ベトナム流「ヤギの焼肉」が絶品! 豚のおっぱいもあるよ【大阪】

f:id:mesitsu_lc:20170307024101j:plain

こんにちは、メシ通レポーターのケメコです。
ベトナム料理といえば、辛すぎず、クセもあまりないやさしい味わいですよね。わたし自身そんなベトナム料理が大好きで、フォーや生春巻きを「おいしいなぁ」なんて機嫌よく食す日々だったのですが……。

 

先日、新しいベトナム料理店を開拓しようとして調べていたところ、ちょっと様子の違うお店を発見しました。

それが「ベトナム料理 クアンコム11」
ベトナム料理店って、フォーや生春巻きを前面に押し出すスタイルが一般的。けれどもこちらのお店は、「ヤギ料理」をアピールしちゃっているのです。ベトナムってヤギ食べるのか、知らんかった……なんて思いながら、さっそく訪ねてみたのでした。

 

一体どんなお店なのだろうか!?

f:id:mesitsu_lc:20170307024233j:plain

やってきました。「ベトナム料理 クアンコム11」。

 

f:id:mesitsu_lc:20170307024245j:plain

ベトナム料理店らしい店構えですね。

 

f:id:mesitsu_lc:20170307024305j:plain

2016年9月にオープンしたばかりで、店内はとてもきれい。中も広くてゆったりできる雰囲気です。

 

f:id:mesitsu_lc:20170307024327j:plain

ベトナムおなじみの「ノンラー」という葉笠が飾られていたり、ベトナムの調度品が飾ってあったりと、ベトナムの雰囲気が満載。

 

オーナーの後藤さん、どうしてヤギメインで?

f:id:mesitsu_lc:20170307024500j:plain

ーーまずは、ベトナム料理店オープンのきっかけから教えてください。

後藤さん:学生時代バックパッカーをしていて、東南アジアを6〜7カ国ぐらい回っていたんです。そこでアジア料理全般に興味が出て、帰国してからベトナム料理店でアルバイトを始めました。そこからベトナム料理にハマって、現地にも何度も行って食べ歩きする中で、ベトナム料理店を出そうと。

 

ーーヤギ料理をメインにしているって珍しいですよね。

後藤さん:ベトナムでは割とヤギは食べられているんですが、日本でそれを打ち出しているお店があまりなくて。だったらやってみようかなと。日本人の舌に合わせるというより、なるべく本場の味に近い形で出しています。

 

本場の味でそのまま提供……! これは期待が高まります。

 

さあヤギを! と思ったら、気になるものが……

f:id:mesitsu_lc:20170307024600j:plain

「クアンコム11」の名物メニューはこちら。

 

って、ん……!?

f:id:mesitsu_lc:20170307024624j:plain

「ちちかぶ(豚のおっぱい)」!!!!!

「ヤギの焼肉」目当てでやってきましたが、それよりなにより「豚のおっぱい」がだいぶ気になります。

これは頼むしかない。

「すいません! 豚のおっぱいもください!」

 

f:id:mesitsu_lc:20170307024759j:plain

▲ちちかぶ(豚のおっぱい)の焼肉(1,188円)

 

おおお。これが豚のおっぱい。
白いお肉ですね。果たしてどんな食感、味なのだろうか……。

 

f:id:mesitsu_lc:20170307024849j:plain

こちらの鉄板で焼きます。自分で焼いていくスタイル。

 

f:id:mesitsu_lc:20170307024914j:plain

おっぱい、おいしそうですな。

 

f:id:mesitsu_lc:20170307025004j:plain

では、甘酢っぱいタレにつけていただきます!

おっこれは……意外!!

おっぱいというので、脂肪のかたまりのようなふにゃっとした食感を想像していましたが、適度にコリッとしています! かといって弾力があってかみ切れないような、いわゆるホルモンのような食感ではなく、コリッサクッといった感じでどんどん食べられる! おっぱい自体の味はたんぱくなので、にんにくやベトナムの魚醤・ヌックマムなどで下味が付けられていて、これもまた最高においしいです。

 

いや〜おっぱい、単なる脂肪かと思いましたが、ぜんぜん違ってかなりうまい!! 意外とポテンシャル秘めてますよ。

あっさり感もあるのが、かなり意外でした。

 

では、本命のヤギさんを

f:id:mesitsu_lc:20170307025330j:plain

▲ヤギ肉の焼肉(1,836円)

 

ヤギ肉、どん! 赤身が多くヘルシーに食べられそう。

 

f:id:mesitsu_lc:20170307025352j:plain

ジュージュー。おいしそうなにおいが漂ってきます。

 

f:id:mesitsu_lc:20170307025415j:plain

腐乳+サテという辛めの調味料で仕上げたタレの中にくぐらせて、いただきます!!

おぉ!!! ベトナミーズヤギ、うまい!!!

赤身肉をしっかり堪能できる味わいです。レモングラスやにんにく、ヌックマム、カレー粉で下味をつけているのでクサみもなく、単なるヤギの焼肉ではなく、ちゃんとベトナムの味に仕上がっています。

脂肪分が少ないのでヘルシーですし、胃もたれもせずにぺろっといけちゃいますよ。おいしい。

 

f:id:mesitsu_lc:20170307025530j:plain

ちなみに、ベトナム料理といえば香草や調味料が豊富。


「クアンコム11」でも香草が食べ放題だったり、

f:id:mesitsu_lc:20170307025544j:plain

テーブルの上に各種調味料を常備しています。

 

オーナーの後藤さん曰く、ベトナムではテーブルに料理が出された時点では「7割完成している」という状態なのだとか。そこから自分で香草や調味料を足すことで、自分好みの味に仕上げるそうです。

というわけでこちらもそれに倣い、調味料をちょい足ししてみました!

 

その1:ヤギ肉+「ヌックマム」

f:id:mesitsu_lc:20170307025629j:plain

ベトナム料理の基本の味。これを入れればたいがいのものはベトナム料理っぽくなる万能選手です。ヌックマムをプラスすることで、ちょい味が濃くなります。うん、イイ!

 

その2:おっぱい+「シーズニングソース」

f:id:mesitsu_lc:20170307025701j:plain

アジアの大豆醤油で、とろみと甘みのあるソースです。淡泊なおっぱいとよく合う!

 

その3:ヤギ肉&おっぱい+「海老塩」

f:id:mesitsu_lc:20170307025732j:plain

海老と唐辛子とにんにく入りのピリ辛の塩。これ、想像していたのとちょっと違いました。すっごくうま味たっぷりで、かつとてもオリエンタルな味です。焼肉にはもちろん合いますし、ご飯にかけても良さそう!

 

3バージョン試した結果、おすすめは「海老塩」! どれもうまいし間違いないのですが、意外性のある味って心を揺さぶりますよね、ということで。

 

さらにさらに、ヤギ肉入りのベトナムカレーもおすすめとのことで、出していただきました。

f:id:mesitsu_lc:20170307030237j:plain

▲山羊のココナッツカレー(1,404円)

 

カレーには、ライスかバゲットかビーフンのどれかをお好みで選べます。おすすめはバゲット!

 

f:id:mesitsu_lc:20170307030334j:plain

いただきま〜す。

おおっ! マイルドでおいしい!!
タイのココナッツカレーとはまた違って、少しこっくり感のあるカレー。ヤギ肉もカレーと調和していて、おいしく食べられます。玉ねぎやオクラなど、野菜がたくさん入っているのもうれしいところ!

 

f:id:mesitsu_lc:20170307030416j:plain

もちろん、パンにつけて食べてもおいしい。

堪能しました! ごちそうさまでした〜。

 

f:id:mesitsu_lc:20170307030612j:plain

「ベトナム料理 クアンコム11」には、ヤギ肉料理をはじめ、フォーや生春巻きもラインアップしています。フォーをはじめ、日本でよく知られたベトナム定番料理も間違いないうまさなのですが、ヤギ肉と豚のおっぱいもヤミツキになる味。ぜひぜひ試してみてください!

 

お店情報

ベトナム料理 クアンコム11

住所:大阪大阪天王寺区生玉前町1-11 マックスビル1F
電話番号:06-6105-3615
営業時間:ランチ 11:30〜15:30(LO 15:00)、ディナー 17:00〜23:00(LO 22:00)
定休日:不定休
ウェブサイト:https://quancom11.owst.jp/

www.hotpepper.jp

※金額はすべて税込みです。
※この記事は2017年3月の情報です。

 

書いた人:ケメコ

ケメコ

福井県出身、大阪府在住。某エンタメ系企業にて雑誌編集に携わり、その後コピーライターを経てフリーランスに。大衆居酒屋から小洒落たカフェまで、うまいと聞けばどこへでも突入。ゆえに体重増量中。

過去記事も読む

トップに戻る