お店で出てくるような「ふわふわ鶏つくね串」が、鶏ひき肉にマヨネーズを入れたらできた【筋肉料理人】

f:id:kinniku39:20200616130949j:plain

こんにちは~筋肉料理人です!

暑くなってくるとビールが飲みたくなりますね。ビールに合う料理といえば、焼き鳥。というわけで、ふわふわの「鶏つくね串」を自作してみましょう。濃厚旨ダレと卵黄を合わせて、ビールが止まらなくなりますよ。

今回は、フライパンは使わずに、魚焼きグリルやオーブントースターで手軽に作ります。トロ~リ濃厚なタレは、電子レンジ5分でOKですよ。

 

筋肉料理人の「ふわふわ鶏つくね串」

【材料】5本分

  • 鶏ひき肉 200g
  • 玉ねぎ 1/2個(100g)
  • マヨネーズ 大さじ1
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • おろししょうが 小さじ1
  • 片栗粉 大さじ2
  • 黒こしょう、サラダ油 適量
  • 卵黄 1個~お好みで
  • 刻みねぎ 適量

(A)

  • しょうゆ、みりん 各大さじ3
  • 砂糖 大さじ2

 

作り方

f:id:kinniku39:20200615172619j:plain

1. まずはタレ作りから。耐熱ボウルに(A)を入れて混ぜ、

 

f:id:kinniku39:20200615172625j:plain

電子レンジ600wで4~5分加熱して完成。

 

f:id:kinniku39:20200615172633j:plain

フツフツするので、ボウルは大きめのものがおすすめです。

 

f:id:kinniku39:20200615172523j:plain

2. 続いてタネを用意します。玉ねぎはみじん切りにします。

 

f:id:kinniku39:20200615172528j:plain

3.鶏ひき肉とマヨネーズ、鶏ガラスープの素をボウルに入れ、

 

f:id:kinniku39:20200615172533j:plain

粘りが出るまで練ります。

加熱しても固くならないよう、鶏ひき肉にマヨネーズを練り込みます。

 

f:id:kinniku39:20200615172539j:plain

4. 玉ねぎ、片栗粉、おろししょうが、黒こしょうを加え、

 

f:id:kinniku39:20200615172544j:plain

しっかり練ります。

 

f:id:kinniku39:20200615172548j:plain

練ったら、タネを5等分します。

 

f:id:kinniku39:20200615172554j:plain

5. よく洗った清潔な手にサラダ油を塗り、タネをのせ、

 

f:id:kinniku39:20200615172559j:plain

細長い小判型(それっぽい形でOKです)に整えます。

 

f:id:kinniku39:20200615172605j:plain

6. 同じようにしてつくねを5つ作ったら、サラダ油を薄く塗ったアルミホイルにのせます。これをオーブントースターか、魚焼きグリルで焼きます。

 

f:id:kinniku39:20200615172610j:plain

私は、アルミホイルを写真のようなグリルトレーにのせて焼きました。オーブントースターでもグリルでも使え、網も汚れず、出し入れもしやすくなって便利ですよ。

 

f:id:kinniku39:20200615172637j:plain

7. オーブントースターの場合は、15分ほど焼き、

 

f:id:kinniku39:20200615172640j:plain

写真のような焼き色が付いたら、そのまま庫内に5分置いて余熱で熱を通します。

温度設定ができる場合は高温の250℃が目安です。

 

f:id:kinniku39:20200615172615j:plain

魚焼きグリルの場合は上火にして、弱火で7~8分ずつ両面焼いて熱を通します。

 

f:id:kinniku39:20200615172646j:plain

8. 焼き上がったら取り出し、竹串を刺します。

そのままでもいいのですが、串を刺すだけで雰囲気がぐんとアップしますよ。食べるときにクルリと回転しないよう、鶏つくね1個に竹串は2本。竹串は100円ショップなどで手に入る15cmのものを使っています。

 

f:id:kinniku39:20200616132545j:plain

9. 皿に盛り付け、卵黄を添えて1のタレをかけ、刻みねぎをちらします。

 

マヨネーズと玉ねぎでやわらかジューシーな鶏つくね

f:id:kinniku39:20200616131752j:plain

「ふわふわ鶏つくね串」の完成です。鶏つくねは、マヨネーズを練り込み、玉ねぎを混ぜているのでやわらかジューシー、そして旨味があります。

 

f:id:kinniku39:20200616131614j:plain

電子レンジでできちゃうタレも濃厚で、お店で食べても違和感ないかも、と自画自賛したくなる味。

 

f:id:kinniku39:20200615172516j:plain

ここに卵黄をまぶすと旨味とコクがアップ。自宅で居酒屋気分を味わえます。

そして、このつくねでぜひ試していただきたい食べ方が、

 

f:id:kinniku39:20200615172458j:plain

「ふわふわ鶏つくねドッグ」です。

 

f:id:kinniku39:20200615172651j:plain

ホットドッグ用のコッペパンに切れ目を入れ、キャベツの千切りを挟んでマヨネーズをかけ、鶏つくねをのっけます。

 

f:id:kinniku39:20200616131628j:plain

タレをお好みでかけて、一味唐辛子を振ると、どうして照り焼き味とパンがこんなに合うの? と思っちゃうくらいメチャメチャいけます。これを片手にビールを飲むのも最高です。

 

f:id:kinniku39:20200616131711j:plain

ビールがすすむふわふわ鶏つくね串、ぜひお試しください。

 

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

筋肉料理人 藤吉和男

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る