ロイズ直営のベーカリーが「チョコレート天国」って知ってました?

f:id:hadaka_denkyu:20180610092448j:plain

 

ロイズと言えばチョコレート。ふっふっふ。今日はもう一歩、踏み込んでみませんか。北海道のお土産として有名な「ロイズ」。そんなロイズが運営するベーカリーがあるのをご存じでしょうか。

 

甘党必見! そこは「チョコレート天国」でした。

 

それにしてもこのパン、すごくないですか? 完全に出オチ! ロイズの板チョコが、一枚まるまる! ガブリとやっているような見た目。なんというインパクトでしょう! 急いで潜入してきます。

 

知る人ぞ知るベーカリーをご紹介

f:id:hadaka_denkyu:20180610092325j:plain

 

幸せの口どけ、広がる優しい甘さにカカオの香り。みなさん、チョコレートは好きですか? 裸電球です。

 

ロイズのチョコレート、皆さんもきっと食べたことがありますよね? 地元はもちろん、お土産としても大評判。そんなロイズが、ななななんと店舗によって「ベーカリー」を併設 しているんですよ。これは知る人ぞ知る情報ですよ。メモメモ!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180610092333j:plain

 

ロイズと聞いて、どんな商品が頭に思い浮かびますか? アレに目がないという方も多いのではないでしょうか。例えばそうですね、私はコレです。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180610092250j:plain

 

「生チョコレート [オーレ]」です。

 

ウイスキーと合わせるのが好きで、よく買います。駅や空港でも販売されているので、見たことありますよね?

 

f:id:hadaka_denkyu:20180610092245j:plain

 

こちらもファンが多い! 甘さと塩味の絶妙なバランスがクセになるおいしさ。

 

「ポテトチップチョコレート」

 

でも今回は、この紹介じゃないんです。ロイズと言えば思い浮かぶアレコレに、これから紹介する「この子」も入れてあげてください。

 

店内はパンの焼ける香り

f:id:hadaka_denkyu:20180610092144j:plain

 

お邪魔したのは、「ロイズあいの里公園店」です。このようにベーカリーのあるショップが道内に7店舗。ちなみに新千歳空港にもありますよ。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180610092239j:plain

f:id:hadaka_denkyu:20180610092551j:plain

 

さまざまなパンが70種類ほど並んでいます。どれもおいしそう! 焼きたてですからね、たまりません。

 

さて、本題。なんてったてここは、チョコレートのロイズ ですから!

 

甘党必見! 最高ラインアップ!

f:id:hadaka_denkyu:20180610092359j:plain

 

チョコ!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180610092412j:plain

 

こっちもチョコ!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180610092405j:plain

 

チョコ! チョコ! チョコ!

 

えへへ。なにここ、チョコレート好きにはたまらない、天国じゃないですか? おいしいに決まってるでしょ。テンションMAX!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180610092103j:plain

▲チョコメロンパン 141円

 

f:id:hadaka_denkyu:20180610092531j:plain

▲チョコドーナツ 130円

 

チョコレートの使い方が本当にすばらしい。どれも違った味わいなんですよね~。生地にココアを練り込み、チョコクリームをサンドしたメロンパンに、口どけが楽しいドーナツ。そして、この価格。天国じゃん!

 

そんな中、忘れもしません。「この子」との出合いは衝撃でした。

 

出オチ! すごいパンを発見

f:id:hadaka_denkyu:20180610092434j:plain

f:id:hadaka_denkyu:20180610092442j:plain

 

いやいやいやっ! オシャレなパンに混じってすごいのが並んでいるんですけど! ロイズの板チョコが……ザックリ刺さってる! なんという振り切ったパン!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180610092448j:plain

▲グテ 303円

 

もう、「こういう生き物」に見えてきます。バクっと大きな口で、板チョコにかぶりついているよう。グテ、かわいすぎるぞ!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180610092512j:plain

 

「もぐもぐ……チョコおいちー!」

 そんな声が聞こえてきそうなグテちゃん。ロイズさん、すごいの作ったな~!

 

見た目だけじゃないぞ、「グテ」の魅力

f:id:hadaka_denkyu:20180610092518j:plain

 

ちょっと空間あけて撮ったら、なにこの哀愁。考えるグテ。

ここで「グテ」の開発秘話を。

「グテ」とは、フランス語で「おやつ」といった意味です。チョコレートメーカーならではのパンを作りたいと考える中で、チョコレートの本場ヨーロッパでは、「板チョコレートをパンに挟んでおやつにしている」ことをヒントに誕生した商品なんですって!

 

なんだ、てっきりロイズさん、「ふりきった」のかと思ったら、本場の食べ方だったとは。それにしても、この見た目のインパクト!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180610092320j:plain

 

ただチョコを挟んでいるだけではない、ご覧ください「グテ」の断面。

 

中にはロイズの「パートショコラ」がぎっしり。やっぱり、そのへんのチョコパンとは全然違います。こんなにチョコレートがたくさんなのに、甘すぎず、それぞれの持ち味もしっかり主張しています。パリッとチョコにしっとりチョコ。 違った食感が味わえるのも、「グテ」の魅力ですね。

 

こんなにかわいくておいしい「グテ」。数あるパンの中で、やっぱり「グテ」が栄えある1位なのでしょうか?

 

ナンバーワンはこちら

f:id:hadaka_denkyu:20180610092544j:plain

▲生チョコクロワッサン[オーレ] 195円

 

「グテ」じゃないんだ(笑)。いい、そういうとこも好き、グテちゃん! 堂々の1位は「生チョコクロワッサン [オーレ] 」です。サクサクの生地に包まれていますね。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180610092125j:plain

 

中はトローリと生チョコ! これ、何個でも食べられるやつだ。それと、ここのベーカリー、手に取りやすい価格帯なんですよ。

ちなみに第2位も気になりますよね。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180610092109j:plain

f:id:hadaka_denkyu:20180610092114j:plain

▲トマトとベーコンのカルツォーネ 162円

 

ここで一旦、チョコを離れて。本当にいろいろなパンが並んでいるんですよ。具材がたっぷりで最高。お酒が飲みたくなります。

 

絶対行ってみて

f:id:hadaka_denkyu:20180610092303j:plain

 

新千歳空港3階の「ロイズ チョコレートワールド」にもある、ロイズ直営のベーカリー。(一部サイズや価格は異なります)

 

「グテ」のインパクトもさることながら、どれも最高のラインアップでした。グテちゃん手土産にいかがですか? 歓声があがること間違いなしです。ロイズの違った魅力をお楽しみください。

 

お店情報

ロイズ あいの里公園店

住所:北海道札幌市北区あいの里3条9丁目21-50
電話番号:050-3786-3718
営業時間:9:00~19:00
定休日:なし

www.royce.com

 

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。

過去記事も読む

トップに戻る