その手があった「冷麺風そうめん」の酸っぱウマさを蒸し暑さでぐったりした体に【北嶋佳奈】

f:id:kanagohan:20200611110635j:plain

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

暑い日が増えてくると、冷たい麺が食べたくなりますね。そうめんやざるそばなどは、手軽に調理できて、喉越しもよく食欲のない日にもぴったり。ですが、麺だけで主菜や副菜がないと、栄養バランスの偏りが心配……。

そんな時にお試しいただきたいのが、具沢山でお酢を使った酸味のあるスープがクセになる「冷麺風そうめん」。ささみでタンパク質を補給して、野菜もたっぷり食べられます。冷水でスープを薄めつつ冷やして、あっという間に完成ですよ。

しかも、スープに使うお酢に含まれるクエン酸は、疲労回復の効果が期待できます。また、お酢の酸味によって唾液が増えることで食欲が刺激され、さらに消化も促進されるので、夏バテ予防にもぴったりです。

 

北嶋佳奈の「冷麺風そうめん」

【材料】(1人分)

  • そうめん 1人分
  • ささみ 1本
  • 乾燥わかめ 軽くひとつかみ
  • トマト(中) 1/4個
  • ゆで卵 1/2個
  • キムチ 適量
  • 冷水(氷水でもOK) 200ml(1カップ)
  • ごま油 少々

(A)

  • お酢 大さじ1と1/2
  • しょうゆ 大さじ1/2
  • 顆粒鶏ガラスープ 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1/3
  • おろしにんにく 少々

作り方

f:id:kanagohan:20200611060750j:plain

1. 鍋に冷水50ml(冷水の1/4量ほど)と(A)を入れて中火にかけ、軽く沸騰してきたらささみを手でちぎりながら加えて、1~2分煮る。

 

f:id:kanagohan:20200611060744j:plain

2. 残りの冷水150mlを加え冷やす。

冷水を使うことでスープを一気に冷やします。

 

f:id:kanagohan:20200611060739j:plain

3. 乾燥わかめは規定通りに水で戻し、トマトはくし形に切る。

そうめんは規定の時間通り茹でて冷水にさらし、しっかり水気を切る。

そうめんは水っぽいとスープが薄まってしまうので、しっかり水気を切ります。ザルに押し当てるようにするとよくしぼれますよ。

 

4. 皿にそうめんとわかめ、トマト、キムチ、ゆで卵、煮たささみをのせて、2のスープをかけ、ごま油をかけて完成。

 

“追い酢”で食欲増進!

f:id:kanagohan:20200611060755j:plain

ささみの旨味も入った酸っぱウマいスープと、シャキシャキのキムチで箸がすすみますよ。そうめんレシピのバリエーション強化にぜひ、お試しください。

具は、きゅうりやねぎなど家にあるものもプラスして、いろいろなアレンジで楽しめます。お好みで“追い酢”もして、疲れやすい夏を元気に乗り越えましょう。

 

もずく酢を使った、暑い季節に食べたい酸っぱウマいスープもおすすめです。

www.hotpepper.jp

 

作った人:北嶋佳奈

北嶋佳奈

管理栄養士、フードコーディネーター。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。白砂糖は使わず、麹甘酒や食材本来の甘みで体にやさしいおやつを作る「こはなのおやつ」のプロデュースも手がける。『からだ想いのまんぷく小鍋』、『デパ地下みたいな ごちそうおにぎり』(ともに宝島社)など著書多数。最新刊『遅夜ごはん』(宝島社)は、とにかく簡単に作れて、栄養バランスもよくて、さらに糖質控えめの夜食レシピを掲載。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る