サバ缶の美味しい食べ方は、いくら知っていてもいいものです。「サバ缶の甘酒みぞれ煮」の作り方【北嶋佳奈】

f:id:kanagohan:20191025144919j:plain

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

常備しているという人も増えているサバ缶。いろいろな使い方を覚えておくと助かりますね。

以前はパスタのアレンジもご紹介しましたが、

www.hotpepper.jp

今日は、和のおかず「みぞれ煮」にしてみましょう。

みぞれ煮はアレンジしやすく、きのこやレンコンなどを合わせるとさらにボリュームが出て満足感が増します。

サバと大根、そして甘酒の組み合わせにも注目です。

サバのDHAやEPAは必須脂肪酸で、血液や血管の健康維持に関わっています。そこに、発酵食品である甘酒と、食物繊維を含む大根を合わせることで、腸内環境を整えて免疫力アップが期待できます。

水煮を使うので、サッと煮るだけですぐに作れるのも嬉しいサバ缶のみぞれ煮、おすすめですよ。

 

北嶋佳奈の「サバ缶の甘酒みぞれ煮」

【材料】(1~2人分)

  • サバ水煮缶 1缶
  • 大根 3cm
  • 青ねぎ(小口切り) 適量
  • ごま油 小さじ1
  • 七味唐辛子 お好みで

(A)

  • しょうゆ 大さじ1
  • 麹甘酒(2倍濃縮タイプ) 大さじ1(みりん 大さじ1、もしくは砂糖 小さじ1でもOK)

 

作り方

f:id:kanagohan:20191025063329j:plain

1. 大根はすりおろし、フライパンに入れ(A)を加え火にかける。

 

f:id:kanagohan:20191025063338j:plain

2. 煮立ったらサバ水煮缶を加え弱火で煮る。

 

f:id:kanagohan:20191025063346j:plain

3. 3分ほど煮たら器に盛り、ごま油をかけて青ねぎ、七味唐辛子を散らす。

 

みぞれ煮に使う大根おろしは、たっぷり作って冷凍可能!

f:id:kanagohan:20191025145144j:plain

甘辛~い味で箸がすすむ「みぞれ煮」は、ごはんのおかずにもおつまみにもぴったり、使える一皿です。

ところで、大根おろしは毎回おろすのは面倒ですよね。市販のものもありますが、少々割高感もあります。そこで使えるのが冷凍ワザ。生の大根をたっぷりすりおろしたら、密封袋に広げて入れて冷凍保存。これなら、必要なときにパキっと割って使えて便利です。ブレンダーやミキサーがあれば、大根をおろすのもさらにラクラク。ぜひ、お試しください!

 

作った人:北嶋佳奈

北嶋佳奈

管理栄養士、フードコーディネーター。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。白砂糖は使わず、麹甘酒や食材本来の甘みで体にやさしいおやつを作る「こはなのおやつ」のプロデュースも手がける。具たっぷりで主菜や副菜もとれちゃうおにぎり100レシピ掲載の『デパ地下みたいなごちそうおにぎり』(宝島社)が発売中。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る