北海道で味わうスープカレーが最高すぎる「ソウルストア」

f:id:hadaka_denkyu:20180730181719j:plain

 

「お待たせしました~」とテーブルに運ばれたスープカレー。
おいおいおい。なんだこの、てんこ盛りは!

まるで野菜畑ではありませんか!

北海道の名物としてすっかり定着したスープカレー。

スパイスの効いたサラサラのスープはもちろん、
楽しみなのは、たっぷり入った野菜の数々。

ソウルストアの野菜は、ボリュームもさることながら、
一口食べればその「甘み」に驚くこと間違いなし。
その秘密は北海道の農家さんの朝どり野菜を直接仕入れているから。
1杯のスープカレーで、あらゆる旬が味わえます。

野菜にうるさい北海道民が熱狂的に支持する、
「ホンモノのスープカレー」をご紹介します。

 

北海道で絶対に食べたいスープカレー

f:id:hadaka_denkyu:20180730181838j:plain

 

スープカレーは観光向けの食べものではありません。
道産子に愛されて愛されて、もう!
そんな私も週に必ず一度は食べます、メシ通レポーターの裸電球です。

今回は、スープカレーの激戦区・札幌で、
10年以上にわたって、地元民に愛されるお店をご紹介します。

その名も「SOUL STORE(ソウルストア)」

以前は、中心部から少し離れたところで営業していたのですが、
2018年の春に電撃閉店!

常連さんからの悲鳴が上がるなか、
今度は中心部・狸小路に電撃移転!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180731125304j:plain

 

こちらが「移転前」の外観。
店内はいつだって近隣の方でギューギュー。

入りきらないお客さんが、車の中で待つ光景が日常でした。
とにかくお客さんが多いお店でしたが、ビルの老朽化などの話があり、2018年5月に閉店!

これには、常連さんが揺れたそうです。

地元に愛されていたお店だったからこそ、言いづらい葛藤があったのだとか。
店内に移転を知らせる張り紙をしたところ、
それを見た人から、悲鳴にも似た声が。

「うそぉ~、遠くに行っちゃうの」
「えぇ~、もうすぐ移転日だよ」

厨房で調理をしながら、そんな声を聞くたびに、
なんとも複雑な思いにかられたと、店主の清水さん。

そこから2週間ほどの準備期間を経て、
以前から出店が夢だったという狸小路に移転オープン!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180730181831j:plain

▲ソウルストア店主 清水元太さん

 

ワクワクよりも寂しさの方が強かったと当時を振り返る清水さん。
しかし、常連さんの顔が移転先に見えるたび、ようやく振り切れたそうです。

果たして、そこまで人を魅了するスープカレーとは。
気になりますね!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180730181818j:plain

f:id:hadaka_denkyu:20180730181825j:plain

移転して広く明るくなった店内。
それでは早速、あのメニューを注文。

ソウルストアの常連さんが楽しみにしているのが、
スパイスの効いたスープと最高の相性、新鮮な野菜の数々です!

 

北海道の旬の野菜を堪能できるスープカレー

f:id:hadaka_denkyu:20180730181639j:plain

▲季節の旬菜カリー 1,250円

 

ちょっと……すごくないですか?
北海道広しと言えども、このクラスはなかなか出合えないですよ?

まるで野菜畑!
彩りあふれる野菜が、幾重にも立体的に盛られています。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180730181652j:plain

 

深い器なのに、そこからあふれんばかりの野菜の数々。
目に見えるところだけでも、何種類も確認できます。

季節によりますが、15種類~20種類ほどの野菜が入ります。
しかし、上限は特になく、いい野菜が入った日は惜しみなくドンドン使うそうです。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180730181658j:plain

 

崩すのがもったいないですが、
こんな料理を前にして、長くは待てません。

動物系と魚介系のブレンドスープの香りも、早く食べろと誘ってきます。
それでは、野菜畑を散策してきます!

f:id:hadaka_denkyu:20180730181743j:plain

 

まずは大きなグリーンカリフラワーが登場です。
大人の男性が三口でも食べきれないサイズ。

コリッコリの食感が最高。
そしてスープが絡まって幸せです!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180730181800j:plain

 

続いて登場したのは、立派な舞茸。
大きいだけでなく、味も一級品で鼻に抜ける香りが全く違います。

f:id:hadaka_denkyu:20180730181753j:plain

 

ソウルストアの代名詞と言えばコレ!
大きくて太いごぼうです。

下味がついていて柔らかく、スープを適度に吸っていておいしい! 

 

f:id:hadaka_denkyu:20180730181748j:plain

 

器の直径を平気で超えてくる長さ。

「1日に必要な野菜の半分がとれる」みたいなコピーを耳にしますが、
ソウルストアのスープカレーときたら、
「不規則な独身男性の4日分」はあるのではないでしょうか。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180730181420j:plain

 

野菜はできる限り北海道産が使われており、
中でも、長沼町の農家さんは
朝採れたての野菜を直送してくれるんですって。

「朝採れたて」なんて、北海道に住んでいても、うれしい響き!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180730181645j:plain

 

20種類近い野菜ですが、どれも食感が違うんですよね。
その食材の魅力が引き出されているんです。
調理工程をのぞかせてもらいましょう!

 

厨房は一瞬も気が抜けない戦場だった

f:id:hadaka_denkyu:20180730181438j:plain

f:id:hadaka_denkyu:20180730181525j:plain

 

スープカレーの定番といえば、素揚げの野菜。
ジャガイモやナスなど食材ごとにタイミングを変えて、フライヤーに投入!

食材をカリッとさせたいのか、甘さを引き出したいのか、油を絡めたいのかで、
時間は大きく変わってくるそうです。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180730181548j:plain

f:id:hadaka_denkyu:20180730181540j:plain

 

今度はガスバーナーが登場、「炙る」もありますか!
表面に焦げ目をつけることで味わいが変化します。

これをオーダーごとにやるんですからすごい!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180730181600j:plain

 

揚げるだけではなく、食材に合わせて「焼く」「煮る」「蒸す」ものも。
それをどんどん器に入れていきます。
すでに立体的なパズルのような感じがありますね。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180730181608j:plain

 

これで終わりかと思いきや、まだまだ。
「生」と「漬け」です。

食材によってはピクルスにするんですって。
最高の1杯を食べてもらいたいとやっているうちに、こんなスタイルになったのだとか。頭が下がります。

 

ツウの仲間入りをしたければコレを食べるべし!

f:id:hadaka_denkyu:20180730181504j:plain

f:id:hadaka_denkyu:20180730181444j:plain

▲超粗挽きラムと青山さんちのよせ豆腐のカリー 1,150円

 

一度食べるとクセになる、それでいて北海道らしさのあるカレーが登場。
コレにハマると、他のカレーを注文できなくなるという中毒性ということです。

 

f:id:hadaka_denkyu:20180730181517j:plain

 

ゴロゴロと大きなラムのひき肉がたっぷり。
よく「臭みのない」ラムが最高とされていますが、
北海道民はある程度の「ラムらしさ」を求めているところがあると思うんです。
くさみではなく、うま味として抜ける味わいがいいんですよね。

そういう意味で完ぺきなバランスのラムらしさ!

 

f:id:hadaka_denkyu:20180730181511j:plain

 

移転前の店舗のすぐ近くで営業されている、青山とうふ店のよせ豆腐です。
プルプルと柔らかく、甘みが凝縮されています。

スパイスの効いたスープの中で、ここまでしっかり主張してくることに驚き!
粗挽きラムとの食感の違いも楽しく、これはオススメですね。

 

旅の目的地、ここでよくないですか?

f:id:hadaka_denkyu:20180730181415j:plain

 

ということでスープカレーと野菜にうるさい北海道民が認めた、
本格派のスープカレーをご紹介しました。

全国でもこんなレベルの1杯が食べられるお店は少ないでしょう。
ぜひ、北海道の野菜のおいしさを堪能してください。

収穫期を迎える北海道
野菜もソウルストアも今が「旬」。

いや~、シャキシャキ食感と甘さに驚きました。
この感動を皆さんもぜひ!
北海道で絶対に食べたいスープカレーですよ。

 

お店情報

SOUL STORE(ソウルストア)

住所:北海道札幌市中央区南3条西7丁目3-2
電話番号:011-213-1771
営業時間:ランチ 11:30〜15:00(LO)、ディナー 17:30~20:30(LO)
定休日:不定休
ウェブサイト:http://soulstore.web.fc2.com/

 

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。

過去記事も読む

トップに戻る