大量の乾麺、どうしよう。とりあえず「蒸し茹で」にすると捗るよ【かめきちパパ】

f:id:kamekichipapa:20190404114318j:plain

1人暮らしの食生活を支える“実家便”に大量に入っていたり、誰かからお土産でいただいたりして、気がつくと意外と大量に居座っている「乾麺うどん」。

日持ちするし調理の手間もかからないし、何もないときには便利なストック食材です。ただし、茹でて、めんつゆにつけてズズっといただく「ざるうどん」ばかりでは飽きる……。

で、今回は茹で方ひとつでこの乾麺うどんがほぼパスタ、それももちもちの生パスタみたいなリングイネ風に変身するという裏ワザ。パスタと思うと、とたんに食べ方の幅が広がります(笑)。ちなみに、リングイネは細めの平打ち麺みたいなパスタ(フェットチーネはそれより少し幅広)です。

早速、茹でてみます~!

 

乾麺うどんを「蒸し茹で」でパスタ風に

乾麺うどんといえば、「うどん100gに対して水1L、茹で時間は10分前後」というものが多いと思います。今回使った乾麺は、100gに水1L、茹で時間は8分と書いてありました。

 

f:id:kamekichipapa:20190404114305j:plain

フライパンに、乾麺100gに対して500mlのお湯を沸かし、乾麺を入れます。

茹で時間は袋の表示通りに8分、ただし、水の量は表示の半分の量でOK。少ないお湯でもパスタがしっかり浸るように、フライパンもしくはすき焼き鍋のような浅くて口の広いものを使うのがおすすめです。

 

f:id:kamekichipapa:20190404114328j:plain

中火にして時々混ぜ、ひと煮立ちしたら蓋をして弱火にします。ここで蓋をするのが今回の一番のポイント!

蓋をして「蒸し茹で」にすることで、うどんから出てくるでんぷん質を湯気で蒸発させない。これでモチモチのうどんに茹で上がるというワケなんです。

 

f:id:kamekichipapa:20190404114336j:plain

茹で汁が吹きこぼれそうになったら、その時は少し蓋を開けてください。蓋の開け閉めで拭きこぼれを回避してください。

 

f:id:kamekichipapa:20190404114353j:plain

8分茹でて、少し茹で汁が残るくらいになったら茹で上がり。

娘も嫁さんも、「うどんのようでうどんでない、パスタのようでパスタでもない、ちょっと新食感やね!」なんて絶賛のリングイネ風うどんの完成です~!

 

かめきちパパおすすめの食べ方2選。まずは「リングイネ風うどんでボンゴレビアンコ」

f:id:kamekichipapa:20190404114404j:plain

あっさり系もクリーム系も、どんなソースでもイケるこのリングイネ風うどん。市販のパスタソースでもいいですが、ここではパパッとできておいしい私の好きな2品、紹介しておきます。まずは旬のあさりでボンゴレビアンコ!

 

【材料】1人前

  • 乾麺うどん 100g
  • あさり(砂抜き済み) 15個ほど
  • 日本酒 100ml
  • ニンニク(みじん切り) 1片
  • 鷹の爪(輪切り) 1本分
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 三つ葉(あれば) 1本
  • 黒胡椒 適量

 

作り方

f:id:kamekichipapa:20190404114348j:plain

1. フライパンにオリーブオイルとニンニク、鷹の爪を入れて、弱火にかけ香りを出します。

 

f:id:kamekichipapa:20190404114358j:plain

2. あさりを加えて30秒ほど中火で炒めます。

 

f:id:kamekichipapa:20190404114412j:plain

3. 日本酒を加えて蓋をして、あさりの口が開いたら蒸し茹でしたうどんを入れてさっと混ぜ合わせる。

 

4. 器に盛って黒胡椒をふりかけて、食べやすく切った三つ葉を散らしたら出来上がりです。

 

f:id:kamekichipapa:20190404114413j:plain

リングイネ風うどんは、水洗いなんかせんでそのまま入れてください。塩分があるんで味付けほとんどなし。もし味が薄ければ、塩か醤油で味を整えてくださいね。もっちり麺であさりのスープを吸って間違いないおいしさです!

 

もっちり麺がよく絡む「明太クリームパスタ風」も!

f:id:kamekichipapa:20190404114427j:plain

明太子パスタも、自分で作った方が風味は断然いい! 生クリームはなければ牛乳でも大丈夫です~。

 

【材料】1人前

  • 乾麺うどん 100g
  • 明太子 小さめ1腹
  • 生クリーム(少しあっさりに仕上がりますが牛乳でもOK) 100ml
  • バター 15g
  • 黒胡椒、刻み葱、刻み海苔 適量

 

作り方

f:id:kamekichipapa:20190404114437j:plain

1. 明太子はそのまま細かく切って使ってもいいですが、食べたときに気にならないよう私は薄皮をとって中身だけ使います。包丁で背の部分を押し当ててずらすと簡単です。

 

f:id:kamekichipapa:20190404114449j:plain

2. 耐熱のボウルにバターを入れて、500wのレンジに20秒かけて軽く溶かします。

 

f:id:kamekichipapa:20190404114457j:plain

3. 2に明太子、生クリームか牛乳を加え、

 

f:id:kamekichipapa:20190404114501j:plain

ヘラなどでよく混ぜ合わせます

 

f:id:kamekichipapa:20190404114505j:plain

4. 3に蒸し茹でしたうどんを加えて混ぜ合わせます。

 

f:id:kamekichipapa:20190404114431j:plain

器に盛って黒胡椒、刻み葱、刻み海苔をふりかけて出来上がりです。

 

f:id:kamekichipapa:20190404114524j:plain

同じ麺でも、茹で方を変えていろいろと味変してみるのってなかなか面白いもの。乾麺はほどよい塩分があるので、水洗いしないときは味付けは薄めがいいですね。

試しに水洗いして使ったのですが、もちもち感がほんの少し減るくらいで、味的にはまったく問題なし。夏には冷製パスタ風もいいですね! あれこれ挑戦したくなりましたわ~。

 

作った人:かめきちパパ

かめきちパパ

調理師免許と食育アドバイザーをもつ主夫。うるさいお姫様2名と「お弁当・命!」の嫁さんとの4人暮らし。ご飯のおかずからお酒の肴まで和・洋・中なんでも作ります。「楽しく作って、楽しく食べる」そんな楽ウマ料理を楽しんでいます。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る