新世界へ来てここに寄らないなんて!「肉のさかもと」のヘレカツサンドとビールが最高【大阪】

f:id:mesitsu_lc:20170606200400j:plain

 

魅惑の街、大阪・新世界。

f:id:mesitsu_lc:20170606194441j:plain

通天閣を筆頭に、通りに立ち並ぶド派手な看板から、その前で大声で呼び込みをする店員さんから、昼間っから大酒飲んでいるオッチャンから、とにかくすべてが騒々しくて楽しい。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606194535j:plain

一方で、裏通りをのぞくと驚くほどシンとしていたり、昭和そのままの佇まいを残していたり、あるいはシャッターが閉まった商店街だったり……、なんともいえない気持ちにおそわれたりする街。

 

この街が好きな理由はたくさんあるのですが、やっぱりいちばんは「人情味があふれている」ということ。人情があふれすぎていて訪れた人みな友達、みたいなそんなおおらかさで迎え入れてくれるのです。

 

新世界に来たらハズせないお店「肉のさかもと」

f:id:mesitsu_lc:20170606194644j:plain

地下鉄・恵美須町駅3番出口を出てすぐ「新世界市場」という商店街の入り口にある「肉のさかもと」

 

f:id:mesitsu_lc:20170606194939j:plain

この地にて長年精肉店を営んでおり、常連さんもたくさん。人通りは決して多くない商店街ながら近隣住民や観光客からも愛され、しっかりと商売を続けているお店です。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606194739j:plain

「いらっしゃ〜い」と笑顔で迎えてくれる店主の阪本さん。この日は近所に住む方が犬の散歩がてら訪れていて、店前で話し込んでおられました。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606194831j:plain

とても人懐っこいワンちゃんでした。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606194849j:plain

店主の阪本さんとご近所の方。エプロン姿って無条件でほっこりしますよね。

 

新世界に来たら、串カツもいいけれどぜひこのお店のヘレカツサンドは食べておいていただきたいのです!
極厚のやわらかなヘレカツとカラシの効いたソースの相性が抜群なのですよ。

 

店内の様子はこんな感じ。

f:id:mesitsu_lc:20170606195059j:plain

f:id:mesitsu_lc:20170606195026j:plain

いつかここでかたまりの肉を買って、チャーシューなどを仕込みたい……。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606195144j:plain

ショーケースの隣にて、コロッケなどいわゆるお肉やさんのお総菜が買える仕組みとなっています。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606195221j:plain

ラインアップはこちら。この佇まい、かなりそそられませんか。

「オクラ豚まき 小ちゃいのん」というお品書きとか、たまらないですよね。

ヘレカツサンドは1,500円と860円の2種類あるのですが、ここはワンランク上の1,500円の方を激押しいたします。肉は同じなのですが厚さが異なっていて、ジューシーさが段違いなのです。
ちなみに「ビフカツサンド(ヘレ肉)」という表記と「ヘレカツサンド」という表記があるけれど、どちらも同じものなのであしからず。

 

1,500円のヘレカツサンドとビールで乾杯

f:id:mesitsu_lc:20170606195354j:plain

しっかりと筋切りした分厚いヘレ肉にパン粉をつけて、ゆっくりじんわり揚げていきます。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606195416j:plain

じゅわじゅわ〜。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606195432j:plain

ヘレ肉が揚がったら、軽くトーストしてカラシとソースを塗ったパンで挟みます。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606195455j:plain

パンの耳が肉のジューシーさを奪ってしまいお肉がパサパサになるのだそうで、端は丁寧に切り落とします。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606195514j:plain

店内にひとつだけあるイートインスペースにて堪能しましょう!(持ち帰りもOKですよ)

 

f:id:mesitsu_lc:20170606195543j:plain

おいしそう〜!!

 

持ち込みは自由なので、ビールでもジュースでも好きな飲み物を持ち込むべし。

「市場の奥入っていったらな、お酒の自販機があんねん」
とのことなので、もちろん直行します。

f:id:mesitsu_lc:20170606195630j:plain

財布にやさしい第三のビールもいいけれど、1,500円のヘレカツに合わせるのだからこちらをチョイス!

 

f:id:mesitsu_lc:20170606195711j:plain

ちなみにこのとき、まだ朝の10時半です。朝っぱらからキンキンに冷えたビールとジューシーなヘレカツサンドを味わうなんてぜいたくこの上ない。

 

では。

f:id:mesitsu_lc:20170606195730j:plain

「やわらかっ!!!」

あぁ……しみじみうまいよ。
ほどよく赤みを残したヘレ肉は、まずとてもやわらかいのです。で、かんでいるとじんわりじんわりうま味があふれ出す。スパイシーなカラシとソースも相まって、ずっと飽きずに食べられます。
ヘレ肉なのでこってり感もなく、赤身肉のうま味を存分に堪能できちゃいますよ。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606195820j:plain

ソースが足りないなと思ったら、付属のソースを追加でかけて調整しましょう。

「でもさあ、せっかく新世界に来たのだから串カツも食べておきたいよナァ」

そんな方もおまかせあれ。

 

「肉のさかもと」にも串カツがあります。 

f:id:mesitsu_lc:20170606195935j:plain

二度づけ禁止ソース。ちょっと見えにくいですが、「コロッケは だめよ だめだめ」と書いてあります。愛しい。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606200006j:plain

一度だけくぐらせて、余分なソースはきるべし。つけすぎないのがポイントです。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606200049j:plain

「肉のさかもと」の串カツは玉ねぎ入りなので、甘みがプラスされてやさしい味わい。もちろん、さすがお肉やさんだけあって肉もやわらかくておいしいのです。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606200112j:plain

二度づけは禁止だけれど、追加でかけられるソースもあるのでお好みでどうぞ。食べ方にはまったくうるさくないのがさかもとスタイル。

 

しっかり堪能し、大満足!
この日はまだ午前中だったこともあり比較的のんびりした雰囲気だったのですが、お昼を過ぎるとどっと混むこともあるそうなので、お店のイートインスペースで食べたい時には午前中が狙い目ですよ。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606200140j:plain

「コロッケ 80円」「ミンチカツ 130円」「ハムカツ 130円」を持ち帰り用に包んでもらいました。

 

ちなみに1,500円のヘレカツサンドを持ち帰り用にしてもらうと紙袋に入れてくれます。

f:id:mesitsu_lc:20170606200159j:plain

「紙袋は1,500円の”だけ”やねん」とのこと。さすがワンランク上のカツサンドですね。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606200233j:plain

「エエやろ〜。おしゃれやろ〜」と店員さんもイチ押し。
ぜひ1,500円のヘレカツサンドをゲットし、さかもとバッグを小脇に抱えておしゃれに新世界を練り歩いていただきたいところです。

 

f:id:mesitsu_lc:20170606200311j:plain

コロッケもミンチカツもハムカツも、やさしい味わいでとてもいい。
とくにコロッケにはほんのりカレー味がついていて、クセになるおいしさでした。

 

人もお店も魅力たっぷりの新世界。この地を訪れた際は、ぜひ胃の中にヘレカツサンドを入れる容量を残しておいてくださいね!

 

お店情報

肉のさかもと

住所:大阪大阪市浪速区恵美須東1-22-6
電話番号:06-6641-0508
営業時間:8:30〜17:00頃
定休日:木曜日
ウェブサイト:http://www.ab.auone-net.jp/~onikuya/

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年6月の情報です。
※金額はすべて税込みです。

 

書いた人:ケメコ

ケメコ

福井県出身、大阪府在住。某エンタメ系企業にて雑誌編集に携わり、その後コピーライターを経てフリーランスに。大衆居酒屋から小洒落たカフェまで、うまいと聞けばどこへでも突入。ゆえに体重増量中。

過去記事も読む

トップに戻る