【糖質カットおつまみレシピ】なすがとろけてボーノな「なすピザ」【北嶋佳奈】

こんにちは! 管理栄養士の北嶋佳奈です。

夜は涼しくなってきたので、チーズを使ったこってり系おつまみが恋しい! そんなときは、まだまだおいしい「なす」を使った、糖質控えめのピザがオススメですよ。

 

北嶋佳奈の「とろとろなすピザ」

【材料】(1人分)

  • なす 1本
  • ミニトマト 4個
  • ベーコン(スライス) 1枚
  • ピザ用チーズ 適量
  • ブラックペッパー 少々
  • バジル(葉を食べやすくちぎる。ドライバジルでもOK) 適量
  • (A)
  • トマトケチャップ 小さじ2
  • おろしにんにく 小さじ1/3

 

作り方

1. なすは縦に4等分にスライスして、皮には格子状に切り込みを入れる。ミニトマトは4等分して水気をふきとる。ベーコンは5mm幅に切る。

火の通りをよくするため、なすの皮には切り込みを入れておきます。

 

2. なすに(A)を塗り、

 

ベーコン、ミニトマト、ピザ用チーズの順にのせる。

 

3. オーブントースターやグリルで、こんがり焼き色がつくまで8~10分を目安に焼く。

調節ができるタイプなら、焦げないように弱めの火加減で焼きます。今回は、両面焼きグリルで弱火で10分ほど焼きました。

 

4. 仕上げにブラックペッパー、バジルを散らして完成。

 

じっくり焼いたなすがとろけます!

じっくり焼いたなすとチーズのとろとろ感、ベーコンのうま味、そして、ミニトマトの甘さがよく合って、1人でなす1本ぺろりです。

トマトケチャップとおろしにんにくの即席ピザソースも、にんにくの風味が効いていて美味しいです。食パンや、油抜きした油揚げに塗って焼いて、ピザトースト風に食べるのもありです

バジルはドライタイプでもOKですが、フレッシュな葉を小さくちぎってのせるのをオススメします。風味が段違いで、味も香りもメリハリが出ますよ。

粉類を一切使わない、糖質カットのなすピザ。ぜひ、お試しください!

 

作った人:北嶋佳奈

北嶋佳奈

管理栄養士、フードコーディネーター。大学卒業後、飲食店勤務やフードコーディネーターアシスタントを経験し、独立。「こころもからだもよろこぶごはん」をテーマに美容・ダイエット・健康に関する料理本の出版、雑誌でのレシピ開発やコラム執筆、ラジオ・テレビ・イベントへの出演などで活動中。白砂糖は使わず、麹甘酒や食材本来の甘みで体にやさしいおやつを作る「こはなのおやつ」のプロデュースも手がける。『からだ想いのまんぷく小鍋』、『デパ地下みたいな ごちそうおにぎり』(ともに宝島社)など著書多数。最新刊『遅夜ごはん』(宝島社)は、とにかく簡単に作れて、栄養バランスもよくて、さらに糖質控えめの夜食レシピを掲載。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る