ベトナムの焼肉ライス「コムスン」にんにく風味とニョクマムの甘辛だれで白メシがすすむ【Ki Yamamoto】

みなさんこんにちは! ベトナムとアジア料理研究家のKi Yamamotoです。

家でできる簡単アジアご飯レシピ。今日は、夏にたっぷり食べたい豚肉で作るベトナムご飯「コムスン」の簡単アレンジレシピをご紹介します。

コムスンは、にんにくやレモングラスの効いた甘辛だれで漬け焼きした豚肉を、ご飯にのっけて食べるベトナムの定番料理。卵焼きや蒸し卵、大根のなますや野菜なども一緒に、手軽なワンプレートご飯として朝食や昼食によく食べられています。米食文化のベトナムには、日本人にも食べやすい味付けの、白メシがすすむ料理がたくさんあるんですよね。

今回はそんなコムスンを、お安い豚こま肉と身近な材料で作ってみました。

甘辛だれに漬けた豚こま肉は白メシとの相性抜群。ビタミンたっぷりで疲労回復効果も期待される豚肉で、暑い夏を乗り切りましょう!

 

Ki Yamamotoの「豚こまコムスン」

【材料】(1人分)

  • 温かいご飯 1人分
  • 豚こま肉  200g
  • きゅうり 30g
  • 卵 1個
  • 青ねぎ 1本
  • サラダ油 大さじ2(ねぎ油用)+少量(目玉焼き用)
  • 水 大さじ1(目玉焼き用)

(A)

  • にんにく(みじん切りにする) 1かけ
  • ニョクマム(ナンプラーでもOK) 大さじ1
  • メープルシロップ(はちみつでもOK) 小さじ2
  • レモン汁 小さじ1
  • 水 大さじ1
  • こしょう 少々

 

作り方

1. 青ねぎは小口切りに、きゅうりはヘタを切り落とし、縦半分に切ってから、斜めに薄切りにします。

 

2. 豚こま肉、(A)をボウルに入れ、全体がなじむように混ぜます。混ぜたらラップをして、冷蔵庫に入れて10分ほど寝かせます。

(A)には水も入っています。豚こま肉のように赤身が多く、加熱するとパサつきやすいお肉には、下味で水を吸わせてあげるとジューシーな食感に仕上がりますよ。

ちなみに、ベトナムではたれにレモングラスを刻んだものを入れることが多いので、手に入れば入れてみてください。さわやかな香りが入って、とっても美味しいですよ。レモングラスは、アジア食材を扱うお店で探してみてください。

 

3. 次に、仕上げにかけるねぎ油を作ります。青ねぎを耐熱ボウルに入れたら、フライパンに大さじ2のサラダ油を入れて中火で熱し、150度くらい(フライパンをかたむけて油を端に集め、菜箸を入れて先が細かく泡立つ程度)になったら、ボウルの青ねぎにかけて香りを出します。軽く混ぜ、そのまま置いて冷まします。

 

4. 3のフライパンに、少量のサラダ油を引き、卵と水を入れてフタをして、中火で半熟の目玉焼きを焼き、取り出しておきます。

 

5. 4のフライパンをキッチンペーパーなどでサッと拭いたら、中火で熱して、豚こま肉を広げ、焼き色が付くまで1分ほど焼きます。

ポイントは、肉をあまり動かさないこと。漬けだれにメープルシロップが入っているので、加熱するとこんがり焼き色が付いて、香ばしさが漂いますよ。

 

6. 裏面も同様に焼き色が付くまで加熱したら、

 

ここで初めて全体を箸やトングで混ぜて炒めます。肉にピンク色の部分があったら、しっかり炒めて火を通します。

 

7. 器にご飯、きゅうり、6の豚こま肉、目玉焼きを盛り付けます。仕上げに、豚こま肉に3のねぎ油を好みの量かけます。

以前ご紹介した、ニョクマムに砂糖やライム、にんにくなどを混ぜて作る万能だれ「ニョクチャム」をかけても美味しいので添えてみました。こちらも試してみてください。

www.hotpepper.jp

 

甘辛だれが肉と白メシに合う!

しっとりジューシーに焼けた豚こま肉に、ニョクマム入りの甘辛だれがよく合って、とにかく白メシがすすみます。

今回はさっぱりした甘さに仕上げたかったので、わが家のオリジナルで下味にメープルシロップを加えています。おかげで肉にたれがしっかり絡み、少ない調味料でも美味しく仕上がりますよ。表面もこんがり焼けて香りも最高! はちみつよりも後味がさっぱりするので、あればメープルシロップがおすすめです。

やさしい風味のねぎ油、そしてたれのにんにくの香りも合わさって食欲をそそりますよ。

今回は豚こま肉で作りましたが、豚バラ肉やスペアリブでも美味しくできます。夏の豚肉料理のレパートリーに加えてみてくださいね。それではまたお会いしましょう!

 

作った人:Ki Yamamoto

f:id:kiyamamoto:20220324172149j:plain

ベトナムとアジア料理研究家。調理師免許を取得後、都内の高級中国料理店で修行。その後、ベトナム人の彼女URIちゃんとの出会いをきっかけに二人で一緒にベトナム料理を学ぶ。家でできるアジアご飯をテーマに、アジア各国の美味しいもののレシピや調味料、食文化に関する情報などを発信中。名前の読み方は「キーヤマモト」。好物は麺類全般。

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍するブロガーをはじめ17,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など100万件のお料理レシピを無料で検索できる。

トップに戻る