世の「卵かけご飯」好きに、噂の筋肉料理人がどうしても教えたい食べ方「焼き鳥缶詰で親子卵かけご飯」

f:id:kinniku39:20190111161947j:plain

こんにちは~筋肉料理人です!

1月も半ばとなり、正月気分もようやく抜けてきましたが、年末、正月と散財で懐具合は寂しいし、さんざん食べて飲んでしてからごちそうはまだいいかな…… って方は多いのではないでしょうか?

そんな時は手軽に食べられる「卵かけご飯」がおすすめです。ふつうに食べておいしい卵かけご飯を、常備している方も多い「焼き鳥缶詰」で丼風にアレンジしてみましょう。ボリュームもアップしますから、これだけで済ませても満足感アリです! それから、卵かけご飯を食べるときに私的に大事なポイントもご紹介します。

 

筋肉料理人の「焼き鳥缶詰で親子卵かけご飯」

【材料】1人分

  • 焼き鳥缶詰 1缶
  • 卵 1個
  • 温かいご飯 1膳
  • 刻みねぎ、しょう油 適宜

 

作り方

f:id:kinniku39:20190111162051j:plain

1. 焼き鳥缶詰はタレ味、塩味ありますが、どちらでも手に入るものでOKです。耐熱容器に移してラップをし、電子レンジ(600w)で15~20秒加熱して煮汁を溶かします。

※焼き鳥缶詰は鶏肉のゼラチン質で、冷たいままだと煮汁が固まっていることってありますよね。温めることで煮汁を溶かします。

 

f:id:kinniku39:20190111162135j:plain

2. ここで、私的に大事なポイントです。1つ目は、ご飯茶碗に熱湯を入れて温めておきます。

 

f:id:kinniku39:20190111162354j:plain

そして2つ目、卵もぬるま湯につけて温度をあげておきます。

※こうすることで、温かい卵かけご飯を食べることができます。卵を温める時はぬるま湯で、食べる直前に温めてください。

 

3. 茶碗に温かいご飯を盛ります。ご飯が冷め気味の時は、電子レンジで温めるのもおすすめですが、あまりに熱すぎると卵が固まるので程々に。上に1の焼き鳥缶詰の焼き鳥を盛り付け、焼き鳥缶詰の煮汁をかけます。薄めの味がお好みの方は、煮汁の量を半分くらいにしましょう。

 

f:id:kinniku39:20190111162503j:plain

卵をトッピングし、お好みでしょう油をかけ、刻みねぎをちらし、混ぜていただきます。

 

おいしいので絶対にお試しください!

f:id:kinniku39:20190111162541j:plain

「焼き鳥缶詰で親子卵かけご飯」のできあがりです。混ぜたところを、温かいうちにかき込みます。激ウマです! めっちゃいけます。焼き鳥缶詰で甘辛なうま味が入っているのがおいしい、そしてボリュームがあります。画像では大振りな茶碗にご飯大盛りで作っていますが、ふつうに丼で作ってもいいでしょう。その時は缶詰の煮汁を全部かけるとちょうどいいでしょうね。

 

f:id:kinniku39:20190111162653j:plain

そして、これに「海苔の佃煮」をプラスするだけで、さらにおいしいアレンジができます。

 

f:id:kinniku39:20190111162716j:plain

ご飯に焼き鳥をのっけたら、海苔の佃煮小さじ1~を添えます。

 

f:id:kinniku39:20190111162738j:plain

卵をボウルに割り入れ、焼き鳥缶詰の煮汁を半分くらい加えて溶きます。

※卵は予め、溶いてから使うと、カラザ(白身にある白いひものようなもの)が取りやすいです。

 

f:id:kinniku39:20190111162830j:plain

溶いた卵をかけ、さっくり混ぜていただきます。

※あらかじめ溶いた卵をかけると、ご飯と混ざりやすいです。

 

f:id:kinniku39:20190111162915j:plain

私はここで「ラー油」をかけるのが大好き。ラー油が海苔の佃煮、卵と相性がいいんです。ラー油のピリ辛と海苔の風味が加わった親子卵かけご飯、ますいはずがないです。おいしいので、ついつい、早食いしちゃうのが、この食べ方の欠点? とにかく、おいしいので絶対にお試しください。

 

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

筋肉料理人 藤吉和男

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る