ハンバーガー好きなら一度は訪れたい「ラッキーピエロ」が愛される5つの理由【函館】

f:id:hadaka_denkyu:20190410125045j:plain

 

函館にある、全国のハンバーガー好きを唸らせるラッキーピエロを知っていますか?


全国ご当地バーガーNo.1に輝くなど、とにかくすごいハンバーガーなのです。今では函館に旅行で来られる方はマストで抑えるお店なのではないでしょうか。

なんといっても一番人気は「チャイニーズチキンバーガー」函館の方はチャイチキと言います)。

でも、ちょっと気になることが。ラッキーピエロって、観光客だけじゃなく、地元の人も食べてるんですかね。

 

よくあるじゃないですか。有名店だけど、地元の人は「ああ、あれは地元の人は行かないよ」っていうお店。実際行ってみると美味しいんだけど、なんかちょっと残念な気持ちになりますよね。

 

というわけで聞き込み開始。場所は「その土地の情報を集めるのに最適」と呼び声高い場所、そう、スナックです。(決して趣味ではございますせん)

 

函館のスナック〜

──ねえ、ラッキーピエロは地元の人も食べるの?

 

お姉さん:え~、いっつも食べますよ。


──やっぱりチャイニーズチキンバーガー?

 

お姉さん:それよりね、私が好きなのはねぇ……。


ちょっと待て待て。知らない情報が盛りだくさん! そこで、スナックのお姉さんから聞いた情報を入口に、函館市民にラッキーピエロが愛される理由を探ってきました。

 

愛される理由①ボリュームがすごい

f:id:hadaka_denkyu:20190410124812j:plain

▲チャイニーズチキンバーガー  350円

 

こちらがラッキーピエロ、不動の看板メニュー『チャイニーズチキンバーガー』です。ご覧ください、このボリューム。それでいて、お値段は350円。

高さが14センチ、幅が11センチほどあるので、似たような大きさですと、幅はスマホの横幅くらいありますね。お手持ちのスマホをかぶりつくイメージで口元に近づけてみてください。

「アゴが無理な感じ」をわかっていただけると思います。

甘辛い味付けの「特大から揚げ」が3個も入っているので、それだけでお腹が膨れます。ごまがたっぷり振りかけられたバンズもフワフワで最高です。

 

f:id:hadaka_denkyu:20190410124832j:plain

▲すみません……。テンション上がって調子に乗った顔してしまいました

 

顔と大きさ比べ。 マヨを見せたいので、バンズをちょっとずらしていますが、わかります? めちゃくちゃ大きいんですよ! 

 

愛される理由②地元をはじめとした北海道食材で作られている

f:id:hadaka_denkyu:20190410124837j:plain

 

ラッキーピエロの象徴とも言える、チャイニーズチキンバーガーの鶏肉は北海道の伊達産。


レタスは函館の隣の北斗市。その他、卵や牛乳、豚肉に至るまで外国からの安い輸入品に頼らず、北海道産食材を使うことに力をいれているんです。まさに『地産地消』

それでいて、この価格はすごいですよね。企業努力の賜物です。

 

f:id:hadaka_denkyu:20190410124805j:plain

 

函館のスナック〜

──他には? なんでラッキーピエロが好きなの?

 

お姉さん:あのね、まず地元民はそんな呼び方しないから。

──え、なんて呼ぶの?


お姉さん:ラッピよ、ラッピ。

──ラッピ! 一気に親近感が増したぞ! ラッピで他にはどこが魅力?


お姉さん:やっぱり、店ごとに内装が違うとこじゃない?

 

愛される理由③店舗によって「テーマ」が違う

f:id:hadaka_denkyu:20190410125038j:plain

▲ラッキーピエロ峠下総本店

 

道南エリアに17店舗を展開するラッキーピエロ。よくあるファーストフード店では、どのお店に入っても似たような作りの印象を受けますが、ラッキーピエロは各店にテーマがあり、内装がガラリと違うのです。

例えば、こちらの峠下総本店はこんな雰囲気! 

 

f:id:hadaka_denkyu:20190410124956j:plain

 

入ってすぐにある、ビックレッドチェア! これもラッキーピエロファンは絶対に見逃せないポイントですね。座ると財運に恵まれるといいます。このサイズ感、わかっていただけますでしょうか。

 

f:id:hadaka_denkyu:20190410124951j:plain

 

さらに「等身大では!?」と驚く大きさのキリンまで! ラッピの中でも、さすがは総本店。店内の規模がどれも規格外です。

それでは、他の店舗も見てみましょう。

 

f:id:hadaka_denkyu:20190415184713j:plain

▲ラッキーピエロ ベイエリア本店

 

こちらの店舗にはちょっと変わった席があるんですって。気になります。

 

f:id:hadaka_denkyu:20190410124825j:plain


え?

 

二度見しました。これって『ブランコ』ですよね。揺れながら食べるってめちゃくちゃ楽しくないですか! 高校時代に大好きなあの子と座りたかったな〜。

 

f:id:hadaka_denkyu:20190410124743j:plain

▲ラッキーピエロ マリーナ末広店

 

こちらはラッキーピエロの中でも大きな店舗。末広店ならではの席があるんですって。それがこちら!

 

f:id:hadaka_denkyu:20190410124917j:plain

 

海を目の前に食事ができるんです。最高……。

 

このようにラッキーピエロは店舗によって全然雰囲気が違うんです。

 

f:id:hadaka_denkyu:20190415185426j:plain

 

函館のスナック再び〜 

──なるほど、それはいいこと聞いた。

 

お姉さん:店ごとに元カレの思い出があったりね(笑)。

──この店はあの人とか?

 

お姉さん:そう! 学生時代から通ってるから、店ごとになんかある(笑)。

──やっぱり食べるのはチャイニーズチキンバーガー?

 

お姉さん:いや、地元の人はチャイチキ以外の料理も食べてるよ。

 

愛される理由④ハンバーガー以外のメニューがすごい

f:id:hadaka_denkyu:20190410124844j:plain

▲チャイニーズチキンカレー 700円

 

こちらがラッピファンの中でも評判のカレーです。シンプルながらも、自慢のチャイニーズチキンがトッピングされていてボリューム満点!

 

ラッキーピエロでは、「この世で一番美味しいカレーはおふくろの味だ」と考えているらしく、お店では、「2番目に美味しいカレー」を目指して作っているそうです。

 

f:id:hadaka_denkyu:20190410124858j:plain

 

チャイニーズチキンをルーにドボン。

おお! カレーとの相性もいいじゃないですか! ボリューム満点なのにお値段はお手ごろでたまりません。これは通っちゃうよな〜。

 

f:id:hadaka_denkyu:20190410124929j:plain

▲オムライス 570円

 

こちらはスナックのお姉さんが一番好きだと言っていたオムライス。ほんとに美味しかった~。このほかにも「ハンバーグ」や「とんかつ」など、店によって食べられるメニューが違うんですって。

これはもう、ラッキーピエロ巡りをするしかないでしょう! 

 

愛される理由⑤オリジナルアイテムがすごい 

f:id:hadaka_denkyu:20190410124749j:plain

f:id:hadaka_denkyu:20190410125032j:plain

 

最後に。ラッピは店内で料理を楽しむだけではないんです。Tシャツやマグカップに加え、カレーやドリンクなど様々なオリジナル商品も魅力の1つ。


函館に帰省した際に、職場へのお土産にする地元民も多くいます。北海道銘菓はどの空港でも買えますが、ラッキーピエロは函館に来なければ手に入りませんからね。希少価値も高いんです!

 

f:id:hadaka_denkyu:20190410125025j:plain

▲ポテトチップ 130円

 

私もお土産にポテトチップスをチョイス。お店の空気感がそのまま詰まったようなお土産コーナーに心が躍ります。

 

f:id:hadaka_denkyu:20190410125002j:plain

 

まとめ

ということで函館スナックのお姉さんにドリンクをご馳走し、徹底的にラッキーピエロの愛される理由を探ってきました。 

  1. ボリュームがすごい
  2. 地元をはじめとした北海道食材で作られている
  3. 店舗によって「テーマ」が違う
  4. ハンバーガー以外のメニューがすごい
  5. オリジナルアイテムがすごい 

(スナック、楽しかったです)

 

今回、色々なお話を聞き、実際にお店を訪れることで、また違ったラッキーピエロの世界に触れられた気がします。みなさんも是非、函館にお越しの際にはラッピ巡りを楽しんでみませんか?

 

お店情報

ラッキーピエロ 峠下総本店

住所:北海道亀田郡七飯町峠下337-11
電話番号:0138-66-6566
営業時間:AM10:00〜AM0:30(土曜のみAM1:30)
定休日:年中無休

luckypierrot.jp

 

書いた人:裸電球

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。

過去記事も読む

トップに戻る