Silent Sirenもかぶりつく!「第1回 肉ロックフェス」レポート!

f:id:uralatokyo:20151004224955j:plain

2015年9月12日、わたしはさいたま新都心駅に降り立った。

一昨年の「おかあさんといっしょファミリーコンサート」以来だとか、そんなことはどうでもいい。

 

f:id:uralatokyo:20151004224049j:plain

歩みを進めるにつれ漂ってくるのは……かぐわしきのにおい。

 

f:id:uralatokyo:20151004224116j:plain

肉とロックの饗宴、記念すべき第1回「肉ロックフェス2015」にやってきたのだ!

さいたまスーパーアリーナの中や屋外ステージでは、50組近くのアーティストによるロックフェス。

そして周辺のけやき広場には、24店の肉の名店がずらり!

クラフトビールを中心としたドリンク店が11店にスイーツも2店。

 

ライブ会場と肉会場は出入りが自由なので、

肉食ってライブ観て、ビール飲んでライブ観て、

なんなら肉食いつつビール飲みながらライブを観てよいのだ。

ひゃっほう、マジ楽園~♪

 

f:id:uralatokyo:20151004224154j:plain

人手は多いけど、ケヤキがきれいで開放感ある~~~。

並んでいても、食券or電子マネー決済なので流れはよい。

 

と、とりあえず肉、肉。

f:id:uralatokyo:20151004224222j:plain

こちら、昨秋・今春の肉フェスでチャンピオンとなった

門崎熟成肉 格之進の「門崎熟成肉塊焼き」¥1,400

 

う~うぇ~い!うううんまあああ~~

味付けはさほどされておらず、肉の味勝負一徹!

歯ごたえもしっかりしており、グルメレポートの鉄板セリフである「やわらか~い♡」とか使えない。

肉、食ってる! というしっかりした噛みごたえ、

味がギュッと詰まった肉の旨みがほとばしり、

野生が目覚めるうまさなんである。

 

も~、これは飲むしかないっしょ!

f:id:uralatokyo:20151004224250j:plain

松江ビアへるん(島根県)の「ヴァイツェン」¥700

 

くわ~~っ!!うまあ!!

バナナのようにフルーティな香りで、なんっとも芳醇!

するすると喉に入っていってしまう。

たまんね~!

 

さてさてお次のお肉は……

f:id:uralatokyo:20151004224328j:plain

地元さいたまの名店、馬肉専門卸問屋 勝馬の馬肉ステーキ ¥1,400

 

馬のステーキなんて初めて!

牛よりあっさりしていて、鮪を彷彿とさせるような旨み。

肉好き編集のM女子が「肉は飲み物ですね」と言いながらバックバック摂取していく……!

 

とかなんとか言ってるうちに、さいたまスーパーアリーナ内メインステージで

ものごっつい可愛い子揃いのガールズバンド、Silent Sirenのライブが始まるぞ!

肉持って駆けつけ~!

 

f:id:uralatokyo:20151004224413j:plain

きゃ~!かわいい~!!

 

f:id:uralatokyo:20151004224748j:plain

元気いっぱいノリノリのサイサイ~!!

そして客席には肉を食らいながらリズムを刻むお客さんたち。

(注:アリーナ席は飲食禁止の本気モードダンシングピーポーのみです)

 

f:id:uralatokyo:20151004223949j:plain

f:id:uralatokyo:20151004224832j:plain

ああ、麗しきバンド女子と肉の祭典……肉ロックフェスに栄光あれ!

 

あんまり可愛いのでライブ後のサイサイを直撃してしまいました。

f:id:uralatokyo:20151004224916j:plain

いえ~い、ロックなポーズで。

彼女たち、実は女子に話題のファッション誌の読者モデル。

もともとバンド経験者で音楽が大好きっちゅうことで結成したガールズバンドなのだ!

 

あんまり可愛いので肉を差し入れしましたよ。

f:id:uralatokyo:20151004223904j:plain

肉の匠 将泰庵の「黒毛和牛肉寿司」¥1,400

 

とたんに湧き上がる歓声!

f:id:uralatokyo:20151004224955j:plain

「きゃーっ!嬉しい!やばい!」

「これ一番食べてみたかったやつだ~!」

 

おおお、肉に喜ぶ女子の黄色い歓声を浴びているだけで、若返るようじゃあ~~

f:id:uralatokyo:20151004225018j:plain

おいしい~♡

ベースのあいにゃんこと山内あいなさん(左)&ドラムのひなんちゅこと梅村妃奈子さん。

f:id:uralatokyo:20151004225058j:plain

「幸せ……」

ボーカルのすぅこと吉田菫さん(左)&キーボードのゆかるんこと黒坂優香子さん。

 

「お寿司の肉ってあんまりないもんね」

「レアな感じがたまんないね~!」

「これ何個食べれる?」

 

あいにゃん「30皿」

 

……90個ですね。

 

海外も含め、各地でツアーを行い、フェスに参加しているサイサイの皆さん。

心に残っている地方のグルメなんつーのはあるんですかね。

仙台のゆめや! 牛タン串の一個の大きさと厚さが……! 薄切りの牛タンしか見たことなかったので、こんな牛タンがあるんだって衝撃を受けて。しかも柔らかくって~」

「いや~!食べたくなってきた!」

「あんときメチャクチャ食べたよね~」

「ご当地フードは毎回楽しみにしてるんです」

「台湾行った時は小籠包いっぱい食べたよね。お弁当の前の前菜としても食べたよ」

 

み、見た目と違ってガッツリ系のみなさんや……!

 

「食べるために、生きてるんです」

名言出たー!!!

 

「ひなに関しては仕事の確認より夜ご飯の確認だもんね」

ひなんちゅ「誰よりも早く打ち上げの場所確認したいんで」

 

あんたそんなしれっと……。

 

ほんとに細いお嬢さんたちながら、

しかしあのライブで発散されるエネルギーを体感すると

そりゃたくさん食べてるんだろうなとわかりますよ。

 

こちらは出演者のみなさんに特別用意されたBBQカンパニーによる

BBQスペースにて。

f:id:uralatokyo:20151004225201j:plain

トマホークチョップがいい色に焼きあがってますよ~!

 

f:id:uralatokyo:20151004225236j:plain

サイサイのみなさんは私服に着替えても、まだまだ食べます!

年末には東京体育館でスペシャルライブ「覚悟と挑戦」を開催予定。

「何に覚悟をもって、何に挑戦するのか。2015年の集大成を見に来てくれたらうれしいです。来て損はさせないライブにします!」

最後にいい笑顔いただきました~!

 

そして我々は、再び肉スペースへ!

f:id:uralatokyo:20151004225304j:plain

ふんがぐぐ……。こちら、編集のM女子。

地元さいたまのefeケバブのドネルケバブ(チキン)¥700 を頬張って一言。

「うーん肉がジューシー! キャベツと絡まっておいしいなあ~。

ケバブあなどってたな~。ボリュームあってうれしいな~」

 

食って人生を動かすものですよね・・・・・・

だって美味しいものを食べたいから生きてるんですよね。

え?みんなは違うの?」

 

肉ってすごいですよね……だってみんな、これだけの人が、

肉を求めてやってきてるんですよ?

 

ああもうぜんぜん一言じゃなかった!!

もうやめて! これ以上名言を繰り出さないで!

 

翌週のお台場の肉フェスにも行くっていうM女子。

じゃあ取材しちゃえばいいじゃないですか、と言うと

「仕事抜きで肉を堪能したいんで」

と断られた……メ、メシ通の編集さんですよね?

 

もういい、電気グルーヴのライブが始まるから!

f:id:uralatokyo:20151004225343j:plain

ぎゃーーーーっ卓球~~!!!

 

f:id:uralatokyo:20151004225432j:plain

♪高いぞ高いぞフ・ジ・サーーーーーン!!!!

 

f:id:uralatokyo:20151004225517j:plain

たきーーーーっ!!!

 

プレス席で唯一本気で踊ってる、我々女3人組(編集・カメラマン・ライター)に、

瀧がシルクハットを脱いで深々とお辞儀をしてくれたよ!

 

えっ……私たちの取材依頼を断った……おわび?

 

電気はどのメディアも取材全拒否だったから仕方ないけどね……。

私たち、そんなところも……好き!

 

肉とロックを死ぬほど満喫して、アイドルグループPASSPO☆が歌い踊る野外ステージを名残惜しく眺めながら会場を後にしたのだった。

 

なんと、すでに来年の開催が決定されている肉ロックフェス。

来年も、行くかって?

行くとも!

万難を排して!!!

 

f:id:hotpepper-gourmet:20160621103020p:plain

書いた人:
稲葉史

甘いものも好きなら辛いものも好きな、要するにただの食いしん坊。人形町の居酒屋とマレーシア料理店にはちょっと詳しい。なんつってでも本当は、どんな時だってどんな店でもいいから飲みに行けるもんなら行きたいって気持ちで生きてる。あと4コママンガも書いてる。

トップに戻る