国からのお客さんで賑わうお店。

 

そんな繁盛店で、じっくりと「コツ」を教えていただけるんですから。
これは保存版ですよ。

 

お好みの焼き加減、それがまた難しい

f:id:hadaka_denkyu:20180403203822j:plain

▲バーベキュー 1人前 900円

 

鶏の半身をまるごと味わえます。
お店でさばいているので新鮮そのもの!

 

セルフで焼くので、
自分好みのタイミングで食べることができるのですが、
それが楽しくも、難しい。

 

地元民の中には、
10回通って、やっと「自分好み」で焼けるようになったという人も。

 

なんだか、深そうですよ。
鶏肉バーベキューの世界は。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180403204356j:plain

鶏肉大好き、チキン野郎ですからね。
鶏肉バーベキュー、極めていきますよ!

 

席に座ると、この時点で炭の熱量を感じます。

 

良質な炭を使うのが、最初のポイント!
安い炭だと火力が安定しないそうです。

 

焼き方の「コツ」を聞いてみた

f:id:hadaka_denkyu:20180403204248j:plain

塩です。
バーベキューの師匠はこのあたりから違います。

 

栄養ドリンクの瓶でしょうか。
フタに穴が。

 

まさに「弘法筆を選ばず」なスタイル。
弟子にしてください!

 

コショウを散らして風を読む

f:id:hadaka_denkyu:20180403203836j:plain

横田さんが特別に焼いてくれました。
※通常は自分で焼くお店です!

 

なんてぜいたくな!
その道のプロの技をアリーナ席で見学です。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180403203843j:plain

味付けはお店の方がやってくれるのですが、
いたってシンプルに、塩コショウのみ。

 

両面に満遍なく味がつくように、
上からファサファサと振りかけていきます。

 

窓が開いていると風向きに影響されるので、
ゴルファーが芝を散らすように、
コショウを散らして流れを読むそうです。

 

それ、最高ですね!
メモメモ……。

 

シンプルがゆえに難しい焼き加減

f:id:hadaka_denkyu:20180403203927j:plain

炭火は中央が熱く、周辺は温度が低いので、
そのあたりも上手に使って、
満遍なく焼いていくんですね。

 

肉は厚い部分と薄い部分があるので、
いろいろな角度に回転させて焼くのもポイントです。

 

皮は脂も多く、焦げやすい部位!
パリパリに仕上げるためには、目が離せません。

 

魚のように一度返して終わりではなく、
肉の様子を見ながらコロコロとマメに返します。

 

まさに「育てている」感覚。
最高のパリパリ食感のためなら、なんのそのです!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180403204128j:plain

f:id:hadaka_denkyu:20180403204026j:plain

なぜ肉の種類が「鶏肉」だけなのか。
焼けるまでの時間に聞いてみました。

 

北海道ですと、ジンギスカンを焼いたり、
いろいろ考えられそうですよね。

 

どうして「鶏肉」しかないの?

f:id:hadaka_denkyu:20180403204054j:plain

その答えも実にシンプル!

 

他のメニューを置くと、
鶏肉の「素材の味わい」が鈍ってしまうからなんですって。

 

確かに、タレを食べたら、口の中がその味になってしまいます。
だからこそ、味付けも塩コショウのみ。

 

そぎ落とされ、洗礼された、ワイルドさ。

 

さらに、鶏肉は老若男女、幅広く食べられるのも魅力!
牛肉の塊や豚のスペアリブなど、
年齢的にちょっと……という方からも愛されています。

 

地元の方では70代、80代でも、
ペロリと1人前食べていくそうですよ!

 

こんがりと焼けました!

f:id:hadaka_denkyu:20180403204128j:plain

焼き色はついたものの、
中まで火が通ったのか、ちょっとわかりづらいですよね。
そこで、焼き加減を見極めるポイントをご紹介!

 

関節をグリグリ動かしてみて、
肉汁が透明になったら食べごろです。

 

メモメモ……。

 

みんなの前で焼く機会があったら、
この夏イチバンのドヤ顔で教えたいと思います。

 

「関節のとこ動かしてごらん。まだ赤いね、もうちょっとかも」

 

f:id:hadaka_denkyu:20180403204158j:plain

こちらが東千歳バーベキューの名物。
鶏肉を豪快に焼き上げた逸品です!

 

早速かぶりつきましょう!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180403204233j:plain

ハフハフ……。


皮はパリッパリ!
めちゃくちゃおいしい!

 

部位によってさまざまな表情を見せる鶏肉。
ムネはふっくら、モモはジューシーでたまりません。
それに手羽まで味わるなんて。

 

鶏肉バーベキュー、最強じゃないですか?

 

強烈なサイドメニューがまた最高!

f:id:hadaka_denkyu:20180403204041j:plain

f:id:hadaka_denkyu:20180403203941j:plain

▲野菜炒め 250円

 

この価格でこのボリューム!
肉を食べるなら、野菜もしっかり食べましょう。

 

それにしても、すごい量!
1人でペロリと食べておいてアレですが、
グループシェアでも十分なサイズ感です。

 

完全に鶏肉バーベキューのとりこ

f:id:hadaka_denkyu:20180403204205j:plain

口元の汚れも気にせずに、
無心でかぶりついてしまいました。
お酒との相性もバツグン。

 

なんでこんなにおいしいのでしょう。

 

家でもまねできそうなのに、絶対にこの味にならない。
シンプルなメニューだからこそ痛感しました。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180403204307j:plain

広大な畑の中にある東千歳バーベキュー。
地元・北海道はもちろん、
空港からのアクセスが良いので、
レンタカーを借りた時には、寄ってみてはいかがでしょう。
かなりディープな北海道の旅になること間違いなしです。

 

鶏肉をおいしく焼くコツもわかったので、
今年の夏はキャンプでもチャレンジしてみます!

 

東千歳バーベキュー、皆様ぜひ!

 

お店情報

東千歳バーベキュー

住所:北海道千歳市東丘920-3
電話番号:0123-21-3750
営業時間:10:30〜17:00
定休日:水曜日

※農業の状況によって定休日以外にも閉店する場合があります。遠方からお越しの際は事前のご確認をお願いします。

www.hotpepper.jp

 

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。

過去記事も読む

トップに戻る