鶏肉の炊き込みご飯はレモングラスとヌクマムで一気に「ベトナム飯」になる!

こんにちは、野菜農家のホマレ姉さんです!

今日はベトナム飯の「鶏肉とレモングラスの炊き込みご飯」を作ります。

ベトナムとかレモングラスとか、難しそうに感じるかもしれないけれど、実は超簡単なレシピなんでございます。

いつも使っている炊飯器で、いつものように炊き込みご飯を作るのとほとんど違いなく、使う材料がちょっと珍しいってだけのことなんです。

ヌクマムとは魚と塩で作る、いわゆる魚醤のことです。タイのナンプラーや日本でも秋田のしょっつるなどが有名ですね。

そのヌクマムを使って炊き込みご飯を作ってると、なんとも言えない幸せな匂いが漂ってくるんです(お届けできないのが残念!)。

また、レモングラスはイネ科の植物で、名前の通り葉っぱを千切ってみるとレモンの香りがするハーブなんです。

あんまり売っている所は見ないけど、大きめのデパートかアジア食材の専門店などで入手できると思います。

あるいは、育てるのが容易なので花屋やホームセンターで苗を購入し、庭やプランターに植えるのもオススメですよ。

但し、レモングラスは寒さが苦手なので、寒冷地では秋に掘り上げて鉢などに移し替え、室内で冬越しさせてくださいね。

 

材料(3〜4人分)

  • 米   2カップ
  • 鶏もも肉   1枚(250g)
  • レモングラス(炊き込み用)   1本
  • サラダ油   大さじ2
  • 青ネギ(小口切り)   適量
  • ヌクマム(またはナンプラー)   大さじ1
  • 塩   小さじ1/2
  • コショウ   少々
  • 〈鶏肉下味用材料〉
    • レモングラス   1本
    • ニンニクすりおろし   1/2〜1片分
    • レモン果汁   大さじ1
    • ヌクマム(またはナンプラー)   大さじ1
    • コショウ   少々

 

作り方

炊き込み用は外葉を2〜3枚剝ぎ、柔らかい部分だけを使う
  1. レモングラスは根元に近い部分を使い、鶏肉下味用は厚い斜め切りに、炊き込み用は薄い斜め切りにする。

 

取り除きにくい脂は肉を切った後(作り方3.)で取ると良い
  1. 鶏肉は身からはみ出した皮を切り落とし、黄色い脂とスジを取り除く。

 

鶏肉下味用レモングラスには固い部分が入っても良い
  1. 鶏肉を2〜3cm角に切り、鶏肉下味材料と共にボウルに入れ、箸でよく混ぜ合わせて30分ほど置く。

 

ジャスミンライスじゃなくても大丈夫
  1. 米を洗い水気を切ったら炊飯器の内釜に入れる。

 

火は弱火で
  1. サラダ油を熱したフライパンに、3.から鶏肉だけを取り出して入れ、肉の色が変わるまで炒める。

 

先に汁気のモノを入れて水量を調節し、後から具材を加える
  1. 4.にフライパンの中の汁とヌクマム大さじ1を入れてから、2合の目盛りまで水を注ぐ。次に5.の炒めた鶏肉と炊き込み用のレモングラス、塩を加えて白米普通コースで炊く。

 

青ネギの代わりにパクチーならもっとエスニック
  1. 炊き上がったらザックリと混ぜ合わせ、器に盛って青ネギを散らす。

 

今回のレシピでは、レモングラスの根元に近い柔らかな部分を使いましたが、残った葉の部分がもったいないって思いませんか?

そんなときはせっかくのハーブなんですからお茶にして楽しみましょう!

姉さんのオススメは、ほうじ茶と合わせて「レモングラスとほうじ茶のハーブティ」。

残りのレモングラスを束ね、お湯を沸かした鍋に入れて煮立たせ、香りが出たらほうじ茶を加えて蒸らします。

たったそれだけで香ばしくて爽やかなお茶になりますよ。今回のレシピにもピッタリなのでお試しください。

 

書いた人:ホマレ姉さん

ホマレ姉さん

岡山県で20年余り続けてきた有機農業を一旦終了。拠点を同県内の他地に移し、再開すべく奮闘中(2019年現在)。オシャレなレシピからビギナー向けの簡単なレシピまで、ワクワクするようなレシピを目指している。

過去記事も読む

トップに戻る