ずっと中火で5分。パラパラ「梅チャーハン」は、梅干しの酸味が食欲そそります【北嶋佳奈】

f:id:recipeblog:20200625183403j:plain

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

サクッと満たしたい暑い日の空きっ腹。洗い物もできるだけ出したくない……。そんな時は、包丁いらずのチャーハンに決まりです。冷やご飯があれば、味付け不要、中火で5分でパラパラの「梅チャーハン」が完成ですよ。

梅干しのクエン酸が食欲を刺激して、暑い日でもペロリと食べられます。

 

f:id:kanagohan:20200624173045j:plain

梅干しといえば、あの赤い姿を見るだけで、いや、思い出すだけでジュワッと唾液が出てくる、という人も多いですよね。唾液が出ることで食欲が増すだけでなく、唾液に含まれる酵素(アミラーゼ)には、消化を助けてくれる働きがあります。

お手軽梅チャーハンで、梅干しのメリットを余すところなくいただきましょう。

 

北嶋佳奈の「梅チャーハン」

【材料】(1人分)

  • 冷やご飯 茶碗1杯(ほぐせる程度に半解凍した冷凍ご飯でもOK)
  • 卵 1個
  • 梅干し 1個(1.5cmくらいの小さいものなら2個)
  • レタス 1~2枚
  • ごま油 小さじ2
  • しらす 大さじ大盛り1杯
  • しょうゆ 小さじ1/2
  • 粗びき黒こしょう 少々

作り方

f:id:kanagohan:20200625101220j:plain

1. 梅干しは種を取り刻んでおく。(キッチンバサミで刻むとラク)。卵は溶いておく。

梅干しは、はちみつ梅など甘めのものより、しっかり酸味のあるしそ漬けがオススメです。

 

f:id:kanagohan:20200624155954j:plain

2. フライパンにごま油を中火で熱し、しらすをサッと炒める。冷やご飯を加えヘラでよくほぐしながら、中火のままパラパラになるまで炒める。

冷凍ご飯を使う場合は、ヘラでほぐせる程度に解凍してから入れてください。完全に解凍する必要はありません。

 

f:id:kanagohan:20200624160005j:plain

3. ご飯をよけて卵を注ぎ混ぜ、半熟になったら全体を混ぜる。

 

f:id:kanagohan:20200624160008j:plain

4. 梅干し、しょうゆを加えて炒め、レタスを手でちぎって加え手早く炒め合わせる。器に盛り、粗びき黒こしょうをふって完成。

レタスは、さっと合わせるだけでOKです。いつまでも炒めていると、シャキシャキ感が失われてしまいます。

 

冷やご飯でつくるとパラパラになりやすい

f:id:kanagohan:20200624173059j:plain

味付けは梅干しとしらすの塩気と、ほんの少しのしょうゆだけですが、スプーンが止まらない「梅チャーハン」です。具には大葉(青じそ)、ミョウガ、枝豆、ツナなどもいいですね。

ところで、わが家のチャーハンには、今回のレシピのように冷やご飯(や半解凍した冷凍ご飯)を使うことが多いです。

温かいご飯だと、炒める時にご飯同士がくっついてパラパラにするのが難しくなりがち。その分、冷やご飯なら、フライパンの上で温めながらほぐすイメージで炒めれば、火加減を気にせずとも自然とパラパラチャーハンになってくれるんです。冷やご飯や冷凍ご飯でつくるお手軽チャーハン、ぜひお試しください。

 

作った人:北嶋佳奈

北嶋佳奈

管理栄養士、フードコーディネーター。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。白砂糖は使わず、麹甘酒や食材本来の甘みで体にやさしいおやつを作る「こはなのおやつ」のプロデュースも手がける。『からだ想いのまんぷく小鍋』、『デパ地下みたいな ごちそうおにぎり』(ともに宝島社)など著書多数。最新刊『遅夜ごはん』(宝島社)は、とにかく簡単に作れて、栄養バランスもよくて、さらに糖質控えめの夜食レシピを掲載。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る