冷蔵庫にあるものを、とりあえず「肉で巻く」と豪華に見える件。「なすと豚肉のとろとろチーズ巻き」【北嶋佳奈】

f:id:kanagohan:20181114165317j:plain

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

今回は、豚バラ肉で巻いて焼くだけの簡単おつまみをご紹介します。使うのは、加熱するととろりとしておいしい「なす」。私も大好きです。この豚バラとなす、ただ切って炒めるより、肉巻きにしたほうが断然、豪華に見えて不思議なんです。

 

北嶋佳奈の「なすと豚肉のとろとろチーズ巻き」

【材料】(2人分)

  • なす 1本
  • 豚バラ薄切り肉 5枚
  • スライスチーズ 5枚
  • 大葉 5枚
  • 薄力粉 適量
  • ごま油 小さじ2
  • しょうゆ、みりん 各大さじ1
  • 白すりごま 少々

 

作り方

f:id:kanagohan:20181114165346j:plain

1. なすはできるだけ薄くスライスする。豚バラ肉は長さを半分に、スライスチーズ、大葉は半分に切る。

 

f:id:kanagohan:20181114165416j:plain

2. まな板やバットに薄力粉を広げ、豚肉、なす、チーズ、大葉の順に重ねて巻く。

※写真のように手前のほうで重ねると、巻き終わりがきれいになってはずれにくくなります。

※薄力粉がバラバラにならないようにくっつける&タレにとろみをつけてくれる役割をしてくれます。

 

f:id:kanagohan:20181114165536j:plain

3. フライパンにごま油を熱し、巻き終わりを下にして並べ、中火で順に上下左右焼く。全体に焼き色がついたらみりんとしょうゆを加え絡める。器に盛り、白すりごまをかける。

 

なすはできるだけ薄くスライス!

f:id:kanagohan:20181114165634j:plain

とろーりチーズと、とろとろ食感のなすがたまりません! 一口サイズでおつまみにぴったり。私はお弁当のおかずにもしています。ポイントはなすの切り方。分厚いと巻きにくいので、がんばって薄く切りましょう。冷蔵庫にある野菜やチーズなど、くるっと巻いておいしい肉巻きレシピ。ぜひ、お試しください。

ちなみに、今回使った「なす」には、ぶどうやブルーベリーでおなじみの「アントシアニン」が多く含まれています。「アントシアニン」は抗酸化作用があり、また、目の疲れを防ぐ効果も期待されています。なすも、忙しいときに取りたい食材のひとつとして覚えておきたいですね。

 

作った人:北嶋佳奈

北嶋佳奈

管理栄養士、フードコーディネーター。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。具たっぷりで主菜や副菜もとれちゃうおにぎり100レシピ掲載の最新刊『デパ地下みたいなごちそうおにぎり』(宝島社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る