旬の新じゃがを辛くてこってり「辛みそチーズ鶏じゃが」で食べる【北嶋佳奈】

f:id:kanagohan:20210408181217j:plain

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

新じゃがが美味しい季節です。皮が柔らかく水分の多い新じゃがは、皮をむかずにやさしく洗えばそのまま使えて便利。

今回はその新じゃがを使って、箸がすすむ濃い味「鶏じゃが」を作ります。にんにくの風味とラー油の辛味、チーズのまったりとしたコクが合わさって、ご飯のおかずにも、ビールのおつまみにもぴったりな味に仕上がりましたよ。

 

北嶋佳奈の「辛みそチーズ鶏じゃが」

【材料】(2人分)

  • 鶏もも肉 1枚
  • 新じゃが 中2~3個(小粒なら切らずに5~6個)
  • ごま油 小さじ1
  • ピザ用チーズ、青ねぎ(小口切り) 適量

(A)

  • みそ、酒 大さじ1
  • 砂糖 小さじ2
  • しょうゆ、おろしにんにく 各小さじ1
  • ラー油 お好みの量

作り方

f:id:kanagohan:20210409103136j:plain

1. 新じゃがは食べやすい大きさに、

 

f:id:kanagohan:20210409103116j:plain

鶏もも肉も食べやすい大きさに切る。

 

f:id:kanagohan:20210408181253j:plain

2. フライパンにごま油を中火で熱し、新じゃが、鶏もも肉を入れてフタをしたら3~4分焼き、一度裏返してからフタをしてさらに3~4分焼く。じゃがいもに竹串などを刺してスッと通るようになったら、(A)を加え絡める。

(A)のラー油の量はお好みで。小さじ1/4くらいでちょい辛に仕上がります。

 

f:id:kanagohan:20210409103126j:plain

3. ピザ用チーズをのせてもう一度フタをしたら、火を止めて1分ほどおき、予熱でチーズを溶かす。

 

4. 皿に盛り、青ねぎを散らす。

 

辛さはお好みで調整を

f:id:kanagohan:20210408181227j:plain

韓国料理にあるじゃがいもの甘辛煮、カムジャジョリムをヒントにした、見た目の期待どおりのこってり鶏じゃがです。甘辛みそ×チーズの間違いない組み合わせで、食べ始めたら止まらなくなる美味しさです。

ラー油の量はお好みで調整してください。辛いのが好きな方は、食べながら“追いラー油”してもいいですね。ラー油に代えて一味唐辛子で辛味をつけてもOK。お店で新じゃがを見かけたら、ぜひお試しください。

 

新じゃがとみその組み合わせは、ミネストローネもおすすめです。みそは最後に加えて、煮立たせすぎないのがポイント。

www.hotpepper.jp

 

作った人:北嶋佳奈

北嶋佳奈

管理栄養士、フードコーディネーター。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。白砂糖は使わず、麹甘酒や食材本来の甘みで体にやさしいおやつを作る「こはなのおやつ」のプロデュースも手がける。『からだ想いのまんぷく小鍋』、『デパ地下みたいな ごちそうおにぎり』(ともに宝島社)など著書多数。最新刊『遅夜ごはん』(宝島社)は、とにかく簡単に作れて、栄養バランスもよくて、さらに糖質控えめの夜食レシピを掲載。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る