【筋肉料理人】筋トレ民以外も作ってほしい「鶏むね肉ともやしの水炊き」、シメは“地獄炊き”がウマい

f:id:kinniku39:20200203141723j:plain

こんにちは~筋肉料理人です!

今日は筋トレ民には必須の鶏むね肉と、コスパ食材のもやしを使った「水炊き」を紹介します。皮をとった鶏むね肉は、下処理してから使うので柔らかジューシー。もやしと合わせて、いくらでも食べられますよ。安上がりで簡単なので、筋トレをしていない方もぜひ。

そして、鍋のシメには「地獄炊き」をお試しください。寒い夜も体が芯から温まります!

 

筋肉料理人の「鶏むね肉ともやしの水炊き」

【材料】2人分

  • 鶏むね肉 1枚(300~350g)
  • もやし 1袋
  • チンゲン菜 1株
  • エノキダケ 1パック
  • にんじん 1/2本
  • 豆腐 1/2丁
  • 日本酒 100ml(1/2カップ)
  • 牛乳 大さじ2
  • だし昆布 3×5cm
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • ぽん酢しょう油、柚子こしょう、七味唐辛子など お好みで

(A)

  • 片栗粉 大さじ2
  • 日本酒 大さじ1・小さじ1
  • しょう油 小さじ2
  • 鶏ガラスープの素(顆粒タイプ) 小さじ1/2
  • おろししょうが 小さじ1/4

 

作り方

f:id:kinniku39:20200203142259j:plain

1. チンゲン菜は茎と葉に切り分け、茎は縦に切ります。

チンゲン菜は冬が旬の野菜なので、今の時期、お安く、美味しいのが手に入ります。チンゲン菜の代わりに、ほうれん草など他の青菜をいれてもいいです。

 

f:id:kinniku39:20200203142305j:plain

にんじんは千切り、

 

f:id:kinniku39:20200203142311j:plain

エノキダケは石づきを切り取り、半分に切ってほぐしておきます。豆腐は一口大に切ります。

 

f:id:kinniku39:20200203142320j:plain

2. 鶏むね肉は皮を取り、1cm弱の厚みの一口大に切ります。

 

f:id:kinniku39:20200203142327j:plain

切ったらポリ袋に入れ、(A)を加えて口を閉じ、

 

f:id:kinniku39:20200203142333j:plain

手でしっかり揉んでください。

 

f:id:kinniku39:20200203142341j:plain

しつこいくらいに揉むことで、調味料が鶏むね肉の繊維の間に入ります。

揉みこんだ片栗粉が水分と旨味を受け止め、柔らかジューシー、旨味たっぷりに仕上がります。

 

f:id:kinniku39:20200203142348j:plain

3. 土鍋(2人用)に水500ml(分量外)と日本酒、昆布を入れて中火にかけます。煮立ったら鶏ガラスープの素を加え、

 

f:id:kinniku39:20200203142354j:plain

2の鶏むね肉を1枚ずつ広げて入れましょう。

 

f:id:kinniku39:20200203142400j:plain

4. 鶏むね肉を入れ、再沸騰したら昆布を取り出し、

 

f:id:kinniku39:20200203142408j:plain

ここで牛乳を加えます。

牛乳はスープにコクを出すために入れます。

 

f:id:kinniku39:20200203143313j:plain

5. もやし、チンゲン菜、にんじん、エノキダケ、豆腐を加えます。

 

6. 野菜がくたっとしてきたらできあがりです。ぽん酢しょう油をかけ、お好みで柚子こしょう、七味唐辛子などを入れていただきます。

 

スープの旨味を吸ったもやしが最高

f:id:kinniku39:20200203143433j:plain

「鶏むね肉ともやしの水炊き」の完成です。下処理して鍋に入れた鶏むね肉はつるりとした食感、そのうえ柔らかジューシーで旨味もあって美味しいです。

 

f:id:kinniku39:20200203143604j:plain

ぽん酢しょう油と柚子こしょうで、もう無限に食べられそう。もやしは鍋に入れたてのシャキシャキも美味しいですが、柔らかく煮込んだものも、スープの旨味を吸って最高。すべてがあっさりした食材なので、どんどん食べられます。

シメに何かを入れたいって時は、こちら九州ではちゃんぽん麺が人気なのですが、同じくらいにオススメなのが「地獄炊きそうめん」です。

 

f:id:kinniku39:20200203173803j:plain

鍋に残ったスープが少ない時はお湯を少し足し、そうめんを下茹でせずにそのまま入れます。1人分1束でいいでしょう。

 

f:id:kinniku39:20200203143731j:plain

そうめんを入れたら1~2分茹でます。鍋のスープには味付けしません。そうめんには結構な塩分があるからです。

 

f:id:kinniku39:20200203143753j:plain

そうめんを器に取り、スープをかけて頂きます。地獄の釜からあげたように熱いので、火傷しないようにして食べます。美味しいので、ついつい箸が進み、体がお腹から温まりますよ。

ちなみに、こうしてそうめんやうどんを釜揚げで食べるのが地獄炊き。私が住む佐賀のお隣の長崎県では、名物の五島うどんを釜揚げで食べる地獄炊きが郷土料理として知られています。

 

美味しくてコスパもいい、鶏むね肉ともやしの水炊き。筋トレする方にも、しない方にもオススメです。

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

筋肉料理人 藤吉和男

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る