「家ではお代わりするでしょ?」ルーの継ぎ足しが名物、創業45年の老舗カレー店「コロンボ」に行ってきた

f:id:hadaka_denkyu:20181008161646j:plain

突然ですが、カレー、お好きですか?

 

私は好きです。

 

大好きなカレー、家ではお代わりできますが、
お店ではなかなかできないですよね。

 

そこで、今回ご紹介するのが、北海道の名店「コロンボ」。

 

「コロンボ」では、お店の方から「ルー足りてます?」と声をかけてくれるんです!

 

ご飯がお代わり自由になる食べ方もあるので、
これって……エンドレスカレーじゃないですか。

 

「ルーのお代わり」の他にも、「食後のアイスクリーム」、
「頭をぶつける天井」(!?)などなど、愛しいポイントが盛りだくさん。

 

今回は、2018年11月で45周年を迎えるアニバーサリーな老舗のカレー店に潜入です!

 

駅直結の札幌国際ビル

f:id:hadaka_denkyu:20181008161450j:plain

 

昼は毎食カレーでもいいんじゃないかと思っています。
メシ通レポーターの裸電球です。

 

今日もカレー、明日もカレー、そんなカレーファンな私が激プッシュ!

 

北海道でカレー好きを公言するならば、
ここを知らないと「モグリでしょ?」と言われるレベルの名店、札幌市の「コロンボ」に直撃取材です。

 

f:id:hadaka_denkyu:20181009170245j:plain

 

「コロンボ」が入っている札幌国際ビルは、駅に直結しているので雨の日も問題なし。
もしかすると、こっちの入り口の方がなじみ深い人が多いかもしれません。

 

45周年を迎える老舗のカレー屋さん

f:id:hadaka_denkyu:20181008161554j:plain

 

お昼時の行列はすごいです。
この辺りはオフィス街ですから、限られた昼休みの時間に。
ズラー、ですよズラー。

 

12席しかない店内。回転はめちゃくちゃ早いのであまり待ちません。
しかし、誰かしら並んでいることが多い印象ですね。

 

そんな行列店のアイドルタイム、15時にお邪魔しました。
今回はゆっくりとお話を聞くことが最大の目的です。

 

f:id:hadaka_denkyu:20181008161634j:plain

 

おっと、考えが甘かった。
昼時は過ぎているものの、たくさんの人!
なんとか席を確保したレベルです。

 

調理場は戦場のような忙しさ。
この活気も「コロンボ」の魅力なんですけどね。

 

食べながら落ち着くのを待ちたいと思います。
なんてったって45周年、聞きたいことが山ほどありますよ。

 

f:id:hadaka_denkyu:20181008161527j:plain

 

コロンボファンが狙うのは水曜日。
なぜなら日替りカレーに1番好評の「アレ」が登場するから。

 

そう、水曜日しか食べられない煮込みハンバーグ!
レギュラーメニューも魅力的ですが、
ファンはこれを求めて列を作るのです。

 

カウンターに座るなり、メニューも見ないで、
「日替わりをひとつ」と頼む人がたくさんいます。

 

f:id:hadaka_denkyu:20181008161646j:plain

▲日替り(水曜日) 煮込みハンバーグカレー (880円)

 

大きなハンバーグがドーンとすごいボリュームです。
そうそう、「コロンボ」は量がめっちゃ多いんですよね。

 

男性でも普通盛りでお腹いっぱいになります。
ライスだけで350gですから!

 

f:id:hadaka_denkyu:20181008161651j:plain

f:id:hadaka_denkyu:20181008161658j:plain

 

玉ねぎとひき肉を同量入れてこねる、大きなハンバーグ。
柔らかく肉汁があふれ出します。

 

ルーとの相性も抜群なんです!

 

おっと、店内のお客さんが一気にお会計だ。
チャンス到来です!

 

札幌の老舗カレー店にいろいろ聞いてみた

f:id:hadaka_denkyu:20181008161823j:plain

 

店主の藤井 亜生子さんです。
25年前からお店に立ち、初代のお母様が引退されてからは、2代目として味を守っています。明るくハツラツとした接客で、元気をもらえそう!

 

「コロンボ」は、お母様がこのビルができたタイミングで創業。
以来、店舗を移すこともなく営業されています。

 

f:id:hadaka_denkyu:20181008161606j:plain

▲レギュラーメニューで1番好評のカツカレー (850円)

 

「コロンボ」を始める前は、喫茶店を営んでいたんですって。
そのころ、カレーの専門店は少なかっため一念発起し、カレー専門店としてオープンしたそうです。

 

ここで裏話。
なんと、創業者のお母様はちょっぴりカレーが苦手だったんだとか。

 

f:id:hadaka_denkyu:20181008161620j:plain

 

「コロンボ」のルーはサラサラしているのが特徴。
これはお母様がドロッとしたルーを好まなかったからなんですって。
老若男女たくさんの人から愛される味を目指したそうです。

 

今でこそ、あらゆるスパイスが気軽に買えますが、
創業の頃は手に入りづらかったため、辛み成分には「一味」が使われています。
現在もその味付けは健在! どこか懐かしい味わいに仕上がっています。

 

f:id:hadaka_denkyu:20181008161815j:plain

 

「コロンボ」のカレーがおいしいのは、食材を厳選しているから!
北海道産の有機栽培で作られた玉ねぎを、長時間かけてペースト状になるまで煮込みます。だから、甘さとコクが違うのです。

 

玉ねぎの他にも、使わている野菜やお米は減農薬で育ったもの。
安心できる食材を使って、おいしいカレーを提供したいという思いが込められています。

 

f:id:hadaka_denkyu:20181008161706j:plain

 

卵は北海道の新冠町にある新生ユートピア牧場で平飼いで育った自然卵です。
こういうところまでしっかり!

 

私のお皿も後半戦

f:id:hadaka_denkyu:20181008161734j:plain

 

お話をアレコレうかがいながら食べ進めてきましたが。
おっと、もう後半戦。

 

ルーが少なくなってきました。
でも大丈夫。

 

これぞ、「コロンボ」のありがたみMAXサービス!
ルーを継ぎ足してくれるのです。

 

f:id:hadaka_denkyu:20181008161748j:plain

 

うれしすぎるサービスですよね。
しかも無料ですよ!

 

ちなみにお店にはプラス300円でライスが食べ放題になる方法も。
えっ……それでルーの継ぎ足しが無料なら。

 

エンドレスに「コロンボ」が食べられるってことじゃないですか!

 

お店側から声をかける!

f:id:hadaka_denkyu:20181008161741j:plain

 

元々は常連さんにお母さまが、「ルー足りてる?」と話しかけたのがルーツ。
中には遠慮してしまう人もいるだろうと、娘の亜生子さんが全てのお客様に話しかけるようにしたそうです。こうして、「コロンボ」を語るうえで最も有名なサービスが誕生しました。

 

歴史があるぶん、お話は尽きません。
「常連さんも知らないかも? 」な裏話をいくつか聞けましたよ!

 

コロンボ裏話①「間違い探し」

f:id:hadaka_denkyu:20181008161802j:plain

f:id:hadaka_denkyu:20181008161808j:plain

 

お店のガラスです。
創業からずっと使われているのですが、なんと。

 

カレーのスペルが間違っているではありませんか!
「CURRY」が「CARRY」になっています。

 

印刷物などはすべて修正していますが、この窓だけはそのまま。
デザイナーさん、仮に20歳の仕事だとしても現在65歳。

 

ああ、会ってインタビューしたい(爆)。
どんな気持ちか聞いてみたい(笑)。

 

コロンボ裏話②「面接で身長を聞く」

f:id:hadaka_denkyu:20181008161546j:plain

 

「コロンボ」の店内で、身長175センチ以上ある人は注意が必要です。
頭をぶつけてしまうことも!

 

創業当時と比べて、最近の若い人は大きいじゃないですか。
年々、ゴッチンする人が増えているそうです。

 

f:id:hadaka_denkyu:20181008161640j:plain

 

厨房はさらに10センチ床が高いんですって。
だから、働く人は165センチ以下が必須条件。

 

着ぐるみに入る仕事のように、まずは身長を聞くそうです。

 

大変なこともたくさんあった

f:id:hadaka_denkyu:20181008161756j:plain

 

長い歴史の中で乗り越えなければならない壁もありました。

 

振り返ると大変だったのは、お母様の「引退」だったそうです。
そうですよね~。ずっとお店を引っ張っていた方ですもんね。

 

そこで決意。
「コロンボ」は当時、すぐ横にスープカレーのお店も展開していました。

 

こちらも12年続く繁盛店だったのですが、
「コロンボ」があったからこそ出来たお店、「コロンボ」の味を守ることが第一と考え、悩んだ末に閉店されたそうです。

 

現在はこのお店1本勝負。そんな決断があったんですね。
味を守ることの大切さ、大変さがにじむエピソードです。

 

ちなみにお母さんは今でもお元気!
開店前の玉ねぎの仕込みなど、手伝ってくれているんですって。
そのスピードは今でもかなわないんだとか。

 

食後はアイスクリーム

f:id:hadaka_denkyu:20181008161718j:plain

 

こちらも「コロンボ」の名物。
食後に提供されるアイスクリームです!

 

さっぱりしていいんですよね。

 

これも昔からのサービス。
実はこのアイス、コロンボ専用に作られているもの!
ここでしか味わえないんですよ。

 

食べたくなってきたんじゃないですか?

 

今回は札幌の老舗カレー店「コロンボ」にお邪魔しました!

 

久しぶりの人も、初めての人も。
長年愛されるカレーをぜひお召し上がりください!
ほんと、できることなら水曜日の煮込みハンバーグがすごいですよ。

 

お店情報

カリーハウス コロンボ

住所:北海道札幌市中央区北4条西4丁目 札幌国際ビルB1階
電話番号:011-221-2028
営業時間:平日 11:00〜20:30、土曜日・日曜日・祝日 11:00~19:00(LO)
定休日:不定休(ホームページで臨時休業をお知らせ)
ウェブサイト:

www.colombo1973.com

 

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。

過去記事も読む

トップに戻る