【未知の食感】東京のスーパーで売っていた「サメの卵」を料理してみた

f:id:Meshi2_IB:20170221153910j:plain

こんにちは。珍しい食べ物には手を出さずにはいられないメシ通レポーター工藤です。

みなさん、「サメの卵」を食べたことはありますか?

ある日私は、いつものように夕食の買い物に行ったんです。

場所は東京新宿区のとあるスーパーの魚売り場、「なんかおいしい魚あるかな?」と棚を見回した私の目に飛び込んできたのは……。

f:id:Meshi2_IB:20170221155838j:plain

「サメの卵」といえば、キャビア、チョウザメの卵くらいしか聞いたことありません!

しかも、チョウザメは本当は「サメ」ではないというハナシ。

 

手にとってしげしげと見ていると、鮮魚売り場に次々とやってくるご婦人方が「サメの卵」を見て、「あら何これ〜」「気持ち悪いわね〜」などと言いながら、スルーしています。

まあ、当然かと思われます……。

f:id:Meshi2_IB:20170221154349j:plain

7個も入って、204円(税抜)と安い! しかも売れ残ってて2割引。

 

大きさはピンポン球を一回り小さくしたくらい。見た感じ、ぷよぷよと柔らかそうです。こんな「サメの卵」は見たことがありません。

食べ方はわからないけど、「焼・煮魚用」って書いてあるので、火を通せば食べられるのでしょう。

この機会を逃すと、もう二度と巡り合えないかもしれない!

はい、もちろん買ってみました。

 

ぷよぷよの卵の中身は……?

f:id:Meshi2_IB:20170221153910j:plain

ラップを取ってみたら、こんな感じ。

ちょっと赤くなっていたり、汚れっぽくなっていたり、気持ち悪くないこともない……。

しかし、買ってしまったので、責任持って食べますよ!

 

まず、これは何のサメの卵か調べてみました。色々な画像と照らし合わせた結果、

アブラツノザメの卵、らしい。

アブラツノザメは身もおいしく、青森などでよく食べられているそうです。

f:id:Meshi2_IB:20170221164426j:plain

触ってみると、弾力があり、見た目通りぷよぷよと柔らかい。

しかし、皮は意外と厚いようで触っただけでプチッと破ける感じではないです。

 

さて、レシピも調べてたので早速料理してみましょう。

 

煮付けてみた

この日は他に魚の煮付けも作っていたので、そこに3個投入してみました。

皮はむかず、丸いままです。

すると、丸い煮物ができると思っていたのに、予想に反して、卵は中途半端に崩れていきました。

ちょっとがっかりしましたが、そのまましっかり火を通します。

f:id:Meshi2_IB:20170221165245j:plain

サメの卵の煮付け。

これは1個ぶん。

中途半端に地味なビジュアルになりましたが、食べてみましょう。

もぐもぐ……、

……ん、これは、イケる!

酒の肴には絶対イケる味です!

似ているものは、鮭の白子、そこに鶏卵の黄身を足した感じ。

ネットリと濃厚。そして結構、固め。ややザラッとした食感もあります。

生臭さはありません。味のクセもないので、色々な料理に応用できそうです。

 

オムレツはフランス料理風に

残りの4個はオムレツにしてみることにしました。

まずは皮をむこう、と思ったのですが、包丁の先で皮をチョン、としたら、その小さな穴からトロトロトロ〜と中身が流れ出てきました!

f:id:Meshi2_IB:20170221170656j:plain

4個分出し終わったのがこちら。最初から黄身と白身が混ざったような状態です。

粘度は鶏卵と同じくらい。

 

さて、先ほどの煮付けで、この卵の濃厚さがわかったので、フランス料理風にしてみたいと思います。

まず、少量の牛乳を入れ、それをこの、

f:id:Meshi2_IB:20170221171205j:plain

トリュフソルト!で味付けします。

このトリュフソルトはフランス・ゲラント産の塩に乾燥トリュフの粉末を混ぜ込んであるものです。

最近、このトリュフソルトでオムレツを作るのに凝っているのです。普通のオムレツがこの塩を入れるだけで、トリュフ香る素敵なフランス料理になるんですよ、ウフフ。

バターをたっぷり使って焼いてみましょう。

 

f:id:Meshi2_IB:20170221171750j:plain

サメの卵のトリュフオムレツ!

白っぽく焼き上がりました。

さて、いただきま〜す!

 

お、思ったより固い、そしてねっとりこってりしています。

オムレツっていうよりパテでしょうか?

 

f:id:Meshi2_IB:20170221200451j:plain

でも、トリュフの香りがふんわり、バターの良い香りがして、おいしいです。

たぶんベストな食べ方は、薄切りにしてチビリチビリとワインのお供にすることでしょう。

 

というわけで、「サメの卵」、わりとおいしかったです!

 

素材としては、どんな味付けでもいけそうなんで、韓国風とかカレーとかいろいろ試してみたいです。あれ以来スーパーでは見かけないんですけど、今度見つけたらまた買ってみます!

 

※この記事は2017年2月の情報です。

 

書いた人:工藤真衣子

工藤真衣子

カメラマン。美しい女性が好きなのでグラビア、音楽が好きなのでライブ写真、映画やドラマが好きなのでテレビドラマのスチール写真、美味しい食べ物が好きなのでグルメ雑誌など、素敵なものを愛を込めて撮るお仕事をしています。趣味は美味しい料理を作って食べること。

過去記事も読む

トップに戻る