冬はグラタンでビタミンC補給!? 管理栄養士 北嶋佳奈の「カリフラワーの豆乳グラタン」

f:id:kanagohan:20161130063918j:plain

寒い夜にはふはふ食べたい! やっぱり冬はグラタンです

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

毎日お布団から出るのがつらいですね。私は猫を飼っているのですが、明け方に布団の中に入ってきてあったまろうとしてくるので、余計に布団から出られなくなって困っています。(しあわせ……)

さてさて、今回ご紹介するのは「カリフラワーの豆乳グラタン」です! 今が旬のカリフラワー。このレシピ、具材が少しのベーコンとたっぷりカリフラワーと非常にシンプルなのですが、個人的にとってもお気に入りなのです。寒い夜、焼きたてをはふはふしながら食べたいです。

 

北嶋佳奈の「カリフラワーの豆乳グラタン」

【材料】(約2人分)

  • カリフラワー 1/2個(冷凍でもOK、小房10個程度)
  • ベーコン 30g
  • バター 10g
  • 薄力粉 大さじ2
  • 調整豆乳 1カップ
  • 塩、コショウ 少々
  • ピザ用チーズ 15g
  • 粉チーズ、パン粉 適量

 

作り方

1. カリフラワーは食べやすい大きさの小房に切り、柔らかくなるまで塩ゆでする。(冷凍なら電子レンジで解凍してから、大きいようであれば切る)ベーコンは1cm角に切る。

f:id:kanagohan:20161130063922j:plain

f:id:kanagohan:20161130063925j:plain

2. フライパンにバターを熱し、ベーコンを炒める。脂が出てきたら薄力粉を加え、粉っぽさがなくなるまで炒める。豆乳をダマにならないよう少しずつ加え、塩コショウで味を整える。

 

f:id:kanagohan:20161130063928j:plain

3. グラタン皿にカリフラワーを並べ、2をかける。ピザ用チーズ、粉チーズ、パン粉を散らしてオーブンでこんがり焼き色がつくまで焼く。

 

今すぐカリフラワーに謝って! 実はビタミンCがたっぷり!

f:id:kanagohan:20161130063931j:plain

カリフラワーは歯ごたえを残した、独特の食感が美味しいのですが、このレシピに関しては柔らかくなるまでゆでましょう。ほくほく食感になりホワイトソースと絡んでそれはそれは幸せになります。

「でも、カリフラワーって真っ白だし栄養なさそう……」なんて思っているそこのあなた! 今すぐカリフラワーに謝ってください! カリフラワーは実はビタミンCが豊富です。しかも加熱に強いので、ゆでても損失が少ないのがうれしいポイント。風邪をひきやすいこの季節、ビタミンCで免疫強化しましょう。食物繊維も豊富です! 旬のカリフラワーを使ったグラタン、 ぜひお試しください! では、また~!

 

作った人:北嶋佳奈

北嶋佳奈

管理栄養士、フードコーディネーター。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る