おにぎりを100レシピ握ってわかった「絶品おにぎりの握り方」と疲れた体にうれしい「ピーマンおにぎり」【北嶋佳奈】

f:id:kanagohan:20190424153937j:plain

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

片手でさっと食べられて、お弁当にも便利な「おにぎり」は老若男女問わず人気ですね。私も最近、仕事でおにぎりを100レシピ(試作も入れるとその倍くらい?)作ったこともあって、今さらながら、おにぎりにハマっています。

 

f:id:kanagohan:20190424154000j:plain

いろんなおにぎりを握ってあらためて分かった「絶品のおにぎりを作るポイント」なんですが、

  1. 【形を整える程度の気持ちで握る】
  2. 【ごはんはいつもより硬めに炊く】

この2つを意識するだけで、ひと味違うおにぎりになりますよ!

前者は、キレイに握ろうとして、つい力を入れてギュッギュッと何度も握ってしまうおにぎり。ですが、力を入れずに形を整える程度の気持ちで3~4回握るだけで十分なんです。

後者は、いつもより水を1割ほど減らして少々硬めに炊くと、ごはんが潰れにくくなり、美味しいおにぎりになります。お米1合に対しておよそ水200mlなので、20mlくらい減らしてあげるイメージです。

 

そして今回は、おかずも一緒に食べられて、疲れた体にもうれしいおにぎりレシピもご紹介します。ごはんのおともやおつまみにもできる、「ピーマンふりかけ」をたっぷり混ぜ込んだおにぎりです。

栄養面の話をすると、ピーマンは意外にもビタミンCが多い野菜。抗酸化作用が強く老化防止を助けるビタミンCは、疲れやすい体には嬉しい栄養素です。加齢にともない細胞が衰えると免疫力も弱まるので、年齢を重ねるほど抗酸化物質は意識して取りたいもの。そんなビタミンC豊富なピーマンをたっぷり食べられるおにぎり、おすすめです!

 

北嶋佳奈の「ピーマンおにぎり」

【材料】(作りやすい分量・おにぎりおよそ8個分)

  • ピーマン 4~5個
  • ごはん およそ2合分

(A)

  • 塩昆布 大さじ2
  • ちりめんじゃこ 大さじ2
  • 白いりごま、しょうゆ、ごま油 各小さじ1

 

作り方

f:id:kanagohan:20190424153945j:plain

1. ピーマンは種を取って千切りにする。

 

f:id:kanagohan:20190424163532j:plain

2. 1を耐熱容器に入れ、(A)を入れてふんわりラップをし、

 

f:id:kanagohan:20190424153952j:plain

電子レンジ(600w)で3分加熱する。(これで「ピーマンふりかけ」の完成です!)

 

3. 2をごはんに混ぜ込み、おにぎりを握る。食中毒予防にラップを使って握りましょう。

 

「レンジピーマンふりかけ」は常備菜におすすめ!

f:id:kanagohan:20190424163618j:plain

病みつきになる「ピーマンおにぎり」。なお、「ピーマンふりかけ」はそのままごはんのおとも、お酒のおつまみとしても優秀です。冷蔵庫で4日間ほど保存可能ですので、たっぷり作っておくのがおすすめ。ぜひ、お試しください!

 

作った人:北嶋佳奈

北嶋佳奈

管理栄養士、フードコーディネーター。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。具たっぷりで主菜や副菜もとれちゃうおにぎり100レシピ掲載の最新刊『デパ地下みたいなごちそうおにぎり』(宝島社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る