筋肉料理人が作る「特盛りナポリタン」がコスパ最強な理由

f:id:kinniku39:20200107164637j:plain

こんにちは~筋肉料理人です!

皆様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。正月は帰省、旅行などでごちそう攻めだったって方は多いと思います。もうそろそろ節約モード、普通の食事に戻ろうかなって時期でしょう。

ってことで、今回は節約食材のもやしと魚肉ソーセージを使った「ナポリタン」の紹介です。もやしを1袋使って、2人で食べても十分な量の特盛りナポリタンを作ります。もやしでかさ増しするので、身近な調味料で美味しくする工夫をします。

 

筋肉料理人の「もやしと魚肉ソーセージのナポリタン」

【材料】1人分(特盛りなので、軽い食事なら2人でも十分な量です)

  • パスタ 100g
  • 魚肉ソーセージ 1本
  • もやし 1袋
  • ブナシメジ 1/2株
  • ピーマン 1個
  • マヨネーズ 大さじ1
  • 黒こしょう、タバスコ、粉チーズ 適宜

(A)

  • ケチャップ 大さじ3
  • ウスターソース 大さじ1/2
  • 砂糖 小さじ1
  • 固形コンソメ 1/2個(顆粒タイプなら小さじ1)

(B)

  • 卵 1個
  • 牛乳 大さじ1
  • 砂糖 小さじ1/2
  • 塩 ひとつまみ

 

作り方

f:id:kinniku39:20200107164658j:plain

1. 魚肉ソーセージは斜めに薄く切ります。

 

f:id:kinniku39:20200107164700j:plain

ブナシメジは石づきを切り取ってほぐし、ピーマンは種をとって細く切ります。 (A)の固形コンソメは包丁で細かく刻んでおきます。

固形コンソメは湿気りにくく、保存が楽なので常備しています。

 

2. 鍋に1リットルの湯を沸かし、塩小さじ2を入れ、あれば昆布出汁の素小さじ1/2(分量外)を入れ、パスタをパッケージの茹で時間より1~2分長めに茹でます。

昆布出汁の素を入れて茹でるとうま味が強くなります。長めに茹でることで少し柔らかくし、昔風のナポリタンのもっちり感を出します。

 

f:id:kinniku39:20200107164706j:plain

3. フライパンにマヨネーズ、

 

f:id:kinniku39:20200107164712j:plain

魚肉ソーセージを入れて中火にかけます。

 

f:id:kinniku39:20200107164720j:plain

マヨネーズが泡立ってきたら、ピーマン、ブナシメジを入れて炒めます。

 

f:id:kinniku39:20200107164728j:plain

ピーマンに熱が入ってしんなりしてきたら、もやしを入れてひと混ぜし、

 

f:id:kinniku39:20200107164742j:plain

(A)を加えて炒めます。

 

f:id:kinniku39:20200107164751j:plain

4. 調味料がなじんだら、湯を切った2のパスタを入れ、黒こしょうをふって炒めます。

 

f:id:kinniku39:20200107164758j:plain

もやしから水分が出るので、水分が少なくなるまで、しっかり炒めたら皿に盛ります。

バターでなくマヨネーズで炒めることでコスパを良くし、マヨネーズのうま味を入れます。

 

f:id:kinniku39:20200107164816j:plain

5. トッピングのスクランブルエッグを作ります。(B)を耐熱ボウルで混ぜ合わせ、

 

f:id:kinniku39:20200107164807j:plain

ラップをせずに電子レンジ600wで60~70秒ほど加熱します。20秒おきに取り出して混ぜ、

 

f:id:kinniku39:20200107164823j:plain

半熟になったらナポリタンにトッピングします。

 

もやしのシャキシャキ感が意外にもナポリタンに合う

f:id:kinniku39:20200107164832j:plain

もやしで大盛り、いや特盛りの「もやしと魚肉ソーセージ」のナポリタンの完成です。お好みで粉チーズ、タバスコをふっていただきます。

 

f:id:kinniku39:20200107164840j:plain

たっぷり入ったもやしのシャキシャキした食感が、意外にもナポリタンに良く合います。定番のケチャップ味に砂糖でほんの少しの甘みを入れ、コンソメ、マヨネーズでしっかりうま味を足したのがいい感じ。軽い食事なら2人でシェアしてもいいでしょう。

 

大迫力の「ナポリタンサンド」にしても美味しい

f:id:kinniku39:20200107164845j:plain

ナポリタンや焼きそばはパンと合わせても美味しいです。というわけで、半量のナポリタンを食パン2枚で挟んでサンドイッチにしてみました。

 

f:id:kinniku39:20200107164849j:plain

食パンにはマヨネーズ(小さじ1)を塗って、

 

f:id:kinniku39:20200107164855j:plain

もやしと魚肉ソーセージのナポリタンの半量をのせ、

 

f:id:kinniku39:20200107164901j:plain

同じくマヨネーズを塗った食パンで挟みます。

これで完成でもいいのですが、これだけ分厚いとさすがに具がこぼれて食べにくいです。なので、クッキングシートとラップを使って包みましょう。

 

f:id:kinniku39:20200107164906j:plain

大きめに切ったクッキングシートでサンドイッチを包み、

 

f:id:kinniku39:20200107164938j:plain

更に大きく切ったラップで巻きます。

 

f:id:kinniku39:20200107164932j:plain

こんな感じになります。

 

f:id:kinniku39:20200107164936j:plain

これを半分に切って盛り付けます。

クッキングシートとラップで2重に包む理由ですが、ラップだけで巻くとサンドイッチの側面が見えて、はみ出した具材が見苦しくなってしまいます。クッキングシートとラップで包むことで、はみ出した具がカバーされるので、見た目良く作れるし、食べやすくもなります。

 

f:id:kinniku39:20200107165932j:plain

切り口を見ると大迫力のボリューム! ケチャップ味とパンって相性がいいので、当然のように美味しく、もやしの食感がアクセントになって良かったです。大口を開けて食べないといけませんが、極厚のハンバーガーと比べると意外に食べやすかったです。

 

f:id:kinniku39:20200107164943j:plain

コスパよくボリューム抜群、もやしと魚肉ソーセージのナポリタンをお試しください。

 

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

筋肉料理人 藤吉和男

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る